現像・レタッチ

Topazのアプリをまとめてみる!便利そうなアプリが多数ある。

投稿日:

先日、ADOBEのスーパー解像度についての記事を書きましたが、そこでTopazにも似たようなアプリがあると知りました。

調べてみるとTopazには多くのアプリがラインナップされているようですね。

そこで、自分への備忘録的な記事として、Topazのアプリをまとめてみたと思います。

Topazのアプリをまとめてみる

Sharpen AI

まずはSharpen AIです。これについては以前、記事にしているのでそれを参照していただければと思います。
参考:ボケやブレの補正にTopaz Sharpen AIを試す。写真は復活するのか!?

Sharpen AIでは特にStabilizeという機能が優秀だなと感じました。これは手ブレや被写体ブレに適しているモードで、ブレの程度を検出してシャープネスをかけてくれます。微ブレ程度ならキレキレに補正してくれる。

この通り微ブレの軽減にはもってこいです。

Photoshopにも「ぶれの軽減」という機能がありますが、個人的にはSharpen AIのStabilizeの方が効果があると思っています。欠点もありますが・・・。

DeNoise AI

次に、DeNoise AIです。

これはよく知られたアプリですね。AIを利用することで、ノイズを除去しつつ、画像のディテールを復元してくれます。詳しくは分かりませんが、従来のノイズリダクションとは全く違ったアプローチ方法でノイズを除去するそうです。

PhotoshopやLightroomによるノイズリダクションは、効果を強くすると塗り絵のようにのっぺりしてしまうことがあります。しかし、DeNoise AIではディテールを可能な限り保った上でノイズを除去してくれる。

特に星景を撮る人はDeNoise AIを採用していることが多い印象。

また、PhotoshopやLightroomのノイズリダクションでは、自分でパラメーターを調整しなければなりません。この塩梅がなかなか難しい。一方で、DeNoise AIはAIがAutoで一発でノイズを除去してくれるので楽チンです。

Gigapixel AI

次はGigapixel AIです。

これはディテールを失わずに画像サイズを大きくしてくれるアプリになります。低画素画像を高解像にしてくれるわけですね。最大600%の拡大が可能になります。ちなみに、Photoshopにもスーパー解像度という似たような機能がある。
参考:ADOBEの新機能「スーパー解像度」が凄い。使い方と効果について。

従来の写真のアップスケーリングは、周囲のピクセルの色から新しいピクセルを近似することによって機能していました。しかし、これではディテールが失われ、画像がぼやけてしまいます。

一方でGigapixel AIでは、何百万もの写真を分析し、機械学習することで、アップスケーリングしても自然なディテールを保ちます。

SNSでは星景のアップスケーリングに適しているという話を見かけました。

微恒星とノイズを判別することで、ノイズだけを抑えつつアップスケーリングしてくれるようです。

Mask AI

Mask AIを使えば、被写体を大まかにブラシで指定するだけで、エッジを区別するようにトレーニングされたニューラルネットワークを用いて、簡単にマスクを生成することができます。

レタッチで手間が一番かかるのがマスクの作成ではないでしょうか!?これがMask AIでは4つの簡単なステップで済みます。

ただし、実際にどの程度使えるのかですね・・・。

細い部分も自然にマスクできるのか、星景などの明暗差の少ない画像でもマスクできるのか、無料でお試しできるので、一度使ってみると良いかもしれません。

Adjust AI

Adjust AIは人工知能を活用することで、ワンクリックにて写真を綺麗にレタッチしてくれるアプリです。

これはどうなんでしょうか!?

ワンクリックでレタッチしたいのなら、個人的にはLightroomの自動補正やプリセットで十分なような気もしますが・・・。

JPEG to RAW

JPEG to RAWはRAWで撮影したかのようにJPEGを編集できるアプリです。

まず、JPEG to RAWでは、JPEG画像を編集した際に出来やすいバンディングを防いでくれます。JPEG画像は基本8ビットなので、チャネルごとに256階調しかありません。これをチャネルあたり65532階調に拡張してくれるようです。65532階調!?本当かという話ですが、そう説明されています・・・。

また、JPEG to RAWはダイナミックレンジを拡張してくれます。完全ではありませんが、JPEG変換により失われたシャドウとハイライトの詳細を元に戻すことができるらしい。

最初からRAWで撮れば良いことですが、設定を誤ってJPEGで撮影していたという失敗パターンはあるあるです。あるいは、JPEGで撮影した古い画像を処理したい時もあるでしょう。こうした場合にJPEG to RAWを使えば、なんとかなるかもしれませんね。非常時に役立つ的なアプリです。

これも無料で試せるので、いざという時に使ってみても良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

Topazには便利そうなアプリが多数ありますね。

どれも無料でお試しできるのが良いです。


  1. mickey より:

    topazのソフトウェアのアップデートは頻繁に行われます。
    (週に1回くらいの頻度)
    いつまで無料でアップデートが行われるのか心配ではあります。

    Photoshopに空の置き換えが追加になりましたが、Liminar AIの
    方が優れているように思えます。余計な心配ですが
    職業デザイナーが失業しそうですね。

    • ワイズカメラ より:

      mickeyさん

      そんなにアップデートあるのですね!
      Liminar AIはすごいですよね、風景写真でも、もやは天気が関係なくなります笑

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ADOBEの新機能「スーパー解像度」が凄い。使い方と効果について。

ADOBEの新機能である「スーパー解像度」がリリースされました。 現状ではCamera Raw 13.2に搭載されています。Lightroom Classicにも近日中に搭載予定とのこと。 これがなか …

パノラマ写真の良い点と撮影のコツ!Lightroomでパノラマ写真を作ってみよう!

最近、パノラマ写真にはまっています。 以前からパノラマ写真で天の川のアーチを撮影していましたが今回は日中の風景です。 パノラマ写真特有の伸びやかな表現が堪りません。 ということで、パノラマ写真の良い点 …

Photoshop Lightroom 5 プロフェッショナルの教科書 思い通りの写真に仕上げる現像の技術

「Lightroom 5・6」の使い方がわからない。そんな時「Lightroom 5 プロフェッショナルの教科書」がとても良い。

今、私はAdobeのLightroomの30日間無償体験をしています。無償期間が終わってもそのまま使い続ける予定です。 実は、以前にも30日間無償体験をしたことがあり、これで2回目です。 この手のソフ …

Photoshopでの覆い焼き・焼き込みの簡単な方法。写真に陰影をつけて立体的にする。

レタッチにおいて、覆い焼き・焼き込みは代表的な手法ですね。英語だと”Dodge & Burn” と言われたりします。 私も時々使いますが、人によってやり方が色々あるよう …

Lightroom6で以前の現像を見直す!渓谷の写真をより幻想的にレタッチしてみる!

以前に「樽前ガロー」という場所に撮影に行ったことがあります。 参考:樽前ガローでスローシャッター。苔生す崖に流れる川。 ここは北海道で人気の撮影スポットになりつつあるようで、「Photography」 …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。