テクニック全般 撮影テクニック

知って試したくなる。一眼レフカメラで子供を写真撮影する3つのコツと6つのヒント。

投稿日:2014年12月6日 更新日:

読了時間3分

一眼レフカメラで子供を写真撮影する3つのコツ。

子供を撮影して同じような写真になることが多くはないですか?

コツをつかむと子供と外に出るのがさらに楽しくなります。カメラの設定は「絞り優先モード」で。

  • F値を小さくして撮影・・・背景をぼかして主体を引き立てるため。またブレ防止にもなります。
  • 露出をプラス補正にする(+0.7~+2EV)・・・明るくなりふんわりした印象になります。
  • ISO感度を高めに設定・・・子供が動いてブレる場合がISO感度を上げましょう。

一眼レフカメラで子供を写真撮影する6つのヒント。

カメラ目線を避ける。

「こっち向いてー」なんて言ってはないでしょうか?カメラ目線の写真だと大体同じアングルや表情になってしまいます。遊んでいる自然な姿や何気ない表情の方がいい思い出になります。

子供写真

下から目線で。

大人の目線で見下ろしてしまうと面白みない写真になってしまうことも。子供の目線かそれより低い目線で撮影しましょう。このときローアングル、広角で撮影すると迫力とダイナミックがうまれてよいです。

子供下目線写真

背景に玉ぼけ。

子供の後ろに、木漏れ日やイルミネーションなど光るものがあれば玉ぼけを作れるチャンスです。背景で子供を飾り付けましょう。

子供背景写真

逆光・反逆光できらきら。

逆光や反逆光の状態で露出をすこしプラス補正にすることで髪の毛がきらきらします。さらに思い切ってプラス補正にするとまた一味違った写真がとれます。

子供写真

主観で撮ってみよう。

カメラ目線も大人目線(主観)で撮れば面白いです。

主観写真

顔・全身じゃなくてもいい。

なんとなく顔や全身写真を撮りがちですが、おもちゃや身体のパーツに寄ると新しい発見があるかもしれません。違った目線でアップで撮ってみましょう。

子供部分写真

いかがですか、撮影のヒントになりましたか。子供と外に出るのが楽しくなります。

ここでもう一つ。AFとシャッターの撮影方法。

置きピン。

「置きピン」という手法があります。「置きピン」とは「あらかじめ動きを予測しておいてピントを合わせておく撮影手法」です。

AFはピントを固定できる「シングルAF(Nikonの場合AF-S)」に設定します。そのうえで、あらかじめ動きを予想しておいてた地点にピントを合わせシャッター半押しでピントを固定しておきます。被写体がその地点に来たらシャッターボタンを押しこみ撮影します。

「置きピン」は、例えばブランコや滑り台など動きが予測しやすい場面に有効です。ブランコの場合、ブランコが前に来た瞬間にピントを合わせ半押し固定します。再びブランコが前にきたらシャッターを切ります。連写機能を使えばさらに成功率が上がります。

スポンサーリンク

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

視線誘導の3つの役割。視線誘導の役割について考えてみる。

写真撮影では視線誘導が非常に重要とされることがあります。 視線が滑らかに流れる写真は鑑賞していて気持ちの良いものです。 では、そもそも写真における視線誘導には、どういった役割があるのでしょうか。 目次 …

写真に立体感や奥行きを表現させる簡単な方法。ささっと取り入れられる6つの方法。

写真は平べったい2次元ですが、そこに如何に3次元の広がりを持たせるかが課題です。 それが簡単なようで難しい。適当に撮ると、奥行きも何もない普通の写真になってしまいます。 ということで、ささっと取り入れ …

料理写真

ダイエットには禁物。一眼レフカメラで料理を写真撮影する4つのコツと4つのヒント。

読了時間2分 一眼レフカメラで料理をうまく写真撮影する4つのコツ。 料理の写真ってSNSにアップしたり、撮影機械が意外に多いかと思います。でも、何気なく撮ってしまう料理。 なんとなく、どれも同じ感じに …

カメラ初心者だった頃の写真、約6500枚を振り返って多かった失敗とその解決策!

懐かしくなって以前の旅行写真を見直していました。 その数約6500枚。 ただ、殆どなんでこんな写真を撮ったのだろうというものが大半でした。たった2年前の写真なんですが・・・。 それも同じような失敗ばか …

構図はあってないようなもの。写真の構成を考える際に役立つヒント。

三分割構図、二分割構図、斜め構図、日の丸構図・・・などは基本構図といわれ、フォトグラファーの間では広く認識されています。 このブログでも時々、取り上げることがある。 しかし、基本構図はあってないような …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。