レンズ 機材

Zマウントのレンズシステムについて考えてみる。レンズラインアップも充実してきた。

投稿日:2021年12月23日 更新日:

Zマウントが発売されてから早3年。Zレンズもかなり充実してきました。

私はまだFマウントレンズを何本か所有しており、完全移行できていない状態です。まだどうも望遠レンズが少ない・・・。

ということで、Zマウントのレンズシステムについて改めて色々と考えてみました。

Zマウントのレンズシステムについて考えてみる

基本的にズームレンズを中心に考えてみます。

大三元コース

  • 14-24mmF2.8
  • 24-70mmF2.8
  • 70-200mmF2.8
  • 100-400mmF4.5-5.6(1.4テレコン!?)

迷ったら大三元レンズを揃えておけば間違いないです。余計なことを考えなくて済む。

しかも、Zマウントの大三元レンズはFマウントと比べ、かなり小型軽量化されていますし、描写性能も抜群です。

Nikon 超広角ズームレンズ NIKKOR Z 14-24mm f/2.8S Zマウント フルサイズ対応 Sライン NZ14-24 2.8

Nikon 標準ズームレンズ NIKKOR Z 24-70mm f/2.8S Zマウント フルサイズ対応 Sライン

Nikon 望遠ズームレンズ NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S Zマウント フルサイズ対応 Sライン NZ70-200 2.8

ちなみに、大三元の重さは3本合計で2815gです(広650g、標805g、望1360g)。Fマウント大三元は3470g(広970g、標1070g、望1430g)なので、かなり軽量化されていますね。

 

このうえで超望遠域をどうするかが問題です。

今のところ選択肢は、すでに発表されている100-400mmか、まだ未発表の200-600mmと言ったところでしょうか!?この場合は100-400mmが良いかと。

100-400mだと70-200mmと画角が被りますが、ちょっとくらい被っている方が、レンズ交換の頻度も減るので良いかもしれませんね。

さらに、1.4テレコンを使用すれば、望遠端を560mmにすることも可能です。暗くはなりますが、画質的には心配はいらないでしょう。

ただし、大三元を揃えるのは、予算的には1番厳しいですね・・・。

小三元コース

  • 14-30mmF4
  • 24-70mmF4
  • 70-200mmF4
  • 200-600mm

迷ったら大三元はその通りなのですが、いかんせん高価です。レンズ3本で80万円は超えます・・・。

また開放F2.8まで必要ない人も多いでしょう。

それなら小三元レンズです。こちらなら大三元の半分以下の費用で済みます。しかも、非常に軽量コンパクト。広角と標準の2本で約985gです(大三元なら2本で1455g)。

Nikon 超広角ズームレンズ NIKKOR Z 14-30mm f/4S Zマウント フルサイズ対応 Sライン NZ14-30 4

Nikon 標準ズームレンズ NIKKOR Z 24-70mm f/4S Zマウント フルサイズ対応 Sライン

小三元ですが描写は抜群ですよ。

問題は70-200mmF4がいつ発売されるのか分からないことです。ロードマップにも掲載されていません。しかし、発売されないことはないでしょうから気長に待つしかないですね。

 

超望遠域については200-600mmかなと。未発表ですがロードマップには掲載されているので、近いうちには出てくるかと思います。

100-400mmでも良いでしょうが、このレンズは30万円以上します。小三元を選ぶ人は予算が限られている場合も多いでしょうから、まだ安価だと思われる200-600mmです。

ちなみに、私は懐事情がアレなので小三元コースで行くつもり・・・。

最小限コース

  • 14-30mmF4
  • 24-120mmF4
  • 100-400mmF4.5-5.6

レンズの本数は少ない方が良いです。荷物も少なくなりますし、レンズ交換の頻度も減る。

そこで便利ズームである24-120mmF4を取り入れれば、たった3本で超広角から超望遠までカバーできるようになります。しかも、重さは3本で約2480g。機動性は抜群です。

Nikon 標準ズームレンズ NIKKOR Z 24-120mm f/4 S Zマウント フルサイズ対応 Sライン NZ24-120 ニコン ブラック

不安要素としては24-120mmF4の描写性能でしょうか!?やはり利便性を優先させているので、描写性能はやや劣るかもしれませんね。実際どうだか分かりませんが。

細かなことは気にしないというのであれば、魅力的なシステムでしょう。

廉価版大三元コース

  • 17-28mmF2.8!?
  • 28-75mmF2.8
  • 70-180mmF2.8!?
  • 200-600mm

ニコンは突然、28-75mmF2.8を発表しました。どうやらタムロンのOEMとの噂ですね。

これがかなり安価です。開放F2.8なのに。

Nikon NIKKOR Z 28-75mm f/2.8 ニコン ミラーレス一眼 レンズ

そうすると、タムロンで発売されている17-28mmF2.8や70-180mmF2.8も今後発売される可能性が十分にあります。そうすれば廉価版大三元が実現する。

ただ、Zマウントはレンズの描写性能の良さが大きな魅力です。なのに、OEMではちょっと魅力に欠けるかもしれませんね・・・。

もちろん、17-28mmF2.8や70-180mmF2.8が実際に発売されるかも分かりません。

単焦点混合コース

  • 14-24mmF2.8
  • 35mmF1.8、50mmF1.8
  • 70-200mmF2.8

標準レンズはよく使うのですが、結局のところワイ端やテレ端の使用が極端に多いです。そして、その画角は広角ズームや望遠ズームでもカバーできます。

なので、標準ズームは使わずに35mmや50mmの単焦点を持っていれば十分とも考えられる。

Nikon 単焦点レンズ NIKKOR Z 35mm f/1.8S Zマウント フルサイズ対応 Sライン

Nikon 単焦点レンズ NIKKOR Z 50mm f/1.8S Zマウント フルサイズ対応 Sライン

できれば2本あれば十分ですし、どちらか1本でも良いかもしれませんね。

ちなみに、重さは35mmF1.8が370g、50mmF1.8は415gとなっております。Sラインの単焦点レンズなので描写も問題ないでしょう・・・。

 

スポンサーリンク

まとめ

2022年はどんなレンズが発売されるのでしょうか!?

ロードマップが完成して、さらに新レンズが登場すると良いですね。


  1. はる より:

    大三元に100ー400なら70ー200に2倍テレコンでいけるんじゃないでしょうか。私はその組み合わせ使ってますが、最短撮影距離が変わらないので400mmマクロのようにも使えて便利です。

    • ワイズカメラ より:

      はるさん

      確かに2倍テレコンでも良いですね。
      大三元を揃えるのは夢のまた夢ですが・・・

  2. LaBatt より:

    28-75mmF2.8の発表は全く予想外で正直驚きましたね。賛否両論あるのも分かります。これが今後どういう方向性につながるのかは興味があります。

    個人的には24‐120F4Sを来年買って、その次に70‐200の2.8をZマウントに替えたらほぼ上がり・・・まあ20mmF1.8とか50mmF1.2とか105のマクロとか気になりますしそれから・・・結局キリがないですね(笑)ただ昨今の異常な品不足はさすがに気になりますね。24‐120もいろいろ様子見てから買うので予約もしてないわけでして。

    • ワイズカメラ より:

      LaBattさん

      急にでしたからね。選択肢が多いに越したことはありませんが・・・

      70-200mmf2.8がラスボスですね。20mmF1.8も気になっていますが、もしかしたら14mmF1.8などが出てくるのではないかと淡い期待を抱いています。

      Z9も半年待ちとからしいですね。そんなに待てない笑

  3. tatsumo より:

    20mm F1.8は星景撮影では重宝しています。日中に撮影する分には、超広角は14-30mmや14-24mmの方が圧倒的に便利なんですけどね。ってか、14-30mmが良すぎる (笑)
    あんまり話題にならないようですが、これだけでZマウント使っていて良かったなぁと思います。良すぎるので、今度このレンズに関して再レビュー記事書く予定です ^^

    • ワイズカメラ より:

      tatsumoさん

      20mm F1.8は収差も少ないみたいですよね。私も星用に欲しいなと思っています。

      14-30mmは神レンズだと思います。レビュー楽しみにしております!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

私がNikon Z6+24-70㎜f4S レンズキットを買うと決めた理由!

色々考えた結果、Nikon Z6+24-70㎜f4S +アダプター(FTZ)キットを買ってみることに決めました。予約もしています。 欲しかったら黙って買えば良いのですが、比較記事を色々と書いていたので …

限定30本で「EIGHT×Wise Cameraコラボストラップ」を再販する!オシャレなブルーアワー色のストラップ!

今年1月に発売したAir Leather Strapの「EIGHT×Wise Cameraコラボモデル」。 その時は36本限定だったのですが、想像以上に早く売り切れてしまいました。 それから半年程経ち …

Leofoto LS323Cをレビューする。コスパの良い大型三脚。

有難いことに、KANIのフォトコンでLeofoto LS323Cを賞品として頂きました。 Leofotoは中華メーカーで、品質が良い割りに安価で、非常に人気となっております。 ということで、Leofo …

カメラやレンズのカビが怖い。カメラやレンズに適切な湿度を保ってカビ防止。

読了時間5分 もう少しするとじめじめした梅雨の季節がやってきます。 そこで心配なのがレンズのカビです。 買い揃えたレンズにカビが生えたことを想像するだけでゾッとしてしまいます。でも、防湿庫なんて大げさ …

sigma(シグマ)14㎜F1.8を購入した!星撮りに最適なレンズなのか・・・!?

sigma(シグマ)14㎜F1.8を購入しました。 超広角14㎜で開放F1.8という明るさ。唯一無二のレンズです。 発売前からかなり注目されていましたね。 ただ、実際のところあまり良い噂は聞かないです …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。