撮影日記

初めてエゾモモンガを撮影してきた。動物撮影の季節がやってきました。

投稿日:2020年12月5日 更新日:

初めてエゾモモンガを撮影しました。

これまでもフンや巣穴を探しては撮影を試みていましたが全く撮影できず。それでやっとです。
参考:エゾモモンガの撮影に挑んだけど惨敗した話!これから継続的にチャレンジして行きたい。

めっちゃめんこかった。

初めてエゾモモンガを撮影してきた

エゾモモンガはもちろん夏も撮影可能です。しかし、冬の方が優位。

というのも、冬は寒いので同じ巣穴に密集するからです。おしくらまんじゅう方式ですね。なので、同じ巣穴の前に構えていても、巣穴から次から次に出てくるので、撮影のチャンスが多い。夏は個々にばらけてしまって撮影のチャンスが少ないです。

また、これは他の動物にも言えることですが、木々の葉っぱが落ちるので見通しが良く撮影しやすい。葉っぱで隠れてしまっては撮影できませんからね。

なので、冬は動物撮影の季節と言われています。ということで、早速エゾモモンガの撮影に行ってきました。

目星を付けた巣穴の前で待機していると、日の入り後5分くらいでひょこっとエゾモモンガが顔を出します。しばらく巣穴の入り口でじっと周囲を観察しています。でかい目が何ともめんこい。結構長い時間、動かないので撮影チャンスは多いです。

Z6にNikon200-500mmF5.6使用、焦点距離450mm、F5.6、ISO6400、1/6秒。

巣の中には複数匹入っているようで、何匹も顔を出してくる。2匹並んでさらにめんこい。

Z6にNikon200-500mmF5.6使用、焦点距離500mm、F5.6、ISO5000、1/10秒。

ISO感度は撮影前半は3200、後半は6400で対応可能でした。ただし、撮影する場所によってエゾモモンガが出てくる時間が異なるようなので、あまり参考にならないかもしれません。ここの場所は比較的明るいうちに出てきました。

巣穴から出てきたエゾモモンガはあっと言う間に、どこかに飛んで行きますが、一匹だけ下に降りてじっとしている。ヨンニッパを使っている方々は手持ちで撮影していましたが、開放F5.6の私は手持ちは無理でした。明るい超望遠レンズが羨ましい・・・。

Z6にNikon200-500mmF5.6使用、焦点距離460mm、F5.6、ISO6400、1/20秒。

白樺の穴から出てくるエゾモモンガ。これが一番お気に入りです。

Z6にNikon200-500mmF5.6使用、焦点距離480mm、F5.6、ISO3200、1/30秒。

目がでかい。エゾモモンガはシマリスより大きく、エゾリスより小さいくらいのサイズ感です。それが結構な距離、滑空するので驚きです。滑空する瞬間を撮影するのは、かなり難易度が高いですね。

Z6にNikon200-500mmF5.6使用、焦点距離500mm、F5.6、ISO3200、1/10秒。

 

つでに他の動物も撮影したのでアップします。

エゾフクロウ。じっと動かずに置物のようでした。次は番(つがい)をみたいですね。

Z6にNikon200-500mmF5.6使用、焦点距離450mm、F7.1、ISO100、1/10秒。

エゾシカ。カコカコとツノをぶつけ合って喧嘩!?しています。何の争いでしょうか・・・。

Z6にNikon200-500mmF5.6使用、焦点距離500mm、F5.6、ISO1250、1/200秒。

これは車の窓から撮影。車からこれが撮影できるのが凄い環境ですね。

Z6にNikon200-500mmF5.6使用、焦点距離480mm、F5.6、ISO1250、1/200秒。

 

スポンサーリンク

まとめ

やっとエゾモモンガを撮影できて満足です。道東は動物の王国、素晴らしい環境です。

他の動物も撮影したい。明るい超望遠レンズが欲しい・・・。


  1. mickey より:

    名前にエゾと付く動物は、北海道固有の動物である
    場合が多いですね。ブラキストンラインから北で植生も動物も
    固有のモノが多いですね。

    2月になれば、エゾモモンガも昼間に活動するので
    手持ちで撮れるようになるかと思います。

    • ワイズカメラ より:

      mickeyさん

      津軽海峡を挟んで環境が全然違うのでしょうね。興味深いです。

      繁殖期らしいですね。2月がとても楽しみです!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

山の水族館

一眼レフカメラ持って「山の水族館」に行ってきました!山なのに水族館とか斬新-!

読了時間2分 「山の水族館」とは北海道北見市留辺蕊町にある水族館です。 山の中なのに水族館という新鮮さと冬になると凍結することで有名です。 ただ私が行った時は氷は解けていました。 山の水族館 見かけは …

いい写真撮れたよ!!今日もサンセットで三度の飯より写真三昧!

最近、絶景スポットみたいな場所に撮影に行くよりも、近場で綺麗な風景を見つけて撮影することにハマっています。 普段は通らない道をあえて通ってみたり、何気なく見ていた景色をまじまじと見てみたりすると、新し …

7月に行く北海道の絶景撮影スポットと登山する山。

早いものでもう直ぐ7月です。 気象庁が発表した3ヶ月予報では、7月は曇りや雨が多い、8月は晴れが少ない、9月は晴れが多い、というように7月・8月はパッとしない天気が続きそうです(北日本では)。 それで …

アイヌコタン

阿寒アイヌコタンにカメラ持って行きました。エキゾチックな村・・・。

読了時間3分 コタンとはアイヌ語で集落を意味します。したがって、「アイヌコタン」とは「アイヌの集落」という意味になります。 27年間北海道に住んできて初めて阿寒アイヌコタンに行って来ました。 阿寒アイ …

富良野でまったりピクニック。たまにはカメラを置いてふらっと楽しむ。

先日、富良野に行ってきました。 いつもは撮影のために何処かに行くというスタイルでしたが、たまにはカメラを一歩下げて景色をまったり楽しみたいなと思いました。 ということで、特に何をするとか決めずにふらっ …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。