基礎知識 撮影テクニック

白飛びがなぜ良くないと言われるのか?白飛びについてあれこれ考える。

投稿日:2020年3月20日 更新日:

よく白飛びは良くないと耳にすることが多々あります。

ただ、なぜ良くないと言われるのか、よく分からない方も多いでしょう。そもそも白飛びがどのような状態なのか・・・!?

ということで、今回は白飛びとは何なのかなぜ良くないとされるのか、について書いてみたいと思います。

白飛びとは?

白飛びした写真を見てみよう

白飛びとはざっくり言うと、明る過ぎて白くなっている部分のことを言います。

この写真なら空の部分ですね。本来なら空に色があるはずですが、白くなって色味が失われています。

では、これはどうでしょうか!?

これも空が明る過ぎて白っぽくなっています。ですが、これは厳密には白飛びでありません。

なぜなのか・・・!?もう少し詳しく白飛びした状態について確認していきましょう。

白飛びした状態

白飛びとは「明る過ぎて白くなっている部分」と書きましたが、ではデジタル写真において「白」とはどのような状態を指すのでしょか!?

デジタル写真では色をRGBで表示しています。

デジタル写真はモニターの光で色を表示するので、光の三原色である赤(R)、緑(G)、青(B)で表現されるわけです。

1枚のカラー写真も赤(R)、緑(G)、青(B)に分けられます。

赤(R)、緑(G)、青(B)の画像が重なり、1枚のカラー写真を表現しているわけですね。不思議ですが。

そして、赤(R)、緑(G)、青(B)には、それぞれ明るさの強弱があります。明るさの強弱は「0〜255段階」で表示されます。例えば、「R = 0」であれば一番暗い赤、「R = 255」であれば一番明るい赤です。

そうすると、「R G B = 0 , 0 , 0」なら3色とも一番暗い状態で、写真では完全な黒の部分になります。一方で、「R G B = 255 , 255 , 255」なら3色とも一番明るい状態で、写真では完全な白の部分になる。

つまり、この「R G B = 255 , 255 , 255」で完全な白の部分が白飛びとなるのです。

 

先ほどの白飛びした写真。

「RGB = 255 , 255 , 255」で完全な白、つまり白飛びですね。

この写真は。

「RGB = 252 , 251 , 249」なので、完全な白ではありません。つまり、厳密な意味では白飛びではないです。単に明る過ぎるだけ。

ただ、実際の撮影時や現像時に「R G B = 255 , 255 , 255」になっているなんて分かりませんよね。どうやって白飛びしているのか判断すれば良いのでしょうか!?

白飛びの判断方法

白飛びの判断にはヒストグラムがよく使われます。

撮影時や現像時にヒストグラムを確認し、右側に接している部分があれば、それは写真に白飛びしてる部分があることを示しています。

これは白飛びしています。

また、白飛びしている部分を表示してくれる機能が搭載されているカメラもあるので、これを使えば簡単に白飛びしているかどうか判断可能です。

 

では、なぜ白飛びが良くないと言われているのでしょうか!?

白飛びがなぜ良くないと言われるのか

なぜ、白飛びがなぜ良くないと言われるのか、2つの状況に分けて考えたいと思います。

それが、

  • RAWの白飛び
  • JPEGの白飛び

です。

RAWの白飛びとは、簡単にいうと撮影した元画像の白飛びということです。

JPEGの白飛びとは、現像後にRAWからJPEGに書き出した際の白飛びです。最終的な完成作品の白飛びというですね。

RAWの場合

RAWの場合で考えると、白飛びしている部分はデータのない状態になるので、現像でいくら調整しても欠損部分となってしまいます。これは一体どういうことなのか!?

では、試しに画像を現像してみましょう。

まずは、明る過ぎるけれど白飛びしていない画像を、暗く調整してみます。

そうすると、明る過ぎた空が、元の状態に戻りました。空の色やグラデーションも出ています(ただし、白飛びギリギリでは適正露出と比べ、色の再現性でやや劣ることがあるかもしれません)。

次に、白飛びしている画像を、同じように暗く調整してみます。

そうすると、今度は空が元に戻りません。本来ならば空の色やグラデーションがあるはずですが、のべっとした部分が広がるだけです。

試しにさらに暗くしてみましょう。

やはり全然ダメです。

これが白飛びによる欠損です。元画像が白飛びしていると、その部分に色情報が残っていないので、いくら調整しようにもどうにもならないわけです。ジグソーパズルのピースがない状態と言いましょうか・・・。

やはり、RAWで撮影した元画像は、現像できる幅が広い方が良いです。それだけ自由に調整できるので。

白飛びしている画像を元に戻すことはできませんが、白飛びしていなければ後からどうにでも好きにできます。

なので、白飛びは良くないと言われています。次に、JPEGの場合です。

JPEGの場合

JPEG画像では、RAWの場合とは話がちょっと別です。というのも、JPEG画像ではプリントする際に、白飛びは良くないと言われているようです。

プリンターには白インクがありません。なので、真っ白の部分はインクを乗せずに、紙の白さを用いることになります。つまり、白飛びしてる部分にはインクが乗らないことになるわけです。

写真にインクの乗っている部分と、インクの乗っていない場所があると、穴が空いたような雰囲気で、見た目が不自然になることが多々あります。光の反射具合も違ってくるので、これも不自然に見えることがある。

なので、JPEG画像ではこのような理由で白飛びは良くないと言われています(実際には、白飛びしないギリギリの状態でも上手くプリントされない場合もあります。また、これはプリンターの性能にもよる部分もあるかと)。

ただし、これはモニターで見るだけなら関係ない話かなと思います。

白飛びしても別に良い

上記したように、RAWでの白飛びはやはり避けた方が良いです。しかし、現像後のJPEG画像で特にプリントする予定もないのなら、白飛びは一概に良くないとはいえません。

白飛びを上手く利用すれば、溢れ出る光みたいな表現も可能です。

なので、表現方法の一つとして白飛びもありかと思います。

白飛びさせない方法

基本的に明るい光、白い色ほど白飛びしやすいので注意が必要です。

デジタルカメラは白飛びしやすい特徴があるので、白飛びさせない幾つかの方法があります。

ちょっと暗く撮る

あえてやや暗くRAWで撮影し、現像の際に明るく調整するという方法があります。

RAWはそこそこ暗くても、綺麗に明るくできます。暗さに強い。なので、白飛びしないようにちょっとだけ露出を下げて撮影し、あとで明るくするわけです。

これはフォトグラファーの間で広く用いられている方法になります。

HDRや露出ブレンド

明るさの異なる画像を撮影し、合成ソフトを使って1枚にするHDR合成という方法があります。暗い写真、普通の写真、明るい写真などの良い部分を繋ぎ合わせるので、綺麗に仕上がります。

また、露出ブレンドという方法もあります。露出ブレンドは手動でするHDR合成みたいなものです。HDR合成はソフトで自動的に行いますが、露出ブレンドはPhotoshopなどを使い、自分で画像を合成していきます。HDR合成よりもきめ細やかな作業が行える。

SNSで見かける綺麗な写真などは、露出ブレンドが使われていることが多かったりします。私も露出ブレンドをよく使う。

ハーフNDフィルター

ハーフNDフィルターを使用する方法もあります。ハーフNDは半分だけ減光効果のあるフィルターです。

【KANI】カメラ用 光量調節用 角形ハーフフィルター SOFT GND0.9 150x100mm

これです。

これを使うことで、明るい部分の光をカットし、白飛びを抑えるわけですね。

これも広く用いられている方法です。

 

スポンサーリンク

まとめ

白飛びは良くないと言われることが多いですが、写真は自由です。

決まりごとに縛られれずに好きに撮りましょう。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

遠近法について知って構図やレタッチに役立てよう!様々な種類の遠近法!

最近、構図について考えることが多いです。 そして、構図作りで注目すべきポイントは様々あります。その中でも写真に遠近感を演出するというのは大切なポイントの一つです。 これに関して遠近法というものがありま …

構図は視線の動きを意識して要素を配置すると良い!構図を決めるコツ!

構図は写真撮影で最も大切なものの一つです。 どんなにロケーションが良くても、構図で失敗しているとパッとした写真にはなりませんね。 そんな大切な構図ですが、構図作りについての考え方はたくさんあります。 …

風景写真のコツ!「風景写真で避けたい、6つの誤り」が参考になるよ!

「Manfrotto Imagine More」というマンフロットさんが運営しているサイトに、「風景写真撮影で避けたい、6つの誤り」という記事が掲載されていました。 これはフリーランスフォトグラファー …

超広角レンズが超面白い。超広角レンズの3つの大きな特徴と魅力。

超広角ズームレンズを使っていてとても楽しいです。 超広角ズームレンズにはクセがあって使いにくいとか、余計なものが写って画角の整理が難しいなどと言われるようですが、ここぞという時に圧倒的な力を発揮してく …

インターバル撮影比較明合成

失敗と反省。インターバル撮影と比較明合成で星空撮影の失敗から学んだこと。

読了時間4分 星空撮影の失敗。 インターバル撮影と比較明合成の撮影方法を覚えてから何度か星空の撮影に行きましたが、思うような結果は得られていません。そこで、失敗の原因と対策を考えてみました。 ピント合 …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。