現像・レタッチ 雑談

Lightroom5の無償体験しました!でも、どこまで画像処理していいのか・・・。

投稿日:2015年1月6日 更新日:

読了時間8分

Lightroom 5

「Adobe Lightroom 5」と言えばRAW現像に使ったりする有名ソフトですね。

RAW現像というのはRAW画像で保存した画像データをJPEG画像に変換することです。詳しくは、JPEG?RAWって何?知ってドヤ顔。一眼レフカメラの写真記録方法。 を参考に。

私は、現像が苦手です。なんかソフトの使い方よくわからないし、どこをどうすればいいのかも分からないからです。

しかし、「Lightroom 5」は操作が分かり易いうえに、「Learn Lightroom 5」というサイトで、動画により丁寧な解説があり、すぐに体系的な知識が身に付きます。また、利用者が多いのでブログとかで使い方を解説しているのも簡単に見つかり助かります。

そして、「Lightroom 5」の効果はすごいです!びっくりです!でも、あまりのすごさに一つの疑問が生じました。

Adobe Photoshop Lightroom 5.0 日本語版 Windows/Macintosh版

効果がすごい

RAW現像に関しては、まだまだよく知らないので解説なんてできませんが。そんな私でも、簡単に写真を修正できます。

ゴミ取り。

「Lightroom 5」の30日間無償体験しました!
JPEG?RAWって何?知ってドヤ顔。一眼レフカメラの写真記録方法。

1枚目はゴミだらけですが、2枚目は大分綺麗かと思います。2枚目もまだゴミが残ってますが、丁寧に取れば完全に無くなりそうです。ゴミ取り超簡単にできます。

復元

あとは、光で白く潰れたり、陰で黒く潰れた部分も簡単に復元できます。

この写真(RAW現像後)の波部分。

「Lightroom 5」の30日間無償体験しました!

もともとの画像と比較して波を拡大。

「Lightroom 5」の30日間無償体験しました!

もともとは下側写真で、白く光り細部が失われ立体感がありませんでした。これを「ハイライト」とか「白レベル」などをいじるだけで、細部が復活し立体感がでます。

これが画像処理の正しい方法かは不明ですが、こんな感じで写真を簡単に変えていけるんですね。

ここで、一つ疑問が生じました。果たして、どこまで画像処理していいのか・・・。

疑問

このような高機能ソフトを使った画像処理の効果は凄まじく、例えば、石や電線、そして人でさえ消して無かったことにできます。

色温度をいじれば、昼間の写真を夕方みたいにもできます。また、「今日の夕日はすばらしい!!」と思って撮ったイイ写真と「普通な夕日だな」と思って撮ったイマイチな写真を同じレベルの写真にすることも、上手く画像処理すれば可能かと思います。

でも、そうすると写真の意味なくね??って思うのです。わざわざ苦労してイイ感じに撮らなくても、後で画像処理すればいいじゃんってなりますよね・・・。

調べてみると、写真コンテストによっては画像処理を一切認めないもののあるようです。そういうことがあるのを知らなかったです。無知。

いろいろ考え方があるようなので書いてみたいと思います。ここからは、少し面倒臭い話になるので、興味ない方は無視してください笑

ちなみに、加工・レタッチ・補正・調整・処理・修正などなど、たくさん単語がある上に、人によって意味もあやふやなので、私は厳密に言葉を理解できていません。ここでは写真に何かを施すことを一括して、「画像処理」と言いたいと思います。

また、写真の種類によってもいろいろ違うと思うので、ここでは「風景写真」で考えます。

それぞれの考え方

こういった議論は盛んにされているようで、人の数だけ意見があるようです。しかし、ざっくり3つに分けられるように思います。

いくらでも画像処理オッケー

この立場の人は、写真を自らの感覚を表現する芸術作品と捉える傾向が強いようです。芸術表現は自由であるべきだから、自由に画像処理していいということですね。

まぁ、確かに写真は芸術に範囲に入ると思います。しかも、画像処理でしかできない表現もありますね。自らの美的感覚を表現するために、その場にはなかった強い色味をつけたり、コントラストを強くしたりと、割と好きに画像処理を試みるようです。

「心象写真」という考えもあります。例えば、寒かったからそれを表現するために青味を付け加えたとか、また桜の綺麗さに感動したから鮮やかさを加えたとか、心で感じたことを写真で現します。

私は「Instagram」をよく見たりしますが、創り込まれた芸術表現としての写真が多い気がします。

画像処理は極力しない

この考えの人が多いように思います。私もこれかな・・・。

自然の風景を綺麗だと思いシャッターを切ったのであれば、その場で見たままを表現すべき。なので、安易な画像処理は極力避けます。写真を自らの感覚を表現する芸術作品と位置付ける立場とは、一線を引いているようです。

画像処理を施す時は、写真に見たままの風景を復元する時のみです。例えば、ホコリを撮るとか、肉眼では青かった空が写真では白トビしているとか、暗く見えていたものが黒く潰れている場合に、画像処理で見たままの風景を取り戻します。

確かに、もし画像処理が積極的に認められるなら、写真撮影という行為そのものが、単なる画像処理のための素材集めになってしまうように感じます。なのでやはり、その場で見たそのものが優先されるべきだと思います。

中間

これは上2つの意見の中間です。微調整であればいいという立場です。

微調整というのは、自然界でありえる範囲での画像処理であれば、問題なしということです。例えば、朝日や夕日で赤色味を少し足すなど。

微調整という限られた範でのみ画像処理を認めている点で、「いくらでも画像処理オッケー派」とも「画像処理は極力しない派」ともちがいます。

いろいろありますね

RAW現像する前は、こんなこと考えもしなかったです。でも、自分の立場を決めると写真を撮る軸みたいなものができるように思います。

まとめ

いずれにせよ3者の共通することがあります。それは、

  • 自分の考えで撮影して楽しむ。
  • 見た人が「おっっ!!」と思う写真を撮る。

この2点です。これは間違いないでしょう。

私見

スポンサーリンク

私は、「画像処理は極力しない派」に立とうと思います。やっぱり、自然の風景に心が動いたのなら、その場での見たままを表現したいです。極度な画像処理は反則のような気がします。ゴミ取りや、見たままの復元のための画像処理はありです。

じゃ、フラッシュで雪を目立たせたり、シャッタースピードを遅くして流れるような表現をしたり、ハイキ―やローキーなどの露出操作、ゴーストの表現はどうなんだという話になりますね。確かにこれは、見たままではないです。

でも、これは一般的にテクニックとして認められているのでありだと思います。画像処理ではないです(都合いいですかね笑)。ただし、比較明合成は、風景写真ではなく作品ですね。

あなたはどうでしょうか??


  1. blue hour より:

    私は、人間が一切関わっていない、自然に起きる自然の芸術作品をそのまま切り取ったような写真を撮るのが好きです♪
    なので加工はしない派ですが、インスタグラムに投稿するときは加工しちゃうことが多いです☻

    あとは撮影時に実際に見てる色より、もう少し色が強調されるように撮ることは結構よくします。特に青と緑の時☻その方が好みの写真になるからです☻笑
    見たまんまの色合いで撮るのも好きですよ♪

    • 写真初心者 より:

      blue hourさん
      コメントありがとうございます。
      自然を芸術作品と捉えて、カメラでそのまま切り取る。素敵な考え方だと思います。

      私も自然そのまま写真にしたいと考えていますが、インスタグラムは加工が面白くていろいろ試してしまいます。

      色は鮮やかなほが綺麗ですよね。自分自身が一番納得する方法で撮影して楽しむのが一番ですね。

  2. mickey より:

    「画像処理は極力しない派」と言うことは、結婚した彼女が
    眼を一重から二重にしていたとか、鼻筋をすらっとした程度は
    許せる範囲と言うことですね?

    ちなみに私は、きれいなら何でも許せる派です。
    話がずれたかな?

    • カメラ初心者 より:

      mickeyさん

      なんとなくそんな感じだと思います笑

      私は最初は極力しないでおこうと思っていましたが、今やなんでも許せます:)

      ただ、レタッチをいろいろしてみると、レタッチの限界みたいなことも段々とわかって来ました。やはり、レタッチに極力頼らなくてもいいような写真を撮影するのが大切なんだなと思います。

  3. mickey より:

    流石!カメラ初心者さん
    すでに悟りを開いていますね。

    どんなにカメラが進歩しようと
    どんなに撮影技術が熟練しようと
    心をふるわせ感動を呼び起こす作品は
    機械や技術から生まれるのでは無く
    作者が自身の眼前にあるものを
    あるがままに受け入れる心に有るのかと
    思います。

    そんな作品を死ぬまでに撮りたいなと思っています。

    • カメラ初心者 より:

      mickeyさん

      私はまだまだです笑

      そうですね:)楽しく頑張っていきましょう!
      これからも宜しくお願いします:)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

トーンカーブとは。トーンカーブの基本形16パターンを覚えて役立てよう!

トーンカーブはレタッチの際に非常に使用頻度の高いツールの一つです。 これをいじるだけでかなりの範囲のことが可能となります。ただ、扱いが割と難しく、ややもすると画像に破綻を起こします。 ということで、今 …

ナショナルジオグラフィック「Your Shot」で「DAILY DOZEN」に初めて選ばれた!

2月14日、本日はバレンタインデーですね。 普段、私は学生に勉強を教えたりしているのですが、生徒から無事に!?チョコをもらえて嬉しい。 そして、今日は同じくらい嬉しいことがもう一つありました。 ナショ …

あけましておめでとうございます!Wise Cameraの2018年の目標!

あけましておめでとうございます:) 昨年もwise Cameraを見ていただき誠にありがとうございました。お陰様で充実したカメラライフを過ごすことができました。 そして、2018年はブログ4年目に突入 …

あけましておめでとうございます!12月(13ヶ月目)の振り返りと2016年の抱負!

あけましておめでとうございます!! 2015年も終わり2016年が始まりました。 皆さんはどんな元日を迎えましたでしょうか?初日の出は狙いましたか!? 私は年末に大変番忙しく、気づけば元日を迎えていま …

9月(22ヶ月目)のブログ振返り!Wise Camera、お前は今年の抱負を達成できるのか??

10月になりましたね。早い。 先ほど天気予報で「今週は峠で路面凍結も恐れも・・・」みたいなことを言っていて、もうそんな時期かと。 今年もあと3ヶ月。 それで年始に立てた今年の抱負。ちゃんと達成できるの …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。