登山 登山装備

アークテリクスのガンマLTフーディを購入!万能感のあるウェア。

投稿日:

アークテリクスのガンマLTフーディを購入しました。非常に幅広く着れるウェアで、春先のちょっと寒い季節、夏山、秋、インナーによっては冬まで着れそうです。

ただ、そもそもガンマって何だ!?という方も多いかと思います。

ということで、アークテリクスのガンマLTフーディのご紹介です。

アークテリクスのガンマLTフーディについて

アークテリクスのガンマとは

ARCTERYX(アークテリクス) ガンマLTフーディ男性用 17307 ブラック S

アークテリクスのガンマとは、ソフトシェルを素材としたシリーズ名になります。アークテリクスには「ガンマLT」、「ガンマSL」、「ガンマMX」などのウェアがありますが、全てソフトシェル素材となっています。

 

それでは「ソフトシェル」とは何なのか!?

知名度の高いウェア素材として「ゴアテックス」があります。皆さん、一度は耳にしたことがあるかと。これは完全防水・完全防風、それでいて透湿性に優れムレにくいという優れた素材です。登山ウェアではもっとも広く普及している素材でしょう。

それに対し、ソフトシェルは完全防水・完全防風ではありません。ただし、耐水性・耐風性なので、ある程度は風を遮断し、雨も撥水性で弾きます(モノによっては完全防風なのもある)。

なので、ちょっと中途半端なスペックに感じるかもしれませんが、ソフトシェルの大きな特徴として、高い透湿性で湿気を逃がしてくれる伸縮性が高く動きを妨げないなどが挙げられます。

 

ウェアを着てちょっと動くすぐに汗をかき、どうしてもムレてしまいます。これは汗冷えの原因にもなりますし、何より不快です。ソフトシェルはゴアテックスよりも高い透湿性を発揮し、これを防いでくれます。

そして、ゴアテックスは伸縮性もなく、シャカシャカしていて、決して着心地の良いものではありません。一方で、ソフトシェルなら伸縮性があるので動きやすく、着心地も良好です。

また、ソフトシェルの多くは完全防風ではありませんが、相当な強風とかでない限り問題ありません。ただし、耐水性についてはちょっとした雨なら弾く程度なので、雨の日の着用は適していないでしょう。霧雨でも長時間使用すると、しっとりしてきます(雪についてはベトっとしていない限りは問題ありません)。

なので、シビアな環境であればゴアテックスでしょうが、なかなかそんなシビアな環境はないわけです。そうならば、汗逃げがよく着心地の良いソフトシェルの方が活躍の場が多いということになります。

 

ソフトシェルのウェアは、幅広いシーンで使え万能感のあるウェアです。

LTについて

ガンマLTの「LT」は耐久性と高機能を確保しつつ機能を最小限に抑えることで軽さを追及したモデルと表現されます。Lightの意味。

他にはガンマSLがあり、こちらと迷いました。「SL」は軽さと持ち運びやすさを重視したモデルです。Super Lightの意味。

ARC`TERYX(アークテリクス) ガンマ SL フーディ メンズ Gamma SL Hoody Men’s Black XS L07358300

なので、LTはやや生地の厚みがありしっかりとした印象ですが、SLは割とペラペラです。

SLは夏期のみの使用で、それもハイキングなどのライトな使用を想定しているようですね。

それに対し、LTは冬季であればインナーを着込むことで使用可能、もちろん春や秋も使え、夏であれば登山などで活躍しそうな感じです。

 

ということで、ガンマLTを選びました。

アークテリクスのガンマLTフーディを見てみよう

ガンマLTフーディの見た目や作り

色はArbourです。カーキ色ですね。

生地は耐摩耗性のあるやや硬質な印象。

岩や枝などに擦っても問題ないでしょう。伸縮性もあります。

ポケットは大きめなのが2つ。

ZIPは防水仕様ではなく通常のものです。個人的には胸ポケットが欲しいところですが、デザイン的には胸ポケットはない方がスッキリして良いですね。

そして、内ポケットが一つあります。

ここはそれほど大きくはなく、スマホが入るくらいです。

袖は一部がより伸縮性のある生地が採用されおり、手袋などをしていても手の出し入れが良くなっています。

アームホールもやや細めでスッキリとしています。

裾にはドローコードがあります。

両サイドで引っ張れるようになっており使い勝手が良い。

襟の口にあたる部分は、起毛性のある生地になっています。

チャックが直接触れないので、冬でも冷たくありません。また、顎や口に当たる部分は汚れやすいので、黒い起毛性のある生地になっているのは個人的にとても有難いですね。

ちなみに、背面はこのような感じです。

ベンチレーションはありません。

シンプルなデザインですが、色々と機能性を考えられており、また立体的な構造になっています。

ガンマLTフーディのサイズ感について

身長174cm、体重63kgで、Sサイズ(日本だとM相当)を購入しましたが、ピッタリです。

私はやや肩幅がある方ですが、これ以上ないくらいにちょうど良いサイズ感でした。

全体的にすっきりとしたスリムなフィット感で、フリースなど軽く重ね着できるゆとりも確保できています。

ARCTERYX(アークテリクス) ガンマLTフーディ男性用 17307 ブラック S

 

スポンサーリンク

まとめ

季節の変わり目は新しいウェアが欲しくなりますね!

シェルは何着あっても良いです!


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

トムラウシ!神々の庭に星が舞う!短縮コース〜南沼テント泊登山②

前回の続きになります。 参考:トムラウシ!神々が目にする光景!短縮コース〜南沼テント泊登山① 午後から山頂は雲に覆われたものの夕方頃から再び天候回復。 太陽が沈んだ後は「神々の遊ぶ庭(カムイミンタラ) …

十勝岳〜美瑛岳〜美瑛富士を縦走登山。快晴の十勝連峰を気持ち良く登山。

今日は久しぶりの快晴だったので、登山に行ってきました。 場所は十勝連峰で望岳台〜十勝岳(2077m)〜美瑛岳(2052m)〜美瑛富士(1888m)〜望岳台という計画で日帰り縦走登山しました。 十勝連峰 …

羊蹄山撮影日記

一眼レフを持って羊蹄山へ。北海道絶景スポット羊蹄山で写真撮影。

読了時間1分 一眼レフカメラを持って北海道絶景スポット羊蹄山へ。 羊蹄山(1898m)とは北海道を代表する山の一つ。その山容から蝦夷富士と呼ばれていたりします。 留寿都やニセコという北海道屈指のリゾー …

アンギラス登頂。ニセイカウシュッペ山へリベンジで登山と撮影。

最近、ぱっとしない天気が続いてますが、今日は天気が良いみたい。 ということで、登山に行きました。 今回は富良野岳に行きたかったのですが、富良野の天気がイマイチなようなので、前回リベンジを誓ったニセイカ …

登山用トレッキングポールで良いもの発見。新しいトレッキングポールを買いました。

やっと良いトレッキングポールを見つけて購入できました。これおすすめです。 今まで重たいトレッキングポールを使ってきたのですが、やっと解放されます。 ちなみに、今までの2年間使ってきたトレッキングポール …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。