レンズ 機材

最近、Zマウントの勢いが増してきたので、ロードマップを再確認してみる。新たに追加されたレンズと、これからのシステムは!?

投稿日:2020年12月23日 更新日:

2018年に登場したZマウント。もう丸2年も経つのですね。型落ちになったZ6はかなりお手頃価格になってきました。

それでSNS上で私の観測範囲ではZマウントが増えてきたなと感じています。今ニコンは色々と厳しいようですが、少しづつ息を吹き返すといいですね。

それでZマウントレンズも2020年に数多く登場しましたし、新しくロードマップに掲載されたレンズもあります。なので、ロードマップを再確認してみたいと思います。

2020年に発売されたレンズ

これが最新のロードマップです。


参考:Nikon HP

2020年に発売されたレンズは以下の通りです。

ズームレンズ4本、単焦点レンズ2本となります。

大三元を揃えたい人は忙しい年になりましたね。2019年に24-70mm F2.8は発売されているので大三元3本揃いました。
参考:Zマウントの大三元レンズと小三元レンズのどちらを揃えるか!?大三元と小三元を選ぶ際のポイントについて。

50mm F1.2 Sもすごいらしいですね。50mm F1.8 Sも良いレンズでしょうが、50mm F1.2 Sはさらに解像感もボケも極上とのこと。非常に高価ですが。

20mm F1.8 Sは星景などにめちゃくちゃいいらしいですね。そのうち、14mmF1.8Sとか出ないだろうか・・・。

Nikon 単焦点レンズ NIKKOR Z 20mm f/1.8 S Zマウント フルサイズ対応 Sライン NZ20 1.8

これまで発売されたレンズで、広角から標準までは大分充実してきたなと思います

ただ、望遠がちょっと弱いですね。

これから発売されるレンズ

来年かは定かではありませんが、以下のレンズが登場予定です。

  • 24-105mm S
  • 100-400mm S
  • 200-600mm
  • 18-140mm(DX)
  • 28mm
  • 40mm
  • 50mm Micro
  • 85mm
  • 105mm Micro
  • 400mm
  • 600mm

これからズームレンズ4本、単焦点レンズ7本が発売されてきます。


参考:Nikon HP

まだ、F値までは確定していませんが、24-105mmはF2.8-4、100-400mmはF4-5.6と噂されています。いずれもハイスペックなSラインです。この2本を待ち望んでいる方も多いのではないでしょうか!?

上画像のシルエットを見る限り、24-105mmは24-200mm(約570g)と同じくらいの大きさですね。開放F2.8のSラインレンズにしては非常にコンパクトだと思います。100-400mmは70-200mmF2.8Sと同等くらいでしょうか!?開放F4はちょっと明るいですね。いずれも売れそう。

200-600mmについてはまだF値もはっきりしません。Fマウントでは200-500mmF5.6があるので、200-600mmも開放F5.6通しだと良いですね。ただ、Sラインではないようです。その分、廉価だと有難い。あと他のレンズが小さいからか!?、レンズが巨大に見えます。

また、マクロレンズを待ち望んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか!?105mm良さそう。呼び方は以前としてMicroなのですね。28mmと40mmはなかなかコンパクトに見えます。

 

ちなみに、2020年10月に新たに追加されたのが、85mm、400mm、600mmの3本です。


参考:Nikon HP

85mmはF1.8があるので、F1.2だと予想できます。ボケ感やばそうですね。400mmはF2.8、600mmはF4かなと個人的には思います。このクラスのレンズにしては小さめ!?価格は凄そう・・・。

ちなみに、いつになったら70-200mmF4が出るのでしょうか・・・。

レンズ構成はどうする!?

悩ましいレンズ構成。私はできるだけ持ち物を少なくしたい人なので、余分なものは省きたいです。個人的に今考えているのは以下のような感じになります。

まずは、シンプルなラインナップ。

小三元に超望遠ズームレンズの組み合わせ。余分なものが何一つなくシンプルです。200-600mmがどれくらいの大きさ・重さになるかは分かりませんが、よく使う3本を小三元を揃えることでフットワークが上がります。

問題点としては面白みに欠ける!?ことと、70-200mm F4がいつになるのか不透明なことですね。まだロードマップにも載っていません・・・。ちなみに、これに20mmF1.8など単焦点を加えても良いでしょうね。

 

次は、このような感じ。

登山などをする人には24-105mm Sで機動力が上がります。しかも、レンズ3本で14-400mmまでカバーできるのも良いですね。おそらく画質面でもほとんど心配ないでしょう。Sラインなので。

それで、超望遠域を使いたい時はテレコン1.4です。ただし、やはりこれがネックです。100-400mmがF4-5.6だとすると、1段暗くなり140-560mm F5.6-8になります。ちょっと暗いですね。特に動物を撮るときは致命的です。あと、画質面でもちょっと心配ですし、テレコンの脱着が煩わしい・・・。

なので、今のところ70-200mm F4を気長に待って最初のシステムで行こうかなと考えています。それか2番目のシステムに200-600mmを加えるか!?

 

スポンサーリンク

まとめ

レンズ選びは本当に悩ましいですね。それが楽しいのですが。

来年は望遠レンズが登場しそうなので、さらにZマウントが加速するのではと期待しています。


  1. mickey より:

    オリンパスがカメラ業界から撤退しても
    医療系があるので、基礎研究は続けるのでしょうし
    その部門の黒字も見込めますが、Nikonはカメラでの
    赤字を半導体露光装置で埋められないどころか
    intelと同様に10nmで置き去りの気配ですね。

    業績の良いときの人員や設備を黒字が出るような規模に
    縮小するのは、大変なことだと思います。
    Nikonの名前を残すために大改革を実行してもらいたいですね。

    • ワイズカメラ より:

      mickeyさん

      Nikonはコロナの影響も大きく受けているようですしね・・・。
      かなり将来は危険なような気がします。

  2. Labatt より:

    ニコンのロードマップもかなり揃いましたね。個人的にはFマウントにある8-15mmのFish eyeのZ版を出して欲しいです。どちらにしろ私の購入ペースだと全く急ぐ必要はありませんが(笑)マップに全くFish eyeがないのは多少気になります。

    あくまで店先でいじった程度なので、全く参考にはなりませんが70-200の2.8Sにテレ1.4を付けた感じでは全く画質の劣化は感じませんでした。2.0は多少ボケがにじむかなという気がしましたが、まあ今の段階ではどちらもただの感想です。

    • ワイズカメラ より:

      Labattさん

      Fish eyeは結構先でしょうね・・・。

      テレコン1.4はなかなか使える感じなのですね。FTZでかなり面倒いなと思っているので、テレコンの脱着も煩わしいだろうなと思っています。
      キヤノンから0倍、1.4倍、2倍の可変テレコンの噂が出ていましたね。これかなり便利だと思います。

  3. ucchyshot( より:

    レンズ、だいぶ揃ってきましたね!
    私は平地用に24-105mm S、100-400mm S、山用に24-200mm F4-6.3あたりが欲しいですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

知って得するレンズ選びの基本4ポイント。カメラ初心者がレンズを選ぶ時に注意する4ポイント。

カメラを購入する時に困るのがレンズ選びです。 レンズといっても何種類もありますし、同じようなレンズでも微妙な差異があります。 そして、この違いがイマイチわかりにくいです・・・、同じようなレンズがあるけ …

三脚の修理!GitzoのOリングが切れたのでパーツを取り寄せて修理する。

Gitzoシステマの脚のロックがおかしいなと思ったら、Oリングが切れていました。 ということで修理です。 まだ、この三脚はそれほど使っていないのですが、使い方に悪い点があったのだと思います。 目次1 …

新型13インチMacBook Pro(2020年)を購入しました。

悩んだ末にやっと、古い13インチMacBookBook Pro(Mid 2014)から、新型13インチMacBook Pro(2020年)に買い換えました。 さすがに6年も時間が経つと全然違いますね。 …

sigma(シグマ)14㎜F1.8を購入した!星撮りに最適なレンズなのか・・・!?

sigma(シグマ)14㎜F1.8を購入しました。 超広角14㎜で開放F1.8という明るさ。唯一無二のレンズです。 発売前からかなり注目されていましたね。 ただ、実際のところあまり良い噂は聞かないです …

やっぱりカメラ機材は軽い方が良い訳!ミラーレス化や機材見直しで感じる軽さのメリット。

私が初めて一眼レフカメラを手にした6年ほど前は、まだまだミラーレスカメラは一眼レフに遠く及ばないものでした。 しかし、ここ最近で一気にミラーレス化の波が押し寄せています。その波に乗り私も機材をミラーレ …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。