フィルター類 機材

最近、ハーフNDを使わなくなったという話。

投稿日:

ハーフNDフィルターは風景を撮るカメラマンの間では、わりと馴染み深い機材かと思います。

私も有名メーカーのハーフNDはおおかた使用しました。

しかし、最近ではめっきり使わなくなってしまいました。今回はハーフNDを使わなくなった理由と、ハーフNDの必要性について書いてみたいと思います。

ハーフNDを使わなくなった理由

使うのが手間

まず、ハーフNDは使うのがやや手間です。

レンズにアダプターを着けて、アダプターにホルダーを着けて、ホルダーにハーフNDを着けて・・・。少し時間がかかります。特に冬は手袋をしているので余計。

レンズ交換する時も、やはり手間なんですよね。

ハーフNDを使うようなシーンでは光の状況が刻々と変化します。そこで撮影のテンポが悪くなってしまうのが、個人的にはどうも難でした。

なくてもなんとかなる

ハーフNDは明暗差をなくす機材ですが、NikonのRAWデータのダイナミックレンジは物凄く広いです。
参考:ダイナミックレンジとは!?ダイナミックレンジを最大に活用して上手く撮影!

明暗差が激しいシーンでも、ちょっと暗目に撮影して、現像時にシャドウを持ち上げれば、殆どのシーンで問題ありません。もし、それでダメな場合でも、HDRや露出ブレンドすれば解決します。

というわけで、ハーフNDの必要性をあまり感じなくなりました。

不自然になることも

ハーフNDを使うと山とか木とか不必要な部分まで暗くなってしまうことがあり、不自然な見た目になることがそこそこあります。

そうなりにくいハーフNDも発売されていたりしますが、それでも限界があるようです。

これをレタッチで取り除こうと思うと、なかなか厄介で手間がかかります。その手間をかけるくらいなら、HDRや露出ブレンドで良くないかと思うわけです。

ハーフNDを必要とする撮影が少なくなった

ハーフNDを使用するような明暗差のある場面は、空と地上を一緒に写すような時です。つまり、広角での撮影に多いです。

これは個人的な話ですが、広角を使った撮影がかなり減りました。中望遠からの撮影が圧倒的に多いです。

なので、ハーフNDはコスパの悪い機材になってしまいました。カメラバッグのスペースを消費する割りに、使用頻度がかなり少ない。

 

以上、ハーフNDを使わなくなった理由です。しかしながら、それでもハーフNDがあると良い場面もあります。

ハーフNDが必要な場面について

長秒撮影するとき

NDフィルターを使用して長秒撮影する時は、ハーフNDがあった方が撮影は楽だと思います。

NDフィルターを使用しての長秒撮影は、露出のコントロールが割と難しいです(マニュアル撮影だと余計に)。空が飛んでしまったり、地上が黒潰れしてしまったり、右往左往している間に良い光を逃してしまう。そんな時にハーフNDを使用すれば、何とかなりやすいです。

あとはHDRや露出ブレンドするにも、長秒撮影だと素材を撮るのに時間がかかりますね。ハーフNDを使用すれば、時間を節約できます。

特に、光の状況が刻々と変化するマジックアワーなどでは時間は貴重です。

海とか湖での撮影が多い人には、ハーフNDは欠かせないかもしれませんね。

合成やRAW現像したくない人

私は該当しませんが、HDRや露出ブレンドなどの合成をしたくない人も中にはいらしゃるかと思います。

あとはRAW現像したくない人。JPEG撮影の人ですね。

そういった人にはハーフNDは必須かと思います。

【KANI】フィルター カメラ用 角型フィルター NDフィルター ハーフフィルター Premium LR SOFT GND0.9 (150 x 100mm)

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、ハーフNDを使わなくなったという話でした。

まぁ、フィルターをガチャガチャ交換するのも楽しいのは確かです。みなさんはハーフNDを使用していますか!?


  1. tatsumo より:

    自分も最近はあまり使っていないですね、ハーフNDフィルター。実際RAW現像でだいたいなんとかなりますしね。強烈な朝焼けや夕焼けを真正面から景色と一緒に広角レンズで撮影するときくらいや月と風景を一緒に撮るときには使いますが、露出ブレンドでも間に合っちゃいますよね、きっと。
    ちなみに角形フィルターとしては自分は星景写真を撮るのに「Partial soft filter」は重宝しております💡

    • ワイズカメラ より:

      tatsumoさん

      やはりハーフNDは出番少なめですよね・・・。

      Partial soft filterですか。最近の角形フィルターは色々バリエーションが増えて面白いですよね!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

カメラやレンズのカビが怖い。カメラやレンズに適切な湿度を保ってカビ防止。

読了時間5分 もう少しするとじめじめした梅雨の季節がやってきます。 そこで心配なのがレンズのカビです。 買い揃えたレンズにカビが生えたことを想像するだけでゾッとしてしまいます。でも、防湿庫なんて大げさ …

Z 7IIとZ 7の違いについて。スペックを比較する。

2020年10月14日、Z 7IIが発表されました。2018年に発売されたZ 7の後続モデルなります。 私はZ 6ユーザーですが、Z 7IIとZ 7の違いついてもまとめておきたいと思います。 目次1 …

Z 6IIとZ 6の違いについて。スペックを比較する。

2020年10月14日、Z 6IIが発表されました。2018年に発売されたZ 6の後続モデルです。 ということで、Z 6IIとZ 6の違いが分かるよう、スペックを比較してみたいと思います。 目次1 Z …

スリック システムカーボン74 WOHをワンシーズン使っての感想。

スリック システムカーボン74 WOHをワンシーズン使ったので、改めて感想を書いてみたいと思います。 以前の記事を下を参考にしてください。 スリック システムカーボン74 WOHのご紹介。軽量で使い勝 …

スチレンボードで写真をパネル化する方法とコツ。気軽に写真をインテリアに・・・。

プリントした写真をスチレンボードを使いパネル化してみました。 スチレンボードはポリスチレンでできた軽量なボードです。片面が粘着シートになっており写真などを貼れるものが販売されています。ハレパネ、のりパ …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。