現像・レタッチ

LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」が便利そう。早速、使ってみた。

投稿日:2015年6月20日 更新日:

最近、Lightroom CCとphotoshop CCがアップデートされていたみたいで、それに伴い新機能が幾つか搭載されていました。

なかでも、「Dehaze(ディヘイズ)」なるものがとても気になります。「Dehaze(ディヘイズ)」はと日本語にすると「かすみの除去」です。

この機能とても嬉しいです。なぜなら、風景を撮影していると、PM2.5やら黄砂やら霧やらで霞んでしまうことが多々あるからです。

先ほど私もアップデートしたので、LightroomとPhotoshopの新機能である「かすみの除去」を試してみました。

新機能「かすみの除去」

今までのLightroomでは、「効果」の部分はこんな感じでした。
LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」
それがアプデートするとこうなります。

LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」

一番下に「かすみの除去」というスライダーが増えたみたいです。

従来では、霞を軽減して写真をクリアーにしようとすると、黒レベルやシャドーやハイライトなどを操作しなければなりませんでした。

しかし、これからはこのスライダー1本であの白っぽい霞を除去することができるようになるそうです。さらに、逆に霞を加えることも可能です。便利ですね。

今まで、この「効果」の部分は「粒子」とかよくわからないスライダーが多くて、殆ど使わなかったのですが、これから活躍する機会が増えそうです。

「かすみの除去」を試してみた

まずは、この写真です。それほど極端に霞んでいる訳ではありませんが、この微妙な霞が嫌だったりまします。

LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」

「かすみの除去」のスライダーを+50にしてみます。
LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」
少し極端かもしれません。

d20150617-DSC_2478

並べてみます。上が元画像で、下が「かすみ除去」を+50にした画像です。

LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」d20150617-DSC_2478
スライダーを動かしただけですが、全体的にコントラストが上がり、特に空や奥の山並みが鮮やかになりました。もやっと感が一段階下がったようです。

これ便利。

他の画像も試してみます。すべて、上が元画像で、下が「かすみ除去」を+50にした画像です。

LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」

すっきりした印象になります。PLフィルターみたいな効果ですね。

ただ、「かすみ除去」を上げ過ぎると派手な色合いになるようなので、気を付ける必要があります。

LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」

これは色が強すぎなように思います。でも、白っぽい感じは取れます。

ちなみに、「かすみ除去」を−50にしてみると、

d20150601-DSC_1997

霧で霞んだ雰囲気になります。これはこれで使えそうですね。

まとめ

スポンサーリンク


LightroomとPhotoshopがさらに便利なりました。いろいろいじって使い方を学んでいるのですが、機能が多いし複雑で覚えきれません。

ただ、「かすみ除去」はすぐに使えて効果は大きいです。


  1. mickey より:

    Lightroom6はアップデートしてもカスミの除去の機能は追加されませんでした。

    • カメラ初心者 より:

      mickeyさん

      コメントありがとうございます。

      アップデートしても「かすみの除去」が追加されないということですが、アビドのコミュニティーフォーラムを見てみると同じような症状の人が結構いるようです。

      https://forums.adobe.com/thread/1874960

      LightroomのバージョンはLightroom CC 2015.1になっていますでしょか?
      あるいは、数日後、再度「アップデート」と表示されたという方もいるようです。最終手段でLightroomを削除して再インストールという方法もあります。

      あまり力になることができずに申し訳ありません:(

  2. mickey より:

    ありがとう御座います。
    もしかしたらlightroomCCとlightroom6での違いでは無いかと調べてみたら

    予想されていた事なんですが、Lightroom 6.1では新機能が使えないのが現実になりましたね。今後物議を醸し出しそうです。
    との書き込みを見つけました。

    毎月と一回払いの差かな?

    • カメラ初心者 より:

      mickeyさん

      そうみたいですね。やはり新機能をいち早く使いたいならlightroomCCを使用しないとダメなのですね。

      どうにかしてほしいところですね:(

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

長時間撮影(露光)での余計なブレを抑えたい!Psで合成してブレを簡単除去する方法!

これからの季節、NDフィルターを使用して滝や渓流などで長時間撮影(露光)する機会も増えるのではないでしょうか。 私も好きでよく長時間撮影(露光)しますが困るのがブレです。 今回はPsで合成することで簡 …

Photoshop Lightroom 5 プロフェッショナルの教科書 思い通りの写真に仕上げる現像の技術

「Lightroom 5・6」の使い方がわからない。そんな時「Lightroom 5 プロフェッショナルの教科書」がとても良い。

今、私はAdobeのLightroomの30日間無償体験をしています。無償期間が終わってもそのまま使い続ける予定です。 実は、以前にも30日間無償体験をしたことがあり、これで2回目です。 この手のソフ …

外付けSSDにLightroomのカタログを保存して便利に使う方法を考える。カタログの一部を持ち歩く!

Lightroom Classic(以下 Lightroom)のカタログは時間が経つとデータ容量が大きくなります。 それで置き場所に困っている方も少なからずいらっしゃるでしょう。今回は外付けSSDにL …

モニターのキャリブレーションって何!?モニターで正確な色を表示させたい!

カメラを始めて3年少し経ちますがモニターのキャリブレーションとか殆どスルー状態です。 MacBook proなら大丈夫かと思っていましたがそうでもないようです。他の一般的モニターと比べれば精度は高いよ …

雲海と朝日を現像してみよう!優しい光に包まれた真冬の雲海を現像する!

前回に引き続き現像について書きます。 現像が上手いか下手か、良いか悪いかは置いておいて、こんな感じの現像もあるんだなという目線で見ていただければ幸いです。 また、もちろん今回の現像も他の画像での再現性 …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。