テクニック全般 撮影テクニック 撮影日記

旭山動物園に行ってきました。動物園で動物を撮影するテクニック!!

投稿日:2015年1月1日 更新日:

読了時間3分

旭山動物園に行ってきました

先日、北海道旭川市にある旭山動物園に行ってきました。旭山動物園といえば、行動展示で一躍有名になった動物園ですね。

スポンサーリンク

行動展示すごい!!

ここまで動物が動き回る動物園はないと思います。すごいです!有名なアザラシ館では筒状のトンネルをしきりにアザラシが通って行くし、ペンキは空を飛ぶかのように水中を泳ぐ姿を見ることができます。カバもあんなに動く姿を見たことがありません!すっかり動物園でテンションが上がってしまいました。

動物の写真

とりあえず撮影した写真をアップします。

ペンギンかわいい。
旭山動物園
旭山動物園

名物しろくま。

旭山動物園

フクロウかっこいい。白フクロウは完全に笑っています。笑

旭山動物園
旭山動物園

ということで、色々動物を撮影しましたが、動物園の動物をうまく撮影するテクニックというものがあるようで、教えてもらいました。

動物園行く前に教えて欲しかった笑。

動物を撮影するテクニック

柵を消す

動物園で邪魔なものNO.1の柵。これがないと大変なことになるんですが、写真に写り込んだり目障りですよね。これを消す方法があります。

それは、「望遠を使い、絞り開放付近にすること」です。

焦点距離の長い望遠レンズを使い、絞りを開放付近にすることで、柵を写真に写り込まないようにすることができます。柵をぼかして消すって感じですね。焦点距離200㎜程度でF8以下もあればいいかと思います。

ただ注意点があります。それは、ならべく柵に寄ることです。柵から離れていると、この方法でも柵が写ってしまいます。ならべくぎりぎりまで、レンズを柵に近づけましょう。

また、ガラス越しの撮影の場合、レンズフードを外してガラスにレンズをつけて撮影するようにしましょう。ガラスって人が映ったり結構失敗しますよね。ガラスにレンズをくっつければ、ガラスの余計な反射などを抑えることができます。

動物に寄る

動物を画面いっぱいに写すことで、迫力を出すことができます。動物の体全体が写っているより、体の一部が画面から切れている方が、動物のデカさや迫力を表現できます。また、ならべく画面に空間ができないように意識しましょう。そうした方が、余計なものが写真に写り込まないので、動物園ぽさが消えます。顔とか目のどアップも迫力がうまれていいかもしれませんね。

ただこの場合、手振れに注意が必要です。200㎜でアップしているのならシャッター速度も1/200は必要です。そこまでシャッター速度が稼げない時は、ISO感度を上げましょう。

これらの点に注意を払えばワンランク上の動物が撮影できるかと思います。私もまた動物園に行ったら実践したいです。よろしければご参考に!!


  1. Soomin より:

    お久しぶりです。

    ペンギン様怒ってるの?”プールのお掃除がちゃんとしてないっ!”て言ってるみたい :)
    Wiseさんの写真ナチュラルで暖かいですね。廃鉱ーゴーストタウンと言われてる街がとても綺麗に撮れていました。忙しくて疲れた時にもシロクマちゃん見て楽しくなりました。
    本当にありがたいと思います。
    でも、山登りの熊はお気をつけてください。

    • ワイズカメラ より:

      Soominさん

      お久しぶりです。コメントありがとうございます:)

      ペンギンそう見えますね笑
      あるいは、写真撮りなと言っているようです:)

      ありがとうございます!
      これからも宜しくお願いします:)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

光条写真

いくらでも応用できる。一眼レフカメラで綺麗に太陽の光条を写真撮影。

読了時間2分 眼レフカメラで綺麗な太陽を写真撮影。 こんな太陽の写真を見たことはないでしょうか?おそらく何度かあるかと思います。 太陽から光の線がきれいに伸びています。これ「光条」と言うらしいです。上 …

本日は今期最低気温だったので「山彦の滝」へ!見事な氷瀑、森の奥にある30mの一本氷!

今朝は全国的に冷え込んだようで東京でも雪が降ったみたいですね・・・。 北海道も今期最低気温を記録しました。 なので、氷瀑を見に「山彦の滝」へ行ってきました! 山彦の滝は遠軽町という場所にありますが、こ …

構図はあってないようなもの。写真の構成を考える際に役立つヒント。

三分割構図、二分割構図、斜め構図、日の丸構図・・・などは基本構図といわれ、フォトグラファーの間では広く認識されています。 このブログでも時々、取り上げることがある。 しかし、基本構図はあってないような …

解像感のある風景写真を撮りたい!写真をパキッと解像させる撮影方法のヒント!

細部までシャープさを感じられる写真を解像感のある写真と言ったりますが、解像感のある写真って良いですよね。 見ていて繊細さや湧き立つような立体感を感じられます。 それでこの解像感は、レンズやカメラの性能 …

雪の撮影方法!降る雪を上手く撮影する2つのテクニック!ストロボ欲しい。

今年の冬はせっかちですね。 北海道では11月上旬だというのに40cmを越える雪が降りました。これから来年の4月辺りまで半年間雪の季節です。 一年の半分雪が降るって・・・。 ただ、雪は写真を撮る上ではプ …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。