レンズ 機材

レビュー!Nikon(ニコン)広角ズームレンズ16-35mm f/4G ED VRの実写レビュー!

投稿日:2015年10月4日 更新日:

広角ズームレンズ16ー35㎜F4を使ってみての感想やレビューを書いてみたいと思います!

DSC_6097

レビュー記事を書くとそのレンズの特性を知れるので自分にとっても糧になります。

Nikon 超広角ズームレンズ AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR フルサイズ対応

広角ズームレンズ16ー35㎜F4のレビュー

一つ一つ細かく見てみたいと思います!

大きさ

FullSizeRender-7

D750に装着するとこんな感じです。

大きさは約82.5㎜(最大径)×125㎜で重さ約680gです。フィルター径は77㎜です。思ったより長く感じます。D750が約840gなので合わせると約1520gとなります。今まで私はD7200を使用していましたが、それと比べてもやはり重く感じます。

ただ、このレンズはフルサイズ対応レンズとしては決して重くはないです。でも、特に軽い訳でもないので、標準的な重さかなと思います。14-24mm F2.8が約970gなのでそれに比べればマシです!

慣れれば大したことないかと思います:)

解像力

このレンズを使って思ったことが、近景はもとより遠景での写りが良いことです!

a20150917-DSC_0182 copy

例えばこの写真。中央にある山や左右背景にある山を等倍にして見ても線が細くクッキリ写ってくれます。今まで使っていたAPS-C用レンズにはない写りです。

私のように登山で写真を撮る人には嬉しい写りです:)

今回は下のように新聞紙を写して色々と確認してみたいと思います(カメラはD750使用)。

4F8S24

まず、焦点距離16㎜の広角端でF4、F5.6、F8、F11でそれぞれ撮影し中央付近を等倍にして比べてみます。

撮影は三脚、レリーズを使用しミラーアップ撮影をしています。諸設定も同じにします。

4F8S24

上写真の赤丸部分を拡大します。

上からF4、F5.6、F8、F11です。

3F4S16

3F5_6S16

3F8S16

3F11S16

ブログに画像をアップするとなぜか少しモヤっとしてしまうようなので、本当は全体的にもう少しくっきり写っています。

開放F4からF11までの画像を並べましたが、ほぼ同じように見えます。強いて言えば開放F4がやや甘く、F5.6、F8と絞るに連れてはっきりとし解像感が増しているように思います。

いずれにせよ差は小さく、画面中央部ではF値開放から十分解像すると言えます!

次に焦点距離を広角端16㎜、中間24㎜、望遠端35㎜で撮影して比べ、焦点距離による画質の違いを見てみます。どれも同じF8で撮影しています。また、同じ見え方になるようにカメラと新聞紙の距離を変えています。

3F8S16 2

4F11S24

2F8S35

これも違いがわかりにくいです。

この中では何となく望遠端35㎜が一番甘いように思われますが、これもかなり際どい差のレベルです。そういう気がする程度の差です。

従って、どの焦点距離でも十分解像すると言えそうです。

一方で、このレンズ最大の問題は四隅の写りです。

これはF値開放ではかなり甘いようです。しかし、絞れば大きく改善します。

6F11S16

上の写真をF4、F5.6、F8、F11でそれぞれ撮影し赤で囲った部分を等倍で拡大してみます。焦点距離は16㎜です。

6F4S16

6F5_6S16

6F8S16

6F11S16

というように開放F4では四隅がかなりモヤっとしています。F4での四隅は厳しい写りですね。

しかし、絞るに連れて改善していきF8ではまぁまぁ許せる写り、F11ではそこそこ写るといった感じです。ちなみに、歪んで見えるのは新聞紙が波打っている影響です。

6F4S166F11S16

F4とF11では全然違います。また、これは焦点距離によっても少し違ってくるかと思います。

 

これらのことから、画面中央部ではどのF値でも、どの焦点距離でも良く写ります。しかし、画面四隅を含め全体を良く解像させようとすれば、F8やF11位にまで絞る必要があるということになります!

以上、今回新聞紙を撮影しての結果です。

実際に色々撮影しての感想は、私の場合は風景などの撮影でF8やF11に絞って使うことが殆どです。なので、四隅の写りに関して問題視したことはありません。近距離から遠距離まで良く解像するレンズだと思っています:)

逆光耐性

DSC_6099

やはりナノクリスタルコートの威力はあります!

20150917-DSC_0119

20150917-DSC_0125

強い光を入れてもゴーストが出にくいです。

ただ、絞りF値、光源の強さや位置によって状況が異なるので、いかなる場合でもゴーストが出ないというわけではありません。昼間のぎらぎらした太陽では盛大にゴートが出現する時もあります。

また、光源が画面になくても、その影響を受ける場合があります。

20150917-DSC_0186 2

半逆光などの状況では上写真の右下にある虹のようなゴースト!?がよく出現します。派手には出ませんが・・・。

ただ、このゴーストは手や帽子でハレ切りすれば簡単に消せました。あと、レンズフードは小ぶりですが効果は大きいようです。

総じて逆光耐性は高いと思います。今まで使っていたレンズでは簡単にゴーストやフレアが出ていた場面でも、このレンズでは持ちこたえてくれることが多いです!

歪み

歪みについては、広角側では樽型、望遠側にいくに連れて糸巻き型に変わります。どの歪みも後処理で補正は容易です。

7S16
これは広角端の16㎜です。

中央が膨れて樽型に歪んでいます。

7S24

これは中間くらいの焦点距離24㎜です。

ほぼ歪みがないように見えます。

7S35
これは望遠端の35㎜です。

やや中央が凹み糸巻き型に歪んでいるように思います。

では、16㎜の画像をLightroomのレンズプロファイル補正を使って修正してみます。

7S16

20151003-_DSC1221

気にならないくらいに修正されたようです。

実際の撮影においては建物や人物の撮影では気になるかもしれませんが、風景写真ではあまり気になりません。また、後処理で補正できます:)

周辺減光

F4、F5.6、F8、F11と絞り値を変えて空を撮影しました。

空だと少し見にくかったかもしれません・・・。ちなみに、太陽が右上の方にありました。

8F48F5_68F88F11

開放F4だと周辺減光はそこそこあるようです。しかし、四隅で急激に暗くなるような不快な周辺減光ではありません。また、F5.6に一段絞ると改善し、F8では気になりません。

また、これはカメラでヴィネットコントロールを使用したり、後で補正すると取り除けます!

使い勝手

まず、気軽にフィルターが使えるのが良いです。

IMG_8762

表現の幅が広がります。

20150926-_DSC0913

NDフィルターやPLフィルターが簡単に使えて撮影が楽しくなります!

手ブレ補正VRが搭載されているのも良いです。

IMG_8582

絞ってややシャッター速度が落ちても手ブレしにくいので助かります。

また、ファインダー像が安定するので撮影しやすいです!

焦点距離

このレンズは焦点距離16㎜から35㎜まで使えます。

大三元レンズが14ー24㎜、タムロンの広角ズームレンズが15ー30㎜なので、それらに比べるとズームレンジが広いです。

35㎜まで使えるのは痒いところに手が届く感じで大変ありがたいです。

また、超広角16㎜はやはり広いです。パースが良い感じで効きます。

20151019-_DSC1746-HDR

20150926-_DSC1023-HDR

20150917-DSC_0158 copy

20151104-_DSC3330 copy copy

20150926-_DSC0918 copy

今まで使っていたシグマ8ー16㎜(換算約12ー24㎜)に比べると大人しいですが、それでもパースはよく効きます!

まとめ

スポンサーリンク


F値開放付近での四隅の甘さが課題ですが、絞って使えば気になりません。

その他の点ではかなり良いレンズだと思います!

Nikon 超広角ズームレンズ AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR フルサイズ対応


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

D750とD7200の画質比較!D750とD7200の解像力を比較してみた!

一概に「画質」と言っても様々な要素があります。今回は細いものがどれくらいはっきり映るのかという「解像力」について比較してみたいと思います! D750はローパスフィルター仕様でD7200はローパスフィル …

おすすめ標準ズームレンズ。Nikon(ニコン)、SIGMA(シグマ)、TAMRON(タムロン)の標準ズームレンズ。

読了時間5分 昨日、望遠ズームレンズについて調べてみたら割と面白かったんで、今度は標準ズームレンズについて調べてみました。 私は現在、「SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX D …

Spyder5で初のモニターキャリブレーション!色が全然違っていたので本当にキャリブレーションして良かった!

前回の記事でモニターキャリブレーションについて書いたのですが、今回はSpyder5というツールを使用し初のキャリブレーションをしました。 参考:モニターのキャリブレーションって何!?モニターで正確な色 …

いつも撮影に持っていくカメラ機材をご紹介!この機材で写真撮っています!

皆さん、いつも撮影にはどんな機材を持って行きますか!? 私は基本的にいつも持って行く機材は同じです。 今回はそれがどんな機材なのか記事にまとめてみたいと思います。 私みたいな素人の機材なんて何の参考に …

一眼レフカメラの革のストラップ

おすすめ!一眼レフの革製カメラストラップ。厳選5つのおしゃれな革製カメラストラップ!

一眼レフで使えるおすすめ革製カメラストラップを探してみました。 今現在、私は黄色文字で「Nikon」と書かれた純正のカメラストラップを使用しています。見た目もシンプルだし、機能的に何も問題ないです。 …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。