撮影日記

大津海岸でジュエリーを撮影してきた!光り輝く海の宝石。

投稿日:2020年1月10日 更新日:

大津海岸でジュエリーを撮影してきました。

昨シーズンは行かなかったので、2年ぶりの大津海岸です。

この日は珍しいジュエリーを撮影することができました。

大津海岸でジュエリーを撮影してきた

撮影日は1月6日の夕方。

久しぶりの大津海岸は雪が全く無く、本当に真冬かという感じでした。

このような感じ。

と言うか、十勝地方全体に雪がありません。そのためかこの日は砂嵐が凄かったです。上の写真でも砂埃が確認できますね。

それで肝心のジュエリーアイスですが、私が行った日は全くありませんでした。川まで行けば、川の氷が川岸に打ち上げられ、わずかな範囲だけジュエリーアイスっぽくはなっていました。

写真では綺麗に見えますが、結構砂が被っていましたね。川の氷が海に流出し、洗われて海岸に打ち寄せられるのがジュエリーアイスなので、細かいことを言えば、これはジュエリーアイスではないかもしれませんね。

遥々、大津海岸まで来たのに空振りかと思ったのですが、とある場所でやたら海鳥が騒いでいるので、そこへ行って見ると、なんとクラゲが大量に漂着していました。

こんな光景初めて見ました。無数のクラゲが波に運ばれ次々と・・・。

と言うことで、ジュエリーアイスは諦めクラゲの撮影に。

ころっとしてオレンジ色が特徴的です。これはキタミズクラゲという種類らしいですね。

東北沿岸から北海道太平洋沿岸、日本海北部、オホーツク海、ベーリング海まで出現が確認されているクラゲで、大きさは大型のもので25cmにも達する大型の部類に入るクラゲらしい。

時に大量発生し定置網などに大きな被害を与えるそうです。ここに打ち上がっているのもで20cm以上の個体もありました。

機材はZ6にZ14-30mmF4、設定は14mm、F16、ISO50、SS0.4秒。KANIのハーフND8ソフトを使用しています。

これもキタミズクラゲ。構図的に上手く撮れたなと思っています。海からきた侵略者的な。

機材はZ6にZ14-30mmF4、設定は14mm、F11、ISO50、SS0.5秒。KANIのハーフND8ソフトを使用しています。こういった撮影では、シャッター速度1秒から1/2秒くらいが好みです。

真っ赤な目玉のようなクラゲも。非常に奇抜で印象的です。これはキタユウレイクラゲというらしい。

キタユウレイクラゲは北緯42度以北に棲むクラゲです。ちょうど襟裳岬あたりが北緯42度なので北海道は生息域に入ります。

クラゲの中では最大種で重さ250kg以上にもなるようです。これまで見つかった最大の個体は傘直径2.3m、触手の先端まで37m。めちゃくちゃデカイ。写真に写っているのは4,50cmくらいで、これでも大きいと思いましたが、まだまだ子供のようですね。

機材はZ6にZ14-30mmF4、設定は14mm、F11、ISO50、SS0.5秒。KANIのハーフND8ソフトを使用しています。

日が沈んでくると、より幻想的です。夕日の残光を透過し、宝石のようです。ジュエリーアイスにも負けないくらい。

機材はZ6にZ14-30mmF4、設定は14mm、F11、ISO200、SS1秒。KANIのハーフND8ソフトを使用しています。

波がさらっていきます。打ち上がったクラゲは生きているのか、死んでいるのか。なぜ大量に打ち上がったのかは謎です。

機材はZ6にZ14-30mmF4、設定は14mm、F11、ISO160、SS1.6秒。KANIのハーフND8ソフトを使用しています。

 

ちなみに、翌朝にちゃんと氷も撮影しました。

強風により押され、川の氷が岸に打ち上がり、山になっていました。よく見るとアイスバブルができています。これがチーズのようなアイスバブルになるのですね。

機材はZ6にサムヤンXP14mmF2.4、設定は14mm、F11、ISO100、SS1/30秒。3枚を被写界深度合成しています。

サムヤンXP14mmF2.4は単焦点だけあり結構キレの良い描写です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ジュエリーアイスは撮れませんでしたが、珍しいジュエリーを撮れて満足です。

こういった写真は狙っても撮れないので本当にラッキー。


  1. Labatt より:

    クラゲの風景写真は珍しいですね。ジュエリーアイスならぬジュエリーフィッシュを撮ってきたんですね・・・ってクラゲはJelly Fishでしたか。JewerlyでもJellyでもイメージはそんなに変わらない気はしますがFishはないだろうという気はします。あれは魚じゃないでしょう・・・。

    しかし北海道でも雪がないのではお手上げですね。私は今週、Mont-Bellのストリームパーカという雪山アウターを買ってきたのですが山ですら雪がないので今更ながら使い道がなくて後悔しています(笑)街に着て行ってストリートパーカにしましょうか・・。

    最後の写真良いですね。サムヤンXP14mmはかなり寄れるレンズのようですね。Zの14-30やシグマとの比較はどうでしょうか。

    • ワイズカメラ より:

      Labattさん

      ラッキーなのかアンラッキーなのか・・・。
      絶対フィッシュではないですね笑

      やはり全国で雪不足なのですね。樹氷も崩れたとか。

      サムヤン14mmは良い感じですよ。これから詳細に比較レビューしたいと思います:)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

美幌峠で日の出を撮影!シュカブラとアイスバブルはハズレ!流氷も未だ来ぬ!

屈斜路湖で白鳥を撮影したついでに、冬らしいものを撮影したくてシュカブラとアイスバブルを撮影しに行きました! 参考:屈斜路湖砂湯で白鳥を撮影!夕日のリフレクションと白鳥は美しい! でも、寒さが足りなかっ …

三国峠で新緑を撮影してきた!美しい景色を堪能してきました!

三国峠は標高1139m。北海道で一番標高の高い峠です。 標高が高いので冷え込むこと多々あり1週間ほど前にも積雪があったくらいです。故にまだ新緑を楽しめます。 本当は雲海狙いだったのですが残念ながら見ら …

屈斜路湖砂湯で白鳥を撮影!夕日のリフレクションと白鳥は美しい!

過去に何度か撮影に行っている屈斜路湖砂湯の白鳥ですが、夕日と一緒に撮影したくて再度行ってきました! 参考:屈斜路湖の砂湯で白鳥を撮影!優雅に羽ばたく!新型大三元レンズの爆速AFの恩恵を実感! 夕日のリ …

阿寒湖でフロストフラワーを撮影してきた。氷点下19度で咲く花。

先日ついに阿寒湖も結氷しました。去年よりもちょっとだけ早かったですね。 ただ、薄氷が貼った直後に降雪したので、アイスバブルは見られませんでした。残念。 それでも湖の淵ではまだ凍結していない部分があり、 …

9・6北海道大地震・大停電の夜に撮った1枚の記録。

9月6日朝、寝起きのぼんやりとした目でスマホを見ると北海道で大地震のニュース速報。そこで深夜に大きな地震があったことを初めて知りました。 ただ、正直な所その時は非常事態に陥った実感はありませんでした。 …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。