雑談

良い写真を成功させるための7つの力。7つの力を鍛えてさらに上達。

投稿日:

写真は歴が長くなればなるほど、上達の伸びをなかなか感じられなくなるものです。

カメラを始めて1,2年の頃は、日頃に上達していった気がします。

そこで、良い写真を成功させる7つの力について考えてみました。

シャッターチャンスを掴む計画力と行動力

まず、写真はシャッターチャンスを掴んでこそです。そして、シャッターチャンスを掴むには計画力行動力の2つの力が必要だと考えます。

例えば、風景写真であれば朝夕に撮影することが圧倒的に多いですが、その際に「何処で、何時に、どの方向で・・・」などと緻密に計画した方が、撮影の勝率は格段に上がります。

今ではスマホ1台で様々な情報を事前に入手できる時代です。シャッターチャンスを掴むには、それらをうまく活用し計画を立てる力が必須とされるでしょう。
参考:写真撮影で使っている便利な10のアプリやサイト!

 

そして、計画を立てれば、それを実行に移す必要があります。朝は眠いなんて言ってられません。また、長距離の移動や登山が必要という場合もあるでしょう。ここで物を言うのが行動力です。

さらに、計画外であっても、思わぬシャッターチャンスに出くわすこともあります。例えば、自分の思い描く天気予報ではないけれど、とりあえず行ってみたら素晴らしい光景に出会えたということは頻繁にある。

ここでも行動力が重要となってきますね。計画外だからと言って見切りをつけるのではなく、とりあえずチャレンジしてみる、その行動力が奇跡的なシャッターチャンスを与えてくれます。

 

計画力は簡単に手にできますが、行動力を鍛えるのは難しいですね・・・。SNS等で誰かと繋がって触発されやすい環境にすると良いかもしれません。

想像力

次に、撮影する段階においては想像力が重要となるのではないでしょうか。想像力はセンスと言っても良いかもしれません。

何を画面に入れて、何を入れないか、配置をどのようにするか、画角の選択は、明るさは・・・全ての要素を瞬時に判断し画面を構成するには、やはり想像力が大いに必要とされるでしょう。

たまに「あれをあんな風に切り取るのか!!」みたいな写真を撮る人がいますよね。その想像力に脱帽します。

それが想像力(センス)のなせる技と言われれば、自分には備わっていないから無理だなと諦めてしまうかもしれません。

しかし、想像力も知識や習慣によって鍛えることができます。基本構図、主題と副題、3層で画面構成など、こうした引き出しを多くしておくと、それが想像力の豊かさに繋がります。
参考:風景写真で構図を上手くなるには!?具体例でみる構図を決める時に意識しているポイント!
参考:風景写真の構図を3レイヤー(層)で作る!風景写真に奥行きを表現する撮影方法。

また、人の写真を見て「どうしてこの画面構成にしたのか」など考えてみる、あるいは映画や絵画に触れてさまざま感じ取るなどといった行いでも、想像力は鍛えることができます。

撮影の技術力

もちろん、撮影の技術力も必要とされるでしょう。

ピントしっかりと合わせる、ブレを排除する、白飛び黒つぶれさせない、水平垂直にするなどの撮影技術です。
参考:できるだけ写真をシャープに写すためのポイント。解像度を落とさないための注意点。

しかしながら、こうした撮影技術の取得は、デジタルカメラの進歩により、ハードルが低くなってきていますね。フィルムカメラ時代は露出を合わせるだけでも知識が必要だったでしょうが、今ではカメラが勝手に調整してくれます。
参考:露出と測光について分かりやすく解説!露出と測光は簡単に覚えられます。

また、以前はピントを合わせることも難しかった動物写真でも、最新のカメラでは瞳AFみたいな機能があり、比較的簡単にガチピンを得ることができます。ダイナミックレンジも広くなり、以前よりも白飛び黒つぶれは起きにくいです。

その点では、撮影技術についてプロと素人の差はなくなって来ているのかもしれませんね。カメラについての最低限の知識と操作方法でほとんど十分になりつつあります。

機材力

これはあまり重要ではありませんが、機材力も必要とされるでしょう。

例えば、所有するレンズは多い方が、画角や明るさの選択肢が増えます。また、三脚もあった方がより表現が広まりますし、それも比較的高価な三脚の方が操作にもたつかず、シャッターチャンスを失いにくいです。

あと、高い機材の方がAFの照合精度が良かったりなどしますね。

ただし、機材力はあまり重要ではありません。よく言われるように上手い人は、どんな機材を使っても上手いです。とは言っても、高い機材が欲しくなるのは事実ですが・・・・。

レタッチの技術力

デジタル写真においてはレタッチの技術力も必要とされるでしょう。SNSなどで見る素晴らしい写真も、どのようにレタッチしているのか、元画像はどんな感じなのか気になるところです。

しかし、あくまでもレタッチ技術は副次的なもので、元画像の良さが一番大切だと思います。

撮影現場で「これレタッチでなんとかなるかな・・・」みたいな画像は、やはりレタッチしてもそこそこの出来です。カメラのプレビュー画像で仕上がっているような写真こそ、渾身の一枚になり得ますね。

なので、レタッチはサポート的な役割で、それが素晴らしい写真の主要因にはならないと思っています。とは言っても、レタッチ技術はあるにこしたことはありません。これは努力次第で身につくことなので、ネットで情報を集めたり、書籍を読んだりしましょう。
参考:Lightroom Classicの使い方の一覧

発信力

撮影した写真をどうするのかは人それぞれです。ただ撮影しただけで満足の人もいるでしょう。しかし、昨今ではSNSでシェアする人が多数かなと思います。あとはフォトコンなど。

その際に発信力も大切になるだろうと思います。直接的に良い写真を撮るために必要な力ではありませんが、写真の最終的な評価にも関わる重要な部分かと。

それで発信力が何かと言えば、例えばタイトルやキャプションなどです。同じ写真でもタイトルやキャプションによって、周囲へのウケ、SNSでの伸び、フォトコンでの審査員の反応なども異なってくるでしょう。

ただ、心を掴むタイトルやキャプションを考えるのも、なかなか難しいものです。ややもすればポエムになりがち。

これはある程度自分の中でルールみたなものを定めると良いかもしれませんね。例えば、好きな歌や本を引用する、写真から直接伝わることは言葉にしない(朝焼けの写真に「赤い〇〇」など使わない)、あるいは七五調に統一するなどのルールです。

何か統一性を持って取り組めばだんだんと慣れてくるかと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

なかなか撮影に行けないですが、こういう時こそ力をつけるチャンスです!

コツコツと地道に続けていきたいと思います!


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

10月(23ヶ月目)のブログ振返り!最近、パルスが上がりにくい気がする・・・。

10月が終わりました。 本州ではこれから紅葉を迎えるという場所が多いのでしょうね。北海道では紅葉は大方終わりもう雪が降っていまいす。 今年は冬の訪れが早いですね。すでに平野部でも10cmくらい積雪して …

6月(19ヶ月目)のブログ振返り!500pxパルスはイマイチ!

7月ですね。 夏本番ですが各地天気が思わしくないようです。 撮りたいものが色々ある季節なのでもどかしい気持ちになりますね:) そんな気持ちを抑えて、6月(19ヶ月目)のブログを振り返ってみたいと思いま …

3月(28ヶ月目)のブログ振返り!新年度と春の訪れ!

4月ですね。 いつの間にか日が長くなり、太陽の光が力強さを増していますね。 北海道もみるみる雪が溶け、地面が半年ぶりに顔を出します。 晩冬の3月、どんなカメラライフを送ったのか振り返って、来月に繋げて …

9、10月(34、35ヶ月)のブログ振返り!これから撮りたいもの!

11月になりましたね。 北海道ではすっかり紅葉も終わり雪が降る日も多くなってきました。 本州の南の方だと今時期が紅葉の見頃でしょうか!?日本は長いですね。 そして、今年もあと2ヶ月。2017年残りを充 …

4、5、6、7月(ブログ68ヶ月まで)の振り返り。購入した機材などアレコレ。

夏真っ只中ですね。今年は梅雨が長く、まだ夏っぽくありませんが・・・。 ただ、そろそろ各地で梅雨明けの気配があり、夏も本気を出してきました。 ということで、4、5、6、7月(ブログ68ヶ月)のブログを振 …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。