雑談

フルサイズ症候群にかかってた!!幻想は持たない方が良い・・・。

投稿日:

読了時間2分

OOK85_megakayui20150314132242
フルサイズ症候群」ってご存知ですか?

先日、私はカメラ屋さんに行って、なんとなくフルサイズ機のD750をいじって来ました。

その後、「フルサイズ症候群」という言葉を聞いて、まさにそれにかかっていることに気付きました。

「フルサイズ症候群」とは

フルサイズ症候群とは「フルサイズの一眼レフカメラを使えば、今よりもいい写真が取れるんだろうなと思い、フルサイズ機に憧れを持つ症状」らしいです。

はい、どんぴしゃで発症していました。

 

カメラ屋さんでD750を少しいじっただけで、私にもフルサイズ機の良さはひしひしと伝わってきました。

ほんとに店内で数枚撮っただけで、特にボケの綺麗さなどすぐに違いが分かります。

しかも、フルサイズ機を使っている人を見ると、いかにも写真が上手そうです。APS-C機ではなんとなく気後れしてしまいます。

 

それで、「フルサイズ機ならいい写真取れるんだろうな・・・。お金貯めようかなー」とか思っていました。

まさしくこれがフルサイズ症候群です。

フルサイズ機が綺麗なのは間違いない

センサーサイズ

「フルサイズ機」と「APS-C機」ではセンサーの大きさが全然違います。

センサーの大きさと画質が基本的に比例するので、フルサイズ機がAPS-C機よりも高画質なのは揺るがない事実。これはもう間違いないです。

ノイズへの耐性・階調性・ボケの綺麗さなどなど他のどの点を見ても、やはりフルサイズ機が上です。しかも、フルサイズ機を持っているという満足感。なんとも所有欲を満たしてくれます。

APS-C機が勝てるのはコンパクト性と価格くらいです。

 

しかしながら、フルサイズ機を使えば良い写真が取れるというのは幻想のようです

写真の良し悪しは腕次第という事実

なぜなら、写真の良し悪しは腕次第だから。

耳が痛いですが、確かにその通りです。

 

それに見合った腕がなければ、機材を変えたとしても、写真の良し悪しは変わりません。
画質が良くなって写真が上手くなったように思えたとしても、撮影者自身は変わっていないので、結局撮れる写真は同じなのです。

逆を言えば、腕があれば機材が多少劣っていたとしても、それなりに良い写真が撮れるということになります。

私が「これならいい写真取れるんだろうな・・・」と思っていたのは、まさしく幻想でした。

その前に自身の腕を磨かなくてはなりません。

フルサイズ機への憧れ・・・麻薬みたいなものですね。

 まとめ

スポンサーリンク

フルサイズ機が高画質なのは間違いないです。フルサイズ機いいなーと憧れるのはいいですが、これを使えば写真が良くなると思うのは安易ということです。

自らの腕を上げなければ写真は変わりません。また、腕があればAPS-C機でも良い写真が撮れます。

「フルサイズ症候群」、よい戒めになりました。


  1. グイイイ より:

    ふるさいずしょーこーぐんかかって、しまった。。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

やっぱり地元の写真は地元の人が上手いという話!自分のホームを持つ強みとは。

地元の写真は地元の人が上手いというのは、風景写真を撮っていればよく耳にする話です。 例えば、北海道の風景写真ならやはり道民が上手いという訳です。 私も最近つくづくそうだなと思います。もちろん、例外もあ …

滑らない靴と転ばない歩き方

冬道つるつる路面。道民伝授、滑らない靴と転ばない歩き方。

読了時間3分 アイスバーンで滑らない靴と転ばない歩き方。 冬の奴が猛威を振るっております。全国各地で雪。これから道路はつるつるになります。北海道では路面はもう氷の板。これから北海道にやってくるビジネス …

ブログ4周年!これまでの反省とこれからの課題、絶景依存を克服して自分の写真を撮る。

今月でブログを始めて4年が経ちました。よく4年も続いているなと思います。 当ブログ「Wise camera」は4年間で1290万PVものアクセスを頂きました。拙いブログにこれ程のご訪問を頂き本当に有難 …

7月(8ヶ月目)のブログ運営結果。先月の出来事と今後の展望。フルサイズ貯金始めました。

毎月一回書くこの記事。 私はこの記事を書くのが好きです。というのも、先月のことを色々思い出して、今後の展望を決めると頭がすっきりするようで気持ちが良いからです。 とうことで、今月も「先月の出来事と今後 …

曇りの日も撮影におすすめな理由。曇りこそチャンスかもしれない。

休日に撮影を予定していたのに曇り。誰しもがこんな経験ありますよね。 ただ、曇りだって撮影におすすめです。 最近、私はどん曇りを見計らって撮影に行くこともあるくらい。今回は曇りの日の撮影がおすすめな理由 …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。