撮影テクニック 星空撮影 現像・レタッチ

天の川を現像・レタッチ(WB調整編)!Lightroomで星空のホワイトバランスをニュートラルな色に調整しょう!

投稿日:

星景写真について前回は光害を除去する方法について書きました。
参考:天の川を現像・レタッチ(光害除去編)!光害による色被りを目立たなく除去しよう!

もっと色々と星景写真のレタッチについて書きたいところですが、画像によってレタッチする方法が毎回違うので、それを記事にしたところで他で役に立たないのですよね・・・。

ただ、今回はLightroomで簡単に星空をニュートラルな色に調整する方法があるということで記事にしてみたいと思います。色々な星景写真に応用できるはずです。

Lightroomで星空のホワイトバランスをニュートラルな色に調整する方法

星空の色

星空の色は青っぽくしたり、赤っぽくしたり、好きな色にすれば良いと思います。私は青っぽい色の星空が好きです。

ただ実際のところ、星空の背景(星や星雲が何もない空間)は黒(ニュートラルな色)と言われています。

なので、リアルを求めるのなら青や赤に偏った色ではなくニュートラルな色の星空を目指すべきです。また、星空を好きな色にするにしても、一度ニュートラルな色に戻してからレタッチする方が思い通りに仕上がったりします。

あと、気分で星空の色を変えていると自分の星景写真を見直したときに、時期によって色が全然違っていてハッとする時もあります・・・。

と言うことで、星空をニュートラルな色に調整できるというのは大切な技術だと思うのです。

しかし、これが結構難しいです。

ちまちま色を変えているうちに目が慣れてしまって正確な色が分からなくなってしまいます。また、Psなどでニュートラルな色にする方法もありますが割と面倒だったりします。

そこで、今回ご紹介する方法の出番です。お手軽な分、精度!?はそこそこですが。

使うもの

今回、Lightroomで使う機能はヒストグラムWBのスライダーです。

ちなみに、ヒストグラムが分からない方は過去にまとめた記事があるのでご覧下さいませ。
参考:カメラのモニターが見にくい!屋外で写真の明るさを確認する方法!ヒストグラムの知識!

ここで、とある星景写真のヒストグラムを見てみます。

そうすると、星景写真では上のように基本的には山が2つできる傾向にあります(もちろん例外もありますが)。

これは1番左側の山が地上部分を示しています。地上部分は基本的に暗く写るので左側にへばり付くような山になる。

そして、そのすぐ右の山が星空の背景の部分を示しています。つまり、ニュートラルな色にWBを調整したいのはこの部分という訳です。

こんな具合に分かれています。

これを念頭に次です。

ヒストグラムを簡略化させよう

このままのヒストグラムだと見にくいので、星空の部分だけ適当にトリミングします。

適当に地上ギリギリから上部をトリミング。そうするとほぼ星空だけのヒストグラムを見ることができます

これがトリミング後のヒストグラム。山が1つだけになりました。

次です。

ヒストグラムを見ながら色を変える

ここでヒストグラムの山の左斜面の上部に注目します。

実は、ここの部分のRGBチャンネルが重なれば星空の背景がニュートラルな色に近づいたことになります

なので、そうなるようWBの色温度と色かぶり補正のスライダーを動かします。ヒストグラムの動きを確認しながら、今回は色温度を4750から3960、色かぶり補正を9から5に変更。

その結果、山の左斜面の上部はこのような感じにおおよそ重なりました。

ちなみに、右側の斜面はズレますが、これは明るい星や街明かりの色成分を示しているので問題なしです。

あとはトリミングを初期化します。では、結果を確認してみましょう。

結果

1枚目が何も補正していない状態、2枚目が補正した状態です。

 

街明かりの光害があるので完璧ではありませんが(低空が黄色っぽのはこのせい)、最初よりはホワイトバランスが整いました。天の川もそれっぽいリアルな雰囲気。

あとは光害を除去すれば更に良い感じになるかと思います。
参考:天の川を現像・レタッチ(光害除去編)!光害による色被りを目立たなく除去しよう!

ちなみに、LightroomのスポイトツールもWBを整えるのに便利なのですが、クリックする場所によって色味が全然違ってくるので使いにくい場合もあります。なので、私は今回の方法を使う方が多いですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

この方法は便利なので覚えて損はないです!

WBを整えたらあとは好きにレタッチして好みの星景に仕上げましょう!


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

電子シャッター、電子先幕シャッター、フォーカルプレーンシャッター、それぞれのメリット・デメリットを知っておこう!

Nikon Z7は高画素機ゆえにシャッターショックによるブレが目立つらしいですね。 特に、SS1/80やSS1/60秒前後で顕著に現れるので、その辺のシャッター速度で撮影する場合は、電子先幕シャッター …

Lightroom6で以前の現像を見直す!渓谷の写真をより幻想的にレタッチしてみる!

以前に「樽前ガロー」という場所に撮影に行ったことがあります。 参考:樽前ガローでスローシャッター。苔生す崖に流れる川。 ここは北海道で人気の撮影スポットになりつつあるようで、「Photography」 …

一眼レフカメラで連写止まりませんか!?連写、SDカード、連続撮影可能枚数について。

動き物を撮影するときに便利なのが連写です。 私は風景メインで撮影しているので連写を使うことは多くはないですが、それでもたまに連写の恩恵を預かります。 一回一回狙ってシャッターを押しても良いのですが、連 …

雲海と朝日を現像してみよう!優しい光に包まれた真冬の雲海を現像する!

前回に引き続き現像について書きます。 現像が上手いか下手か、良いか悪いかは置いておいて、こんな感じの現像もあるんだなという目線で見ていただければ幸いです。 また、もちろん今回の現像も他の画像での再現性 …

子供ボケ綺麗写真

一眼レフカメラが断トツで使える5つの訳。

読了時間2分 一眼レフカメラを購入しようか迷っている人へ。 一眼レフカメラに興味は有るけれど値段も高いし、専門用語も難しい。そもそもコンパクトデジタルカメラやスマホのカメラではダメなの!?。そんな人も …

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

プロフィールとこのサイトについて

カメラブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山をこよなく愛す男。カメラを始めたきっかけはスペイン旅行「カミーノ」です。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:) また、一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
follow us in feedly