基礎知識 撮影テクニック

明暗差の激しい風景での撮影方法!逆光でも暗くならずに綺麗に撮影する4つの基本方法。

投稿日:2019年1月16日 更新日:

風景写真では朝日夕日の写真を撮ることが多いですが、そこで問題となるのが激しい明暗差です。

地上が暗くなって何が写っているのか分からなくなってしまったり、あるいは空が明るくなり過ぎて真っ白になってしまったり・・・。

特に初心者の頃は上手く撮影できずに悩みのタネとなることが多いです。私は4,5年風景を撮っていますが今だに難しく感じます。

ということで、明暗差の激しい風景での撮影方法について書いてみたいと思います。カメラ歴の長い方には目新しい情報はないかもしれませんが。

明るい部分に露出を合わせて撮る

もっとも基本的で簡単な方法として、空(明るい部分)が白とびしない程度の露出でRAWで撮影し、後で現像時に地上(暗い部分)を明るく持ち上げてあげる方法があります。

というのも、RAW画像において白とびした部分を元に戻すことは困難ですが、暗い部分は真っ黒に見えても割とデータが残っているので、明るくレタッチしてあげれば復元することが多いからです。

カメラにもよりますが驚異的に画像を復元できます。これが最も簡単に明暗差の激しい風景を綺麗に撮る方法です。

しかし、あまりにも暗くなった画像を無理に明るくするとノイズだらけになってしまったり、変色してしまったりすることが多々あります。いわゆる画像劣化。上の写真でもよく見るとが画像が劣化していますね。これでは綺麗とは言い難い。簡単な方法ですがそこまで万能ではということになります。

そこで他の方法です。

HDR合成

HDR合成は、構図はそのままで露出だけを変えて複数枚撮影し(これを露出ブラケット撮影と呼ぶらしい)、それらの画像を後で専用ソフトを使い合成する方法となります。

例えば、空がちょうど良い明るさになるよう露出補正して撮影した画像、地上がちょうど良い明るさになるよう露出補正して撮影した画像、露出補正なしで撮影した画像の3枚を撮影し、それらを1枚に合成し仕上げます。

こうすると、それぞれの画像のちょうど良い露出の部分を繋ぎ合わせることになるので、画像劣化が起こりにくく非常に綺麗に仕上がります。合成処理もソフトが自動でやってくれるので手間も殆どかかりません。
参考:ブラケット撮影してHDR合成をする。撮影手法の一つとして役に立ちそう!

ちなみに、HDR合成は使用するソフトによって仕上がりが違ってきます。ごりごりのHDRっぽい画像になることもあれば、割と自然な見た目に仕上がるものもあります。個人的にはLightroomのHDRがおすすめです。

 

そして、このHDR合成をちょっと進化させたのが露出ブレンドと呼ばれるものです。

露出ブレンド

露出ブレンドもHDRと同様に露出ブラケット撮影した複数枚の画像を1枚に合成します。ただし、合成の仕方が違う。

HDR合成はソフトが自動的に処理してくれるので手間はかかりませんが、痒いところに手が届きにくいと言うか、自分の思うように合成処理できないことがあります。

例えば、「ここはこの画像のこの部分を使って、ここはこの画像を合成しよう」みたいな細かな要望が出てくるのですよね。そのためにPhotoshopを使い手動で画像を1枚1枚合成していきます。これが露出ブレンドです。露出ブレンドには自分の思う通りに精度よく合成処理できるメリットがあります。

ちなみに、露出ブレンドにも様々なやり方があります。グラデーションツールやブラシツールを使ってマスクを作り簡単に合成する方法だったり、Rayaなどの有料のツールを使用する方法だったり。
参考:露出ブレンドをして明暗差を克服しよう!露出ブレンドで簡単レタッチ!
参考:「Raya Pro2.0」で露出ブレンドしてみる!楽に完成度の高いマスクが作れて現像が楽しくなる!

私は撮影に露出ブレンドを多用しており、その際にRayaをよく使っていましたが、最近はそういったツールは使わずに、手動で細かなマスクを作って露出ブレンドすることが多くなってきています。

ハーフNDフィルター

最後にハーフNDフィルターを使用する方法があります。

【KANI】カメラ用 光量調節用 角形ハーフフィルター SOFT GND0.9 150x100mm

ハーフNDフィルターは半分だけに減光効果を施したフィルターです。これのお陰で空の明るさを抑えつつ、地上を明るく写せるようになります。これまでの方法のように後処理に頼るのではなく、撮影段階で光を調整する訳です。

HDRや露出ブレンドなどの方法があるので、ハーフNDフィルターは必ずしも必要なものではありませんが、あると非常に便利です。仕上がりが自然な感じになりやすいように思います。私はかなりの頻度でハーフNDフィルターのお世話になっています。
参考:ハーフNDフィルターの必要性・種類・選び方!どれが1枚目におすすめか!?

また、ハーフNDフィルター使った画像で露出ブレンドをすることもありますね。

 

以上、明暗差の激しい風景での撮影方法でした。多くの風景写真家は露出ブレンドかハーフNDフィルターを使うことが多いのかなと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

露出ブレンドは人によって様々なテクニックがあるので、YouTubeなどで動画を見ても非常に参考になります!

また、ハーフNDは色々種類が多いのでここにも沼があります!


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

写真印刷サイズ

写真の印刷。プリントする時の紙のサイズについて知ろう。

読了時間5分 写真印刷でなんとなくわからないこと。 例えば、自宅やお店で写真を印刷しようとする場合、もちろん印刷する写真サイズを指定しなければなりません。その際、「DSC」とか「L」とか「2L」とか言 …

風景写真で構図を上手くなるには!?具体例でみる構図を決める時に意識しているポイント!

写真は決まった枠の中に対象を閉じ込めます。なので、目の前にどんなに壮大な風景が広がっていたとしても、それをそのまま写すことは不可能です。限られた範囲を四角形でしか写せません。 これはカメラの弱みであり …

天の川の現像方法②!星空と地上景を別々に撮影し合成!クオリティを高めよう!

前回は天の川の現像方法について書きましたが今回はこれの続きです。 参考:天の川の現像方法①!色を補正して天の川を強調する!光害の色被り除去! 実は、いつも私は星空と地上景を別々に撮影し、それらを個別に …

夜景イルミネーション写真

リア充に負けるな。一眼レフカメラでイルミネーション・夜景を写真撮影する4つのコツと4つのヒント。

読了時間2分 一眼レフカメラでイルミネーション・夜景をきれいに写真撮影する4つのコツ。 「わー!きれい!」とか言ってイルミネーションをそのまま撮ってしまうと、「あれ?暗い・・」「何撮ってるかわからない …

動く被写体へのピント合わせと最適なカメラ設定のコツとヒント。子供とか動物写真の失敗が減るかも!

先日、水族館で魚を撮影したのですが、どうも動く被写体が苦手です。以前、白鳥を撮影したときも苦戦しました。 例えば、一眼レフカメラで子供をメインで撮影したいという人は大変でしょうね。 大切な瞬間を上手く …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山をこよなく愛す男。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。