基礎知識 撮影テクニック

写真の印刷。プリントする時の紙のサイズについて知ろう。

投稿日:2014年12月18日 更新日:

読了時間5分

写真印刷でなんとなくわからないこと。

例えば、自宅やお店で写真を印刷しようとする場合、もちろん印刷する写真サイズを指定しなければなりません。その際、「DSC」とか「L」とか「2L」とか言われても、どれがどのくらいの大きさかイマイチわからないです。また、画素数が○○万画素推奨とかい言われてもピンとこないです。今回は、これらのもやもやがすっきりするよう記事にまとめてみました。

まずはカメラの縦横比について。

カメラの画像には一定の縦横比があります。

コンパクトデジタルカメラ。

印刷写真サイズ

コンパクトデジタルカメラの比率は4:3が主流です。カメラの設定よっても変えられるかと思います。もしこれを、「L判サイズ」で印刷すると上下がカットされます。青の枠が4:3の画像です。そこにL判サイズ(黄緑)を重ねると、上下がはみ出ます。印刷するとこの分カットされることになります。

一眼レフカメラ。

印刷写真サイズ

一眼レフカメラの比率は3:2が主流です。コンパクトデジタルカメラより少し横長です。これはフィルムが3:2だったことの名残だそうです。Nikonの機種ではこの比率は変更できません。他メーカーも一部変更できるものがあるようですが、一般的には変更不可です。もしこれを、「L判サイズ」で印刷すると左右が少しカットされます。黄色の枠が3:2の画像です。そこにL判サイズ(黄緑)を重ねると、左右が少しはみ出ます。印刷するとこの分カットされることになります。

このようにパソコンで写真を見るのと違い、印刷する場合は用紙の縦横比を気にする必要があります。

主な写真サイズの比較。

写真印刷サイズ

写真のサイズは諸々たくさんありますが、主な写真のサイズを比べてみたいと思います。上の図は、各サイズの大きさを比べたものです。

DSCサイズ(119×89㎜)・・・コンデジ向き

DSCサイズは縦横比4:3に近いので、コンデジの印刷に最適です。コンデジの画面にフィットする、デジカメ標準サイズです。一眼レフでは大きく左右が切れるので不向きとなります。またDSCサイズの用紙は一般に市販されていないのでお店プリントの必要があります。

L判サイズ(127×89㎜)・・・一眼レフ向き

L判サイズは一眼レフの縦横比3:2に近いのです。一眼レフの写真サイズとして最も普及しているサイズで、市販されている用紙の種類も多いです。いつもの写真サイズって感じです。ただし、すこーし左右が切れます。コンデジには大きく上下が切れるので不向きです。

はがきサイズ(KGサイズ)(152×102㎜)・・・一眼レフ向き

はがきに近いサイズで、別名KGサイズと言われます。L判より少し大きく、一眼レフの縦横比3:2に最も近く、一眼レフに最適なサイズです。日本ではL判が最も普及していますが、世界ではKGサイズが最も普及しています。これも市販されている用紙の種類が豊富です。コンデジは大きく上下が切れてしまうので不向き。

2L判サイズ(178×127㎜)・・・一眼レフ向き

L判サイズの2倍です。いつもの写真の2倍です。一眼レフの写真向きです。集合写真などでよく使われます。

6切サイズ(254×203㎜)・・・コンデジ向き

コンデジの縦横比4:3に近いです。A4サイズより少し小さいくらいです。コンデジ(4:3)の写真を大きくしたいなら最適で、ここ一番って時に使えます。一眼レフなら左右が大きくカットされてしまいます。

A4サイズ(297×210㎜)・・・一眼レフ向き

よくあるノートのサイズですね。一眼レフの3:2に近いです。一眼レフの写真を大きく印刷して飾るならこのサイズが最適です。

ポイント。

カメラの縦横比と用紙の縦横比は完全には一致していません。なので、印刷したい人は撮影の時、上下・左右が切れてしまう可能性があることを念頭に置く必要があります。印刷したい写真と用紙の縦横比がどうしても合わない時は、トリミングする方法もあります。

用紙のサイズは他にも沢山あります。いずれにせよ、縦横比が大事なポイントです。

おすすめ光沢紙。家電店で写真印刷の光沢紙・インクジェット用紙について聞きました。
写真印刷で最適なサイズに変更をしよう。画素数・解像度・サイズの関係について。
こちらもご参考に。

スポンサーリンク

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

電子シャッター、電子先幕シャッター、フォーカルプレーンシャッター、それぞれのメリット・デメリットを知っておこう!

Nikon Z7は高画素機ゆえにシャッターショックによるブレが目立つらしいですね。 特に、SS1/80やSS1/60秒前後で顕著に現れるので、その辺のシャッター速度で撮影する場合は、電子先幕シャッター …

逆光で発生するゴーストやフレアの原因と対策方法。ゴーストやフレアをしっかり防止する。

ゴーストやフレアはフォトグラファーに非常に嫌われる存在です。 今回は、ゴーストやフレアの原因と対策方法について、まとめたいと思います。 ちなみに、以前にも似たような内容の記事を書いているのですが、改め …

星空撮影方法

星空撮影。意外と知らない事前準備と星へのピント合わせのコツ。

読了時間4分 星空撮影での事前準備と星へのピント合わせのコツ。 きれいな星空を撮影したいと思ったことはないでしょうか?星空の撮影には事前準備が必要です。また、星へのピント合わせにはコツがいります。私も …

動く被写体へのピント合わせと最適なカメラ設定のコツとヒント。子供とか動物写真の失敗が減るかも!

先日、水族館で魚を撮影したのですが、どうも動く被写体が苦手です。以前、白鳥を撮影したときも苦戦しました。 例えば、一眼レフカメラで子供をメインで撮影したいという人は大変でしょうね。 大切な瞬間を上手く …

フレア・ゴースト

カメラのやっかいなあいつ。フレア・ゴーストの防止方法。

フレア・ゴーストとは。 フレア・ゴーストとは、強い光の影響で写真がぼやっと白くなってしまったり、光の玉が出現してしまう現象です。 いい写真が撮れたと思っても、フレアやゴーストで台無し、がっかりというこ …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。