現像・レタッチ

LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」が便利そう。早速、使ってみた。

投稿日:2015年6月20日 更新日:

最近、Lightroom CCとphotoshop CCがアップデートされていたみたいで、それに伴い新機能が幾つか搭載されていました。

なかでも、「Dehaze(ディヘイズ)」なるものがとても気になります。「Dehaze(ディヘイズ)」はと日本語にすると「かすみの除去」です。

この機能とても嬉しいです。なぜなら、風景を撮影していると、PM2.5やら黄砂やら霧やらで霞んでしまうことが多々あるからです。

先ほど私もアップデートしたので、LightroomとPhotoshopの新機能である「かすみの除去」を試してみました。

新機能「かすみの除去」

今までのLightroomでは、「効果」の部分はこんな感じでした。
LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」
それがアプデートするとこうなります。

LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」

一番下に「かすみの除去」というスライダーが増えたみたいです。

従来では、霞を軽減して写真をクリアーにしようとすると、黒レベルやシャドーやハイライトなどを操作しなければなりませんでした。

しかし、これからはこのスライダー1本であの白っぽい霞を除去することができるようになるそうです。さらに、逆に霞を加えることも可能です。便利ですね。

今まで、この「効果」の部分は「粒子」とかよくわからないスライダーが多くて、殆ど使わなかったのですが、これから活躍する機会が増えそうです。

「かすみの除去」を試してみた

まずは、この写真です。それほど極端に霞んでいる訳ではありませんが、この微妙な霞が嫌だったりまします。

LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」

「かすみの除去」のスライダーを+50にしてみます。
LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」
少し極端かもしれません。

d20150617-DSC_2478

並べてみます。上が元画像で、下が「かすみ除去」を+50にした画像です。

LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」d20150617-DSC_2478
スライダーを動かしただけですが、全体的にコントラストが上がり、特に空や奥の山並みが鮮やかになりました。もやっと感が一段階下がったようです。

これ便利。

他の画像も試してみます。すべて、上が元画像で、下が「かすみ除去」を+50にした画像です。

LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」

すっきりした印象になります。PLフィルターみたいな効果ですね。

ただ、「かすみ除去」を上げ過ぎると派手な色合いになるようなので、気を付ける必要があります。

LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」LightroomとPhotoshopの新機能「霞(かすみ)の除去」

これは色が強すぎなように思います。でも、白っぽい感じは取れます。

ちなみに、「かすみ除去」を−50にしてみると、

d20150601-DSC_1997

霧で霞んだ雰囲気になります。これはこれで使えそうですね。

まとめ

スポンサーリンク


LightroomとPhotoshopがさらに便利なりました。いろいろいじって使い方を学んでいるのですが、機能が多いし複雑で覚えきれません。

ただ、「かすみ除去」はすぐに使えて効果は大きいです。


  1. mickey より:

    Lightroom6はアップデートしてもカスミの除去の機能は追加されませんでした。

    • カメラ初心者 より:

      mickeyさん

      コメントありがとうございます。

      アップデートしても「かすみの除去」が追加されないということですが、アビドのコミュニティーフォーラムを見てみると同じような症状の人が結構いるようです。

      https://forums.adobe.com/thread/1874960

      LightroomのバージョンはLightroom CC 2015.1になっていますでしょか?
      あるいは、数日後、再度「アップデート」と表示されたという方もいるようです。最終手段でLightroomを削除して再インストールという方法もあります。

      あまり力になることができずに申し訳ありません:(

  2. mickey より:

    ありがとう御座います。
    もしかしたらlightroomCCとlightroom6での違いでは無いかと調べてみたら

    予想されていた事なんですが、Lightroom 6.1では新機能が使えないのが現実になりましたね。今後物議を醸し出しそうです。
    との書き込みを見つけました。

    毎月と一回払いの差かな?

    • カメラ初心者 より:

      mickeyさん

      そうみたいですね。やはり新機能をいち早く使いたいならlightroomCCを使用しないとダメなのですね。

      どうにかしてほしいところですね:(

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

「Raya Pro2.0」で露出ブレンドしてみる!楽に完成度の高いマスクが作れて現像が楽しくなる!

最近、使い始めた「Raya Pro2.0」というソフト。 なかなかいい感じです。ただ、「Raya Pro2.0・・・なにそれ!?」という方も多いと思います。 ということで、簡単な使用例を書いてみたいと …

NDフィルター重ね付けで色かぶり。変な色の写真をRAW現像で元に調整してみる。

日中に長時間露光しようとすると、NDフィルターを重ね付けする必要が時々出てきます。 私もND400とND16を重ね付けして使うことがあります。そんな時に問題になるのが「色かぶり」です(重ね付けしなくて …

影映る雪面を自然に現像してみる!少しの工夫で楽に美しい雪面に現像!

最近現像についてばかりですが、勢いにあるうちに書きたいと思います:) 前回、前々回は手間が掛かりそうな現像でしたが、今回のは比較的シンプルだと思います。 また、撮影時にちょっと工夫しておくと現像が楽に …

Photoshopでの覆い焼き・焼き込みの簡単な方法。写真に陰影をつけて立体的にする。

レタッチにおいて、覆い焼き・焼き込みは代表的な手法ですね。英語だと”Dodge & Burn” と言われたりします。 私も時々使いますが、人によってやり方が色々あるよう …

パノラマ写真の良い点と撮影のコツ!Lightroomでパノラマ写真を作ってみよう!

最近、パノラマ写真にはまっています。 以前からパノラマ写真で天の川のアーチを撮影していましたが今回は日中の風景です。 パノラマ写真特有の伸びやかな表現が堪りません。 ということで、パノラマ写真の良い点 …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。