レンズ 機材

Zマウント、「Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」、「Z 24-120mm f/4 S」が登場。どんなレンズなのかスペックを確認してみる。

投稿日:

Zマウントから待望の望遠レンズである「Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」と、標準レンズである「Z 24-120mm f/4 S」が登場しました。

これを待っていた方も多いのではないでしょうか!?

早速、どんなレンズなのかスペックを確認してみたいと思います。

ロードマップを確認してみる

まずZレンズのロードマップを簡単に確認してみます。

以前のロードマップでは「24-105mm」でしたが、これが「Z 24-120mm f/4 S」になったわけですね。

ロードマップもかなり進み、ズームレンズでは残すところ「200-600mm」と「12-28mm」になりました。

今回は「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」の開発も発表されたので、次に出るレンズはこの望遠単焦点の可能性が高いですね。

個人的には「200-600mm」を待っています。あと「70-200mmF4」はロードマップにも載っていませんが、いつ発売されるのでしょうか・・・。

Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR Sのスペックについて

記事中の画像はニコンHPからの引用です。

Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR Sの重さ大きさについて

Nikon Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S、キヤノン RF100-400mm F5.6-8 IS USM、ソニー FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS、SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary(Eマウント)を比較してみたいと思います。

Z 100-400 RF 100-400 E 100-400 SIGMA 100-400
重さ 約1355g 約635g 約1395g 約1160g
大きさ
(三脚座なし)
約98mm(最大径)×222mm 約79.5mm(最大径)×164.7mm 約93.9mm(最大径)× 205mm 約86.4mm(最大径)× 182.3mm
77mm 67mm 77mm 67mm

重さを比較してみるとキヤノン RFマウントの100-400mmがダントツで軽いですね。ただ、F値が異なり、キヤノン(F5.6-8)はニコン(f4.5-5.6)とソニー(f4.5-5.6)に比べ約1段暗いです。その分、軽量化されている。ただ、シャッター速度やボケの観点から、1段の違いは大きいですね・・・。

SIGMA 100-400mmもやや軽量ですが、これもやや暗いです(F5-6.3)。

ニコンとソニーはほぼ同じ大きさ重さと言えるでしょう。やはり望遠レンズは多少重くても、明るい方が絶対に良いと思っています。特に動物などを撮影する場合は。

Nikon Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR Sはスペック的に考えて、重さ1355gというのは十分軽量に作られているなと思います。

デザイン的にもカッコいい。

三脚座がアルカスイスだと最高だったのですが・・・。

Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR Sの描写性能について

こればかりは使ってみないと分かりませんが、MTF曲線はこのような感じになっています。

曲線が上辺に近い位置にあり、かなり描写性能は良さそうです。さすがS-Lineレンズ、期待できます。

 

レンズ構成は20群25枚(EDレンズ6枚、スーパーEDレンズ2枚)です。

EDレンズはED(特殊低分散)ガラスを使用したレンズです。ざっくり言うと、光がバラけにくいガラスでできたレンズ。これにより色にじみを抑える効果があります。

上図のような感じですね。ピント面前後の色にじみが抑えられるので、クリアで解像力のある描写を得ることができる。

スーパーEDレンズは、EDレンズの効果をもっとすごくしたレンズです(ざっくり)。

Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR Sには、こうした特殊なレンズが合計で8枚も使われています。ちなみに、マルチフォーカス方式を採用しているので、より高精度なAFにより高い解像性能を引き出します。

 

次に、望遠レンズは逆光耐性も非常に大切です。特に望遠レンズはフレアが盛大に出ると使い物になりません。その点では、このレンズは「ナノクリスタルコート」と「アルネオコート」を両方採用しています。

ナノクリスタコートは斜入光、アルネオコートは垂直に入射する光に強い効果があるようですね。

もともとZレンズは全般的に逆光耐性が強いので、このレンズも心配はいらないでしょう。

Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR Sのその他性能

最短撮影距離を確認しましょう。

Nikon Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S、キヤノン RF100-400mm F5.6-8 IS USM、ソニー FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS、SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary(Eマウント)を比較してみたいと思います。

Z 100-400 RF 100-400 E 100-400 SIGMA 100-400
最短撮影距離 0.75m(焦点距離100mm)
0.8m(焦点距離200mm)
0.98m(焦点距離400mm)
0.88m(200mm時) 0.98m 1.6m
最大撮影倍率 0.38倍 0.41倍 0.35倍 1:3.8

この中ではニコンが最短撮影距離が最も短い感じでしょうか。他社よりも10cm以上寄れるようです。最大撮影倍率も大きいので、花などをマクロっぽく撮影することも十分可能。

手ぶれ補正については補正効果5.5段です。NIKKORレンズ史上最高らしい。

そして、ズーミングしてもレンズの重心位置をほぼ一定に保つ、ニコン初の「重心移動レス機構」を搭載しています。これによりジンバル雲台に取り付けた場合でも、ズーミングによる重心移動が低減され、格段に撮影しやすくなる。これ地味に嬉しいですね。

あと、ズームリングの回転角はクラス最小の80度となっているようです。

広角端⇔望遠端のズーム操作が楽ちんです。私はNikon 200-500mmF5.6を使っていますが、広角端⇔望遠端ではズームリングをかなり回す必要があり、結構不便に感じていました。なので、この仕様は嬉しいですね。

もちろん、鏡筒は防塵・防滴仕様で、レンズ最前面にはフッ素コートを施しています。ニコンの堅牢性は信頼できる。

Z 24-120mm f/4 Sのスペックについて

記事中の画像はニコンHPからの引用です。

Z 24-120mm f/4 Sの重さ大きさについて

Nikon Z 24-120mm f/4 S、キヤノン RF24-105mm F4 L IS USM、ソニー FE 24-105mm F4 G OSS、SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Art (Eマウント)を比較してみたいと思います。

Z 24-120 RF 24-105 E 24-105 SIGMA 24-105
重さ 約630g 約700g 約663g 約885g
大きさ 約84mm(最大径)×118mm 約83.55mm(最大径)×107.3mm 約83.4mm(最大径)× 113.3mm 約88.6mm(最大径)× 109.4mm
77mm 77mm 77mm 82mm

Nikon Z 24-120mm f/4 Sはテレ端が最も長いにも関わらず最軽量です。これはすごいですね。マウントをアルミ合金製にすることで軽量化しているとか(一般的には真鍮製が多い)。

ちなみに、Fマウントの24-120mmF4は710gなので、これと比較してもかなり軽量化されていますね。登山などのアウトドアにもってこいです。

Z 24-120mm f/4 Sの描写性能について

MTF曲線はこのような感じになっています。

どうでしょうか!?テレ端のMTF曲線がちょっと気になる感じですが、実際のところは使ってみないと分かりません・・・。

ちなみに、Fマウントの24-120mmF4のMTF曲線はこのような感じです。

これと比較すると、Zマウントの方がずっと良さそうではあります。

 

レンズ構成は13群16枚(EDレンズ3枚、ED非球面レンズ1枚、非球面レンズ3枚)です。

EDレンズに加え、非球面レンズが合計4枚使われています。非球面レンズは主に単色収差というものを抑制するのに使われます。

通常のレンズだと、レンズ形状により光がバラけてしまうことがあります。これにより甘い解像感に欠けた描写になってしまう。一方で、非球面レンズは光がバラけにくいので、キレのある描写を得られる。

ちなみに、マルチフォーカス方式を採用しているので、より高精度なAFにより高い解像性能を引き出します。

 

そして、このレンズは「ナノクリスタルコート」と「アルネオコート」を両方採用しています。さすがS-Lineレンズだけありますね。逆光耐性には心配いらないでしょう。

Z 24-120mm f/4 Sのその他性能

最短撮影距離を確認しましょう。

Nikon Z 24-120mm f/4 S、キヤノン RF24-105mm F4 L IS USM、ソニー FE 24-105mm F4 G OSS、SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Art (Eマウント)を比較してみたいと思います。

Z 24-120 RF 24-105 E 24-105 SIGMA 24-105
最短撮影距離 0.35m 0.45m 0.38m 0.45m
最大撮影倍率 0.39倍 0.24倍 0.31倍 1:4.6

この中ではニコンが最短撮影距離が最も短いですね。最大撮影倍率も1番大きいです。これだけのスペックならクローズアップ撮影も楽しめるかと思います。

あと、手ぶれ補正は搭載されていないようです。

鏡筒は防塵・防滴仕様で、レンズ最前面にはフッ素コートを施しています。ニコンの堅牢性は信頼できる。

デザインは初期のZレンズに比べ、かなりかっこ良くなっていますね。なんか洗練された感じです。

 

スポンサーリンク

まとめ

2本とも良いレンズですね。

ツイッターを見ていると買っている方が多い印象です。


  1. LaBatt より:

    14-30,24-120,100-400がひと昔風にいう小三元ってことでしょうか。まあ一つ高いのがありますが・・・。

    私は山レンズとして24‐200を考えていて、その選択もありとは思いますが店頭で触ってみてどうしても撮影最短距離が気になります。その点、24-120は大丈夫でしょうしF値も良いです。もちろん120mmまでという点がマイナスなのですが。

    100-400は比較検討として70-200F2.8+テレコンってとこがありますね。ここはF2.8が必要かってとこでしょうか。私としては今のところは70‐200F2.8派でしょうか。まあ今はFL+FTZでして、FLはいいレンズだけどやはり逆光ではZマウントよりゴーストが出やすいですね。

    • ワイズカメラ より:

      LaBattさん

      100-400は手が出ません・・・

      24‐200はいいですよね。ただ、手放している人が多い印象なので、描写がどうなのか気になるところです。

      望遠はまだ選択肢が少ないですね。レテコンってこんなに高かった!?ってなってます笑
      個人的には600mmくらい欲しいので、100-400mmに1.4か200-600mmか・・・

      • tatsumo より:

        24-200mm、愛用しています。1年以上使っていますが結構写りは良いように思います。あくまでZ6で使っての感想ですけどね。
        ただ、個人的な感想として120mm~200mmの望遠部分って案外使わないので24-120mmは必要十分なのかもしれませんね。本当に望遠が必要なときって500mm近くまで欲しくなるんですよね~、分かります。

        • ワイズカメラ より:

          tatsumoさん

          そうなんですよね、500mmは欲しいので100-400mmは個人的にちょっと惜しい感じです。キヤノンのように100-500mmなら良かったのですが笑
          レテコンも使い勝手悪そうなので、やはり200-600が欲しですね。

  2. mickey より:

    今年の春頃にはZ 24-105mm F2.8-4 VRがウワサされていましたが
    F2.8を捨てて、24-120mmにした意義は大きいと思います。
    私は普段、24-70mm F2.8を持って撮影に出掛けますが、24-120mmが
    あれば、かゆいところに手が届くので必ず持ち出すと思われます。

    • ワイズカメラ より:

      mickeyさん

      ニコン、英断です。24mmでF2.8はそれほど使い道もないですしね・・・。
      このレンズは売れそうです!

  3. VrMr より:

    ワイズカメラさん
    Z 24-120㎜F4は本当に期待できますね!接写も得意としておりますから、高山などでも帯同率は高まりますね。イベントでも重宝しそうです。デザインもZの第二世代レンズでちょっと見栄えがしますね。VRをという人がおられますが、マウント径の大きさも有利にはたらいているためかZのボディ手ぶれ補正はカタログ値よりかなり良いと実感しますので無しでも良いと社内で判断されたのでしょう。

    • ワイズカメラ より:

      VrMrさん

      Z 24-120㎜F4は良いレンズですね!デザインの改良などについても、ユーザーの不満を良く拾い上げていると思います。
      Zのボディ手ぶれ補正はカタログ値よりかなり良いというのは、確かに感じます。いかにもNikonらしい物作りで好感しかないです!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

現像を極める書籍「デジタル写真の色を極める!」を読んでの感想。読んでよかった!

読了時間3分 前に、RAW現像してますか?何となく現像していませんか?現像を極める書籍買いました。という記事を書いたのですが、書籍を読み終えたので感想を書いてみたいと思います。 とりあえず読んでよかっ …

失敗しない一眼レフカメラの三脚の選び方!4つの三脚選びで押さえるべきポイント。

一眼レフカメラの三脚の選び方について、最低限押さえるべきポイントについてまとめました。 というのも、私は三脚の購入で何度も失敗をしてきたからです。私のように三脚を買ったはいいけど数回しか使わずに、新し …

レンズがまた故障。修理に出して帰ってきた!

ちょっと前にレンズが不調になりカスタマーサポートに修理に出しました。 以前にも、別なレンズですが故障して修理に出したことがあります。なので、修理に出すのはこれで2回目です。 今回問題のレンズはこれです …

写真集「National Geographic Greatest Landscapes」を購入した!あれこれ感じて凄く参考になる!

「National Geographic Greatest Landscapes」というナショナルジオグラフィック出版の写真集を購入しました。 ずっと前からAmazonの欲しいものリストに入れっぱなし …

NikonのAPS-C機,D7100,D5300,D3300の違いを比較検証!!

Nikon(ニコン)のAPS-C機,D7100,D5300,D3300の違いを比較検証!!

なにかと迷うNikonの機種。いやー迷いますよね・・・。 ということでD7100,D5300,D3300の比較検証をしてみました!!D5300、D3300はエントリー機Dで7100はミドルクラス機なの …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。