現像・レタッチ

影映る雪面を自然に現像してみる!少しの工夫で楽に美しい雪面に現像!

投稿日:2017年1月28日 更新日:

最近現像についてばかりですが、勢いにあるうちに書きたいと思います:)

前回、前々回は手間が掛かりそうな現像でしたが、今回のは比較的シンプルだと思います。

また、撮影時にちょっと工夫しておくと現像が楽になることもあります!

影映る雪面を簡単に自然に現像

今回はこれです。

kanb20170112-_DSC1253 copy

雪面に映る木の影。冬の北海道であれば必ずと言ってもよい程撮影する写真ではないでしょうか!?

私も似たような写真を何枚も撮影しています。

そして、これの元画像はこれです。

2元画像

焦点距離14㎜、F16、SS1/250秒、ISO100、フィルター無しで撮影しています。カメラの設定は絞り優先モードで露出補正は無しです。

逆光で撮影するとどうしても雪面が暗くなってしまします。ただ、太陽は綺麗ですしゴーストも最小限。

現像では雪面と影を自然なように仕上げることが最大の課題です。

撮影時にもう1枚

2元画像

いきなりこの写真で自然な雪面に現像すると言っても中々難しいです。

色々と明るさ変え、ホワイトバランスも変え、何が正解なのか分からなくなります。

ということで、これが目安という1枚を撮影しておきます。

m20170112-_DSC1255 copy

露出を+1.7補正して撮影しました。有名な写真家の方がこうするといいよみたいなことを言っていましたね。空は白飛びしますが雪面は綺麗です。

現像ではこの雪面を目標とします。この写真と見比べて明るさと色を変えるだけなので割と楽です。目標があるだけで随分と違います。

基本補正

まずは、レンズ補正の「プロファイル補正を使用」「色収差を除去」にチェックを入れます。

そして、ざっくりと基本補正のスラーダーを動かします。

2017-01-28 0.19.33

今回は、露光量+0.30、コントラスト+15、彩度+10、です。

その結界、before、afterです。

殆ど変わらない様ですが、あとは部分補正に任せます。

次です。

傾き

41傾き前

カメラは水平にしているのですが、地平線が微妙に傾いて見えます。多分、地形的な問題ですかね・・・、カメラの水準器も精度は高くないです。

なので、地平線が水平になるように傾き補正します。

次です。

段階フィルター

段階フィルターは出番が多いですね。今回は3枚使います。

1枚目。マスクの境界は綺麗に処理します。

2017-01-28 15.40.26

ホワイトバランスは色温度−4とします。

そして、露光量を+1.10で明るくします。次に、コントラストを−36、シャドウ+40、黒レベル+28とし暗部を持ち上げます。さらに、ハイライト+30、明瞭度を+22です。

コントラストを下げて更に暗部を持ち上げているので、影は優しい感じになるのですが全体的にモヤっとします。なので、明瞭度を上げてパキっとした感じを補充しました。

もちろん、この作業は目標とする写真と見比べて行います。

フィルター2枚目。

2017-01-28 15.40.40

今回は段階フィルターの位置を変えて更に1枚。そして、明るくします。この時は手前側がより暗かったので。色かぶりも−2にします。

これも目標とする写真と見比べて微調整します(左が現像画像、右が目標)。

2017-01-28 15.38.25

Lrでは2枚の画像を並べて同じ位置を拡大できるので便利です。まだ、違うか!?・・・もっと目を養わないと難しいです。

それと、私はごにょごにょスラーダーを細かく動かしていますが、もっと単純に出来るかもしれませんね・・・。色々なパターンを試してみると良いかもしれません。

最後に3枚目。

2017-01-28 0.14.19

これは空に掛けて少し明るくします。

その結果、before、after。

目標とする写真の雪面と全く同じにとはなりませんが、ホワイトバランスをや明るさを変えて似た感じになるよう頑張ります。

もっと詰めれそうですが今回はこれくらいで止めます。

ただ、自然に見えれば良いというだけではなく、好みに応じて色や影の感じを変えても良でしょうね。写真なので。

次です。

スポット修正・仕上げ

dn20170112-_DSC1253_copy

ゴミとゴーストを取ります。

ゴーストもこれくらい小さいと楽に消せますね。

あとはシャープを施します。F16に絞っているので回折現象でやや甘くなっていると感じます。

 

完成です!

kanb20170112-_DSC1253 copy

before、afterで見てみます。

こんな感じの色と明るさでどうでしょうか!?・・・、今度は空の部分の正解が分からなくなりそうなのでこの辺で止めておきます。

一枚の画像単体では何が正解か分からなくなりますし、現像しているうちに目がおかしくなって正確な色が分からなくもなります。

そんな時は目標となる写真があれば現像がぐっと楽になります。

Photoshop Lightroom CC/6 プロフェッショナルの教科書 思い通りの写真に仕上げるRAW現像の技術

まとめ

スポンサーリンク

しばらくは雪の季節なので同じような写真を現像することがあるかと思います。

私もまだまだ足りないところがありますが、何か参考にして頂けることがあれば幸いです:)


  1. キッチョム より:

    こんばんは!
    またまた現像手法ご開示いただきまして有難うございます。
    お陰様で現像意欲ばかりか撮影意欲まであがります!

    昨夜は、長躯広島から徳島まで宇宙戦艦の襲来のようなシラスウナギ漁の撮影に行ってきました。
    新月、大潮と条件は比較的良かったのですが、出漁舟の数が少なく残念な結果に終わりました。(寒い中午前2時から5時前まで粘りましたが・・・)

    恐縮ですが、もし暇な時間が取れましたら以下2点について教えてください。
    1.ワイズカメラさんのカメラ、モニター、プリンターの色域設定はどの色域で統一されておられますか?sRGBですか?AdobeRGBですか?
    2.以前ご紹介頂いた「藻岩山の夜景」、私には紫色も含めて色がクリアーで美しく思えるのですが、機会があれば現像のやり方を教えてください。

    • ワイズカメラ より:

      キッチョムさん

      いつもありがとうございます!

      シラスウナギ漁ですか!インスタグラムで見たことがありますが幻想的で綺麗ですよね:)
      深夜の撮影お疲れまさです。肝心の船が少なかったのですね・・・。

      ご質問ありがとうございます!
      1、ですが、Mac Proを使用しAdobeRGBに設定しております。しっかりとキャリブレーション等はできていませんが・・・。あとは、ガンマ2.2、輝度100~120cd(カンデラ)、白色点6500Kにしています。
      2、ありがとうございます、夜景等の現像はまだまだ経験が浅くしっかりとした記事にできるかわかりませんが、上手くいけばそちらも書いてみたいと思います!

      また、今後ともよろしくお願い致します!

  2. mickey より:

    Lightroomで一番難しいのは、白を白く表現することだと
    思っています。それにより透明感が出るような、感じになるかと

    Lrだけではダメなのかな?

    • ワイズカメラ より:

      mickeyさん

      コメントありがとうございます:)

      白を白くは本当に難しいです!
      Psのレベル補正を使えばもっと精度よく出来るかもしれません・・・。
      雪面も本当に真っ白であればLrでスポイトを使い、白い部分をクリックすれば良いだけなのですが、雪面は完全な純白ではないので余計難しいです。

      最近はハイライトを上げるとヌケが良く見え透明感が出ると感じています。たぶんハイライトは大切だと思います:)

  3. oto より:

    いつも楽しみに読ませていただいております。

    さて雪の白の表現方法なんですがLrだったら難しいですね〜〜
    目がチカチカしてきてわけわからなくなりますよね。

    ご存知かもしれませんが

    私がやっているPSで雪を白くする一番簡単な方法を書いときます。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    Lrから「他のツールで編集」でPsに移動して

    雪だけマスクします。

    そして

    「特定色域の選択」を選び「カラー」を「白色系」にして

    ブラックをマイナスにスライダーを動かしていくと白に近くなります。

    さらに気になるシアンやマゼンタ等があればチョコチョコと調整します。

    ※さらに追い込みたいときは「中間色系」で調整してください!!!

    またLRにもどって現像してください。

    以上!!!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    参考になったら幸いです。

    • ワイズカメラ より:

      otoさん

      コメントありがとうございます!

      これすごいですね!ありがとうございます:)
      Psではトーンカーブで色被りを取っていましたが、この方法の方が簡単なのでこれから使ってみたいと思います。ありがとうございます!

      • Oto より:

        喜んでもらえてよかったです。

        相当時間短縮できるかと思います〜〜

        とある有名写真家から言わせれば邪道だとか言われるかもしれませんが….

        これからも楽しみにしております〜〜

        • ワイズカメラ より:

          Otoさん

          わざわざありがとうございます:)

          使えるものは使った方がいいですよね笑

          ありがとうございます!
          今後ともよろしくお願いします:)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

トリミングと傾き・歪み補正で写真の不安定感を改善!無駄な空間と傾きには敏感になろう!

見ていてすっきりする写真って良いですねよ。構図に安定感があって気持ちいいです。 そのためには不要な空間や傾き・歪みを取り除くことが重要ポイントの一つです。もちろん、逆にそれらを写真表現に使う方法もあり …

長時間撮影(露光)での余計なブレを抑えたい!Psで合成してブレを簡単除去する方法!

これからの季節、NDフィルターを使用して滝や渓流などで長時間撮影(露光)する機会も増えるのではないでしょうか。 私も好きでよく長時間撮影(露光)しますが困るのがブレです。 今回はPsで合成することで簡 …

「色の関係性」を知り空や草木を鮮やかにする!Psの「特定色域の選択」を使ってみよう!

これから空の青や木々の緑を撮影する機会も増えてきますが、色を自然に鮮やかにするというのは中々難しいですよね。特に空は色が濁りやすいです。 ただ、そもそも空って何色で出来ているのか掘下げて考えてみたこと …

外付けSSDにLightroomのカタログを保存して便利に使う方法を考える。カタログの一部を持ち歩く!

Lightroom Classic(以下 Lightroom)のカタログは時間が経つとデータ容量が大きくなります。 それで置き場所に困っている方も少なからずいらっしゃるでしょう。今回は外付けSSDにL …

天の川の現像方法①!色を補正して天の川を強調する!光害の色被り除去!

今年から始めた星景写真。 約4か月前から新月期に天の川をしばしば撮り歩き、すっかり北海道の星空に魅了されてしまいました。 生々しい夜空。 「思わず声が出る」ってよく言いますけど本当に声が出ました。 お …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。