登山 登山装備

北海道の登山で熊よけスプレーは必要なのか!?

投稿日:2022年5月18日 更新日:

雪も解け登山の季節がやってきました。

中にはこれから登山を始める方、道外から北海道へ登山にやってくる方もいらっしゃるでしょう。

北海道の登山で心配なのかヒグマです。ヒグマは本当に恐怖・・・。

そこで熊よけスプレーの購入を検討されている方も多いかと思います。ということで、北海道の登山で熊よけスプレーは必要か否か、個人的な意見を書きたいと思います。

北海道の登山で熊よけスプレーは必要なのか!?

いきなり結論から書きますが、普通の登山をする分にはクマスプレーは必要ないと考えています。

理由としては以下の通りです。

  • 使用する機会が非常に低い
  • 持ち運びのコストが高い
  • 高価で使用期限もある

使用する機会が非常に低い

私は北海道で登山を初めて9年目で、クマと鉢合わせしたのは3回ほど、足跡や糞などのクマの痕跡は高頻度で見かけます。

それでもクマスプレーを使う機会は1度もありませんでした。なので、私は一応クマスプレーを購入してありますが、登山に持っていかないことが多いです。

「使用する機会が非常に低くても、万が一の為に携帯するものだろ」と言われればその通りですが、クマスプレーに頼るよりはクマ鈴などの他のクマよけグッズを使用したり、クマに対する正しい対処方法を身に付ける方が、よっぽど効果的だと思います。

持ち運びのコストやリスクが高い

クマスプレーは、けっこう重いし大きいです。収納場所もすぐに使えるようにザックのショルダー部分や腰部分に限られるので、登山の際に思ったよりも負担になります。

また誤射の危険性が常に付きまといます。調べてみると誤射事件も割と頻繁に起きているようです。ロープウェイ内でぶつかった際に誤射したとか、缶が破裂したとか・・・。

クマスプレーは人にかかると、目は激痛、喉も激痛、皮膚も焼けるように痛むそうです。しかも、油性なので簡単には洗い流せません。着ていたウェアもダメになるでしょう。私も持ち運ぶ際はかなり気を使っています。

このように、クマスプレーは持ち運びのコストやリスクが非常に高いです。ちなみに、飛行機では預け荷物、手荷物ともに不可です。この点も不便ですね。

高価で使用期限もある

クマスプレーは1万円くらいで使用期限は3-5年くらいです。ずっと使えるわけではありません。

しかも、破棄する際は中身を空にしなければならないので手間です。

周囲に人のいない場所で、風向きを気にして噴射します。万が一、自分にかかると最悪ですね。

 

以上のことを踏まえると、普通の登山をする分にはクマスプレーは必要ないと思います。それでもクマスプレーがあった方がいいかなという場合もあります。

熊よけスプレーが必要な場合

クマの密集エリアに頻繁に行く

北海道の山にはどこにでもヒグマはいますが、それでも密集度は違います。特に、奥大雪、日高山脈、知床連峰などはヒグマ密集エリアです。

こうした山域に頻繁に行くのならクマスプレーはあった方が良いかもしれません。

ちなみに、知床や大雪ではクマスプレーをレンタルしています。特に道外から来る方にはレンタルは良いでしょうね。
参考:知床財団:クマ撃退スプレーのレンタル
参考:アサヒカワライド:クマスプレーレンタル

とにかく安心したい

クマスプレーがあると非常に安心感があります。ヒグマを見かけた時は、すがるようにクマスプレーを握りしめてしまいます。

ということで、とにかく安心感が欲しいという方は、余計なことは考えず購入すれば良いのではないでしょうか。

 

クマスプレーを持つと万能感のようなものが湧きますが、クマスプレーを持つことよりも大切なことがあります。それは以下のことです。

熊よけスプレーを持つより大切なこと

クマスプレーはヒグマが3〜4mまで近づいてきた時に使用する最終手段です。本当に生きるか死ぬかの瀬戸際。

ヒグマが3〜4m以内にいたら、私なら冷静にクマスプレーを使えないと思います。10mとかでも頭が真っ白になります・・・。

そうならないように以下の点を確認しましょう。

正しい対処方法を身につける

まずはヒグマに出会わないことが最善の対処法です。これに関しては知床財団が詳しく解説してくれているので、以下のリンクを参考にしていただければと思います。
参考:知床財団:出会わないために

次に、ヒグマに出会ってしまった時の対処方法です。これに関しても知床財団が詳しく解説してくれているので、以下のリンクを参考にしていただければと思います。かなり参考になります。
参考:知床財団:出会った時は

以上の2つのリンクを確認すれば、万が一の時に必ず役に立つでしょう。

クマ鈴を携帯する、できれば1人で行動しない

基本的にヒグマは人を避けます。人がヒグマに気付く前に、ヒグマが人を避けていることも多いそうです。

なので、人の存在を知らせることが非常に大切。その為にクマ鈴は有効です。

冒険倶楽部(BOHKEN CLUB) 各種

このクマ鈴は私も使用していますが、本当にうるさいです。「まぁー、大きい音のする鈴ねぇー(意訳:うるさい)」と周囲の登山者に言われることがありますが、クマ鈴はうるさくてなんぼだと思います。安心感があるのでおすすめです。

たまに「クマ鈴は逆にクマを寄せる」みたいなことを言う人がいますが、そんなことないと思います。

本当に寄ってくるヒグマがいたとしても、クマ鈴の音を聞いて逃げるクマの方が遥かに多いと思うので、やはりつけた方が良いです。高原沼のヒグマ情報センターでもクマ鈴を推奨しています。

あとは、複数人での行動も良いです。人の気配が増しますし、人(敵)が多いというのはヒグマにとってプレッシャーとなるので襲われにくくなります。

 

最後にクマスプレーを購入したい方のために、クマスプレーを3本ご紹介したいと思います。

クマスプレーを3本ご紹介

まず、簡単にSHU(Scoville Heat Unit)という用語の説明をします。SHUは唐辛子の辛さを示す値です。ヒグマにはSHU値20万以上が必要とされています。SHU値20万以下は小・中型動物用です。ちなみに、タバスコが1600-5000、チリパウダーが30000-50000となっています。

あとは予備知識ですが、クマスプレーには油性と水性があります。ヒグマには即効性があり、効果の持続しやすい油性が有効です。水性は本州のツキノワグマや小中動物用となります。

 

では、クマスプレーを3本ご紹介します。

カウンターアソールト(COUNTER ASSAULT) アウトドア キャンプ 熊よけスプレー CA230 カウンターアソールト 320g 【日本正規品】 02194

カウンターアソールトは定番のクマスプレーです。上の商品はホルダー別売り。

サイズは215×直径50mm、重量320g、最小噴射距離9m 、噴射持続時間7.2秒、SHU32万、油性となります。

 

OUTBACK 熊撃退スプレー カウンターアソールト・ストロンガー アルデ携帯ホルスターセット 熊よけ CA290&H

カウンターアソールト・ストロンガーは先ほどの通常版より、噴射距離と容量がアップしたものです。効果(SHU)は同じです。

サイズは213×直径59mm、重量380g、最小噴射距離10.5m 、噴射持続時間9.2秒、SHU32万、油性となります。

 

【信頼のSEC社製/世界No.1ブランド】世界各国の機関で採用されている フロンティアーズマン・熊撃退スプレー(ベアスプレー) 熊を撃退!イノシシ、猿、鹿、野犬などの対策にも使えます! 大容量の熊スプレー258g(272ml)しかもお得なホルスター(ケース)付き【正規輸入品/安心の日本語表記】

世界50カ国以上の軍や警察が使用しているSABRE(セイバー)が販売しているクマスプレー。

サイズは約215mm×直径50mm、重量300g、最小噴射距離10.5m 、噴射持続時間5.9秒、油性となります。

 

スペックまとめ。

カウンターアソールト カウンターアソールト
ストロンガー
SABRE ベアスプレー
成分 唐辛子エキス 唐辛子エキス 唐辛子エキス
SHU 322000 322000
性質 油性 油性 油性
重さ 約320g 約380g 約300g
サイズ 215×直径50mm 213×直径59mm 約215mm×直径50mm
最小噴射距離 9m 10.5m 10.5m
噴射持続時間 7.2秒 9.2秒 5.9秒

 

スポンサーリンク


  1. mickey より:

    野生動物の力を知らないとダメですね。
    私達の力ではキタキツネ一匹押さえつけるのも
    ムリでしょうね。
    私の腰くらいの体高の母ポニーの手綱を持っていましたが
    子ポニーが走り出したら母ポニーも後を追って走り出し
    私は手綱を持ったまま牧場の中を引きずられました。
    さすが1馬力と感心しました。
    鹿の角を掴んで押さえつけようとしましたが
    一人の力ではムリでした。これらは飼い慣らされてますが
    野生の動物ならこの何倍も凄いのでしょうね。

    • ワイズカメラ より:

      mickeyさん

      リアル1馬力を体感されたのですね笑

      本気を出したクマの力なんて想像を絶するでしょうね。近所でクマのビンタがかすって、鼻が無くった方がいました・・・。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

羊蹄山撮影日記

一眼レフを持って羊蹄山へ。北海道絶景スポット羊蹄山で写真撮影。

読了時間1分 一眼レフカメラを持って北海道絶景スポット羊蹄山へ。 羊蹄山(1898m)とは北海道を代表する山の一つ。その山容から蝦夷富士と呼ばれていたりします。 留寿都やニセコという北海道屈指のリゾー …

ジェットボイルの選び方。ジェットボイル マイクロモを購入した!

前々から気になっていたジェットボイルを購入しました。 ジェットボイルは大きく嵩張るイメージでしたが意外にコンパクトで軽量でした。 ということで、今回はジェットボイルの選び方やマイクロモのご紹介です。 …

2016年(登山4年目)、今シーズンの登山計画を立てる!

昨日は吹雪で雪が積もった北海道でしたが、それでも春は着実に近づいています。 そして、この季節から早く山に入りたくてソワソワします。 山の風景を撮りたい。 登山はカメラを始める以前から趣味としていました …

斜里岳に初登山。眺めが最高の独立峰。

斜里岳を初登山しました。 ずっと前から登りたいなと思っていながら登れず・・・。やっと登れました。本当に良い山で、最高に景色が良かった。   斜里岳は標高1547m。標高はそこそこですが、独立 …

登山用トレッキングポールで良いもの発見。新しいトレッキングポールを買いました。

やっと良いトレッキングポールを見つけて購入できました。これおすすめです。 今まで重たいトレッキングポールを使ってきたのですが、やっと解放されます。 ちなみに、今までの2年間使ってきたトレッキングポール …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。