カメラボディ 機材

Nikon D780とD750との違い。D780の特徴をまとめる。

投稿日:2020年1月7日 更新日:

2020年1月24日のD750の後継機であるNikon D780が発売。

D750は2014年9月25日の発売なので、実に5年3ヶ月ぶりのリニューアルとなります。

果たして、D780はD750と比較してどのような違いがあるのか、D780の特徴をまとめてみたいと思います。

D780のボディについて

D780 D750
重さ
(バッテリー、SDカードを含む)
約840g 約840g
寸法 約143.5×115.5×76mm 約140.5×113×78mm
ファインダー ペンタプリズム
視野率100%・約0.7倍
ペンタプリズム
視野率100%・約0.7倍
モニター チルト式3.2型(約236万ドット)
タッチパネル対応
チルト式3.2型(約122.9万ドット)
バッテリーライフ 約2260コマ 約1230コマ

D780、D750ともに約840gで同じ重さ、また共に上面カバーと背面カバーにマグネシウム合金を用いたモノコック構造を採用しています。寸法はD780が幅3mm、高さ2.5mm、厚み2mmと、ほどわずかに小さくなっている。ほぼ同じ大きさと言えるでしょう。当然、防塵防滴でダブルスロット。

ただし、D780は内蔵フラッシュが省略されており、その分上部がシュッとしています。

ファインダーは同じですが、モニターはD780の方が高繊細化されている。ピントチェックなどの時に有利ですね。また、D780はタッチパネル採用で、直感的な操作ができるようになっています。

それから、D780ではバッテリーライフが向上している。約2260コマはかなり多いですね。

ボタンはこのような感じ。

ほぼ同じような操作系と言えるでしょう。

D780のセンサーについて

D780 D750
画素数 2450万画素 2432万画素
画像処理エンジン EXPEED 6 EXPEED 4
ISO感度 ISO 100~51200 ISO 100~12800

D780は有効画素数2450万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載しています。裏面照射型は通常のセンサーよりも高感度に強いと言われているようですね。そのためか、常用感度はISO 100~51200と高くなっています。ちなみに、D750は通常のセンサーです。

Z 6も2450万画素なので、D780のセンサーはZ 6と同じかもしれませんね。

また、画像処理エンジンはEXPEED 6で、D750よりも2世代新しくなっています。これにより画像のノイズの少なさやホワイトバランスの精度などに違いが生まれる。

D780のAF性能について

D780 D750
AFポイント
(ファインダー使用)
51点 51点
検出範囲 ファインダー撮影時:3~+19EV
ライブビュー撮影時:-5~+19EV、ローライトAF時-7~+19EV
ファインダー撮影時:3~+19EV

まず、ファインダー使用時において、AF測距点は51点で同じです。

しかし、D780はD5同等のAFアルゴリズムを採用しているので、D750よりは進化しているようです。ちなみに、D750もD4ゆずりのAFシステムと言われていましたね。

大きく違うのが、ライブビュー撮影時のAF。これまでD750を含めニコン一眼レフでは、ライブビュー撮影時はコントラストAFが採用され、もっさりと動作が遅かったです。

しかしながら、D780のライブビューでは像面位相差AFとコントラストAFを自動的に切り換えるハイブリッドAFが採用されています。なので、従来のニコン一眼レフよりもずっと速いAFです。しかも、90%の広範囲を273点AFポイントで高密度にカバーしている。ちなみに、これはZ 6と同じAFシステムです。爆速と言うわけではありませんが、そこそこの速さです。

さらに、ライブビュー撮影ではローライトAF使用で、-7EVに対応可能です。暗所にも強い。また、ライブビューのオートエリアAF時には、人物の瞳を検出して瞳にピントを合わせやすくする「瞳AF」にも対応しています。

ポートレート撮影時には良い機能です。D750は対応していません。

ライブビュー撮影が強化されて、キヤノンの一眼レフっぽいですね。

D780のシャッター・連写性能などについて

D780 D750
連写速度 ファインダー撮影時:約7コマ/秒
ライブビュー撮影時:12コマ/秒
ファインダー撮影時:約6.5コマ/秒
連続撮影可能コマ数:
RAW
(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)
68コマ 15コマ
シャッター速度 1/8000秒~900秒 1/4000秒~30秒

ファインダー使用時の連写性能についてはD780とD750では、わずかにD780が速いものの、ほとんど変わりません。

しかし、D780はライブビュー撮影時に12コマ/秒のサイレント連写が可能です(AF/AE追従)。12コマ/秒は速い。

また、D780は連続連続撮影可能コマ数も増えているようで、バッファーが強化されています。さらに、800万画素の静止画(JPEG画像)を最速約30コマ/秒で、AF/AE追従にて撮影できます。これは他社でいう4Kフォトみたいな機能かと。

ちなみに、D780は新搭載ミラーバランサーを採用しているので、ミラーショックも小さそうですね。D750はミラーがバサバサ大げさに振動しました。

それから、D780は1/8000秒のシャッターに対応し、マニュアル撮影時にSS900秒(15分)にも対応します。これは星やNDフィルターを使った撮影で非常に便利ですね。レリーズ要らずになります。

D780の動画撮影

D780 D750
動画 3840×2160(4K UHD):30p/25p/24p
1920×1080:120p・・・24p
1920×1080:60p・・・24p

D780は4K動画に対応可能です(29分59秒)。D750はフルHDまででした。

ちなみに、10 bitでのHDMI出力時には、HDR放送などで使われているHLG方式の撮影に対応した4K UHDのHDR(HLG)動画出力が可能です。また、10bit N-Log使用可能。

D780のその他機能

フォーカスシフト撮影

D780は自動でピント位置を変えながら連続撮影するフォーカスシフト撮が使えます。

被写界深度合成などの時に重宝する。風景写真や、ブツ撮りなどで、全体をボカしたくない時に有効です。

Bluetooth®対応

D780はBluetooth®に対応しています。D750は未対応。

SnapBridgeでスマホなどに画像を楽々転送できます。

 

スポンサーリンク

まとめ

ついにD780が出ましたね。D750もオールラウンドな名機でしたが、D780はさらにブラッシュアップされています。

一眼レフカメラが欲しいのなら良い機種となるでしょう。


  1. Labatt より:

    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

    D780・・・第1印象としてはZ6のレフ機版という印象です。Z6より優れている点としては1/8000と900秒設定ですね。1/8000はいらないですが、900秒は良いなと思います。

    問題は描写能力ですよね。Z6と明確な差があってもなくてもどちらかの機種(というかマウント)の評価に傷がつくような気がします。D780のライバル・比較対象がZ6になるのは不都合じゃないかなという気はします。Zシステムは時期尚早という人も少なからずいるようですからそういう人には正当な進化版としては受け入れられるとは思います。

    • ワイズカメラ より:

      Labattさん

      あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします:)

      900秒は正直羨ましいです笑
      なぜZ6で搭載していないのか・・・。

      おっしゃる通りで、まだミラーレス化の予定のないFマウントユーザーに配慮したようなカメラですね。
      どっちかに注力した方が良い気もしますが。

  2. mickey より:

    今年もよろしくお願いいたします。
    CANONもフラッグシップの1DX Mark Ⅲを発売するようで
    やはり、EVFじゃなくOVFでなきゃダメだとする人が
    多数いるのでしょうね。

    一方海外に目を向けると撮影スタイルは、8k動画から静止画を切り出すように
    変化し、撮影技術より感性が重要になる時代となりそうですね。

    • ワイズカメラ より:

      mickeyさん

      あけましておめでとうございます:)
      今年もよろしくお願いします!

      やはりまだそういった人がかなり多いのですね。
      今後、ニコンやキヤノンのミラーレス化の重しになりそうですが・・・。

      そうなるとパナソニックなども大いにチャンスがありそうですね!
      本当に数年後どうなっているのか分からない世界です。

  3. グイイイイイ より:

    バッテリーライフはフラッシュがなくなったため、CIPA規格の必ずフラッシュ発光する、という手順を踏む必要がなくなった結果増えただけ、という噂もありますが。。。増えてることを期待します。
    4KとローライトにISO、900秒にライブビューAFだけでD750から買い替える価値ありそうですね。後はお値段だな。。。Z6のほうが安くなる気がします。

    しかしこれだけ変わっておいて重量全く同じってのはすごいですね。あと機種名表示がプリントになったのはランク(?)が上がったということなのかな???

    • ワイズカメラ より:

      グイイイイイさん

      個人的には特に900秒がいいなと思います。
      Fマウントから移行したくない人には魅力的なカメラですね。
      ちょっと使ってみたいです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Nikon(ニコン)D7500が登場!D7500、D500、D7200と比較してみる!

2017年4月12日にNikon(ニコン)D7500が発表になりました。 発売は2017年6月予定とのこと。 D7200の次はD7500でしたね。 それで、D7500がどんな一眼レフカメラとなったのか …

NDフィルターの運用方法!可変式NDフィルター、固定式NDフィルター、角型NDフィルター、ステップアップリングについて。

風景写真を撮っていると欲しくなるのがNDフィルターです。これがあれば長秒撮影が可能となり、肉眼とは一味違った光景を表現することが出来るようになります。 ただ、私は風景を撮りだして4、5年になりますが、 …

コスパの良いおすすめ雲台!SIRUI(シルイ)の自由雲台K-30Xを購入!

SIRUI(シルイ)の自由雲台K-30Xを購入しました。1年ほど前から同じSIRUI(シルイ)の自由雲台K-10Xを使用していますが追加です。 SIRUI(シルイ)は中華メーカーですが、驚くほどの性能 …

はてな

風景や星景の撮影で使える広角域のDXレンズに悩む《レンズ購入参考》。Haletaさんへ。

いきなりですが星の動きって面白いですよね。 春先は深夜になってようやく立ち上がる天の川も、夏には日が沈んだ直後でもすでに垂直に近いです。 そして、これからの季節では天の川の濃い部分は持ち上がらず地平に …

ニコンのミラーレス機にあったら良いなと思う機能を妄想してみる!

8月23日に発表されるらしいニコンのミラーレス機。 すでにティーザー動画が幾つか公開されたりリーク画像が出回っているので、おぼろげながらもカメラの様子が分かってきましたね。 名称は「Nikon Z6」 …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山をこよなく愛す男。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。