テクニック全般 基礎知識 撮影テクニック

太陽はどっち。光の状態を見極め写真撮影の味方につけよう。

投稿日:2014年12月6日 更新日:

読了時間1分

光は当たる方向によってそれぞれ特性があります。

写真を始めた頃は、光の方向なんてあまり意識しませんよね。私も、強いて言えば「逆光撮影しずらいな~」くらいにしか考えていませんでした。しかし、光の方向にはそれぞれ写真の写り方に特性があり、それを意識するだけでいい写真がとれるようになります。光の方向と特性はこんな感じです。

光の状態図

  • 順光・・・被写体の色味はきれいに表現できるが、影の部分が少ないので立体感に欠けます。風景写真には適しているが、人物にはイマイチかもしれません。
  • 逆行・半逆行・・・被写体の輪郭がくっきりします。露出をすこし高めにしたりすれば、髪などをふわりと輝かせたり、紅葉や花びらを透かすことも可能です。
  • サイド光・・・明暗のコントラストが強調され、立体感が出る。この立体感を活かせば建物が上手く撮影できるし、人ならクールな写真が撮れるかもしれません。

だいたいこんな感じです。光の状態を見極めれば、写真の表現を広げる強い味方になります。

猫写真
子供逆光写真

それぞれ逆光・半逆光で撮影しています、猫の毛や髪の毛、背景のすすきまで綺麗に光っています。これは逆光・反逆行ならではです。

いままで逆光と聞くと写真を撮りにくいイメージでしたが、特性を知って撮影すると、うまく撮影できるようになります。

建物サイド光

これはサイド光です。白い外壁ですが、サイド光で影ができ立体的に写真を撮ることができました。

光の状態を見極め撮影にいかしてみましょう!!

スポンサーリンク

  1. グイイイ より:

    「逆行・半逆行」

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

一眼フレで風景写真の参考に。「IPHONE写真に奥行き感を与える 5つのコツ」が一眼レフカメラにも参考になる。

「Manfrotto Imagine More」というマンフロットが運営しているサイトに、「IPHONE写真に奥行き感を与える 5つのコツ」という記事が掲載されていました。 これはiPhoneでいかに …

写真の明るさ(露出)を決める時に基準にしている視点。露出は写真の印象を大きく変える。

皆さん、写真の明るさ(露出)をどうやって決めていますか!?これ、なかなか難しい問題ではないでしょか。 RAWで撮影すればレタッチの幅も広く、暗めな写真にするか、明るめな写真にするか、暗くするにしてもど …

曇りの日に風景写真をうまく撮るコツ。曇りの日にうまく撮れない3つの理由と克服方法。

せっかくの休日なのに曇りだとがっかりです。お家で寝ていようかなと思ってしましますね。 ですが、撮影を工夫したり、被写体を選べば十分に良い写真が撮れる。 ということで、曇りの日に風景写真をうまく撮るコツ …

ホワイトバランス比較図

一眼レフカメラのホワイトバランスを変えて見違える写真に。

なんだか分かるようで分からないホワイトバランス。 そんなあやふやなホワイトバランスですが、これは写真の印象を大きく左右する要素で重要です。 ホワイトバランスによって写真の印象が変わる 光の色は場所や時 …

風景写真のコツ!「風景写真で避けたい、6つの誤り」が参考になるよ!

「Manfrotto Imagine More」というマンフロットさんが運営しているサイトに、「風景写真撮影で避けたい、6つの誤り」という記事が掲載されていました。 これはフリーランスフォトグラファー …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。