撮影日記

燃える羊蹄山(ようていざん)を見た。今日は最高の姿を見せてくれた・・・

投稿日:2016年4月7日 更新日:

洞爺湖へ撮影に行ったついでに、夕日に焼ける羊蹄山を見に行きました:)
参考:北海道洞爺湖で撮影。洞爺湖で静かな朝を迎えました。

ちなみに、羊蹄山は1898mの火山です。綺麗な円錐形をしており、その山容から蝦夷富士とも言われています。過去に1回だけ登ったことがあります。

私は特に地元の山という訳ではありませんが、羊蹄山をこよなく愛しています:)

20160404-_DSC1649

本当に美しい山です。いつも思うのですが、羊蹄山はなんとなく優しさを感じる雰囲気をしています。

今年の冬は何度か羊蹄山に足を運びましたが、全て曇天で敗退していました。

でも、今日は素晴らしい光景を見せてくれました:)

燃える羊蹄山を見た

撮影スポットは洞爺湖町にあるウィンザーホテル洞爺の駐車場です。

ここは前々から行ってみたい場所でしたが、やっと念願叶いました:)

20160404-_DSC1535

最高の天気!

そして、この大展望!右に羊蹄山、左の小さい山はニセコアンヌプリです。

20160404-_DSC1561

思わず声が上がります。

ここで記念撮影。

20160404-_DSC1509

とりあえず、壮大さは伝わったかと思います:)

道民なら「ウィンザーホテル洞爺」と聞けば、G8サミットで各国首脳が宿泊した道内屈指の高級ホテルと思い浮かぶかと思います。ブッシュ大統領や福田総理などが泊まっていました。

時間があったので、トイレとパンを買いにウィンザーホテルの中へ・・・。

私は初めてウィンザーホテルに入ったのですが、半端なくゴー☆ジャスでしたね。流石に内部を撮影することはできませんでしたが、ホールに流れている音楽もフルートとハープの生演奏ですよ。生演奏で音楽流しているとかリッチ。私は撮影用の汚い服装で場違い感半端なかったな・・・。もちろん、パンは上品で美味しゅうございました:)

という感じで、4時間ほど暇をつぶしていると日が傾いてきました。

20160404-_DSC1589

日の入りまで後10分。

ショータイムの始まりです。

20160404-_DSC1627

日が地平線付近まで傾くと一気に周囲が赤く染まります。

筋状の雲と空気中の埃がそれを助長させます。

20160404-_DSC1629

光はサイド光。

羊蹄山の山肌が立体的に浮き上がります。いつもは優しい様相の羊蹄山ですが、この瞬間は力強さを感じさせます。

20160404-_DSC1634

そして、燃えるような夕焼けは急速に鎮火していきます。

それでも空は燃えたまま。綺麗だな・・・。

20160404-_DSC1649

片道400km移動して駐車場で4時間待機。

たった10分少々の光景でしたが、羊蹄山はそれに余りある程の光景を見せてくれました:)

次はここで朝日を見たいな・・・:)

まとめ

スポンサーリンク

自然は気まぐれですが、稀に素晴らしい光景を見せてくれます。

その光景をできるだけ沢山撮りたいものです:)


  1. jinkame より:

    トップページの画像が羊蹄山になっていたので、撮影に行かれたのかな?と思っていたらやはり撮りに行かれたんですね。

    美しい写真有難うございます。
    ニセコ〜京極町辺りからはよく見ていたのですが、洞爺湖付近からの写真は初めてです^ ^

    • ワイズカメラ より:

      jinkameさん

      コメントありがとうございます!

      はい、この辺りに撮影に行くとどうしても羊蹄山に行きたくなります:)
      こちらこそお褒め頂いて嬉し限りです!
      ウィンザーホテルは高台になっているので、羊蹄山のみならずかなり広い範囲を見渡せます:)
      ニセコや京極町も好きです。5月頃は京極町の「羊望の丘」に行きたいです:)

  2. morinokoe より:

    4時間待っただけある感動的な光景ですね^^
    優しい色彩で日本画のような美しい羊蹄山の姿にうっとりしました。
    もしよろしければ最後の作品の焦点距離を教えてもらえないでしょうか?

    ウィンザーホテル洞爺は噂に聞きますが、やはり高級感いっぱいなのですね!
    いつか泊まってみたいです(^^)/

    • ワイズカメラ より:

      morinokoeさん

      コメントありがとうございます!

      なかなか快晴にならなかったので、本当に良かったです:)
      最後の写真はD7200で70㎜だったので換算105㎜となります。ただ、上側を少しだけトリミングしているので、実際は換算115㎜〜120㎜くらいまで使いたいところでした:)

      そうですね。いつも宿泊費とレンズ代を天秤にかけてしまうので、なかなか泊まれません!

  3. mickey より:

    トップページの画像はやっぱり羊蹄山でしたか。

    似てるなとは思いながら、いつも京極町や倶知安町の方から見ているので
    山の形が少し違って見えていたもので。

    エイペックス洞爺の時代のマグカップ持っています。
    バブルの時代の象徴ですね。カブトデコムの物件で
    後に拓銀破綻の一因になったホテルですからね。

    時代は変わっても、羊蹄山は凛としてそこに鎮座している姿は
    不変を感じさせますね。

    美しい1枚ですね。

    • ワイズカメラ より:

      mickeyさん

      コメントありがとうございます:)

      羊蹄山、見る方向によって形が違いますもんね。ニセコからが一番綺麗な円錐形に見られる気がします!

      前に一回廃業していることは知っていましたが、当時ものすごいお金が投入されていたのですね。そして、バブル崩壊後に廃業ですか・・・。

      そうですね。いかなる時でも山は堂々と鎮座しています。
      できれば、スキー場もゴルフ場も山には作らないでほしいです。

      ありがとうございます:)

morinokoe へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

雪・船・カモメ!!流氷が来る前の港に行って一眼レフカメラで撮影しました!!

読了時間2分 流氷が来る前 オホーツク海ではそろそろ流氷がくる時期です。それに合わせて船が陸に引き揚げられます。なぜなら、海は氷で閉ざされるため通常の船は走行不能だからです。港に泊めていたら、流氷の圧 …

「巨大な天の川」と「大気光」が撮れた。D750+24-70㎜f2.8を持って宇宙を覗く。

煌々と夜空を照らしていた月が、その勢力を弱める新月期。 それとは対照的に巨大な姿を現わすのが天の川。今月はおおよそ7日前後がそれに当たります。 やっと重い腰を上げて真っ暗な世界にカメラを持っていきまい …

タウシュベツ川橋梁で撮影。北海道の中でも秘境の土地。長時間露光でも撮影しました。

天気予報が良さげだったタウシュベツ川橋梁に行ってきました。 タウシュベツ川橋梁とは北海道上士幌町の糠平湖にあるコンクリート製アーチ橋です。昔はSLの鉄道として使われていたらしいです。ちなみに、北海道遺 …

カメラが凍

本当にかちんこちんにカメラが凍りました。星空撮影にて。

カメラが凍りました。 昨日、夜空の撮影に行ったところカメラが凍りました。こんな感じです。 この日はかなり寒く氷点下20度近かったです。大丈夫かなと思ったんですが、案の定凍りました。三脚とカメラともども …

赤く焼けた雌阿寒岳・阿寒富士の撮影に挑戦!惨敗したけど次に繋がった!

撮影旅行の最後です。 この日は屈斜路湖で白鳥を撮影した後に阿寒にあるオンネート湖に行きました。 参考:屈斜路湖の砂湯で白鳥を撮影!優雅に羽ばたく!新型大三元レンズの爆速AFの恩恵を実感! 目的は夕陽で …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。