撮影テクニック 星空撮影

比較明合成(コンポジット)とは?SiriusCompの使い方。一眼レフカメラで星空撮影。

投稿日:2014年12月13日 更新日:

読了時間5分

比較明合成(コンポジット)の写真。

比較明合成(コンポジット)

上写真のようなぐるぐる星が回っている写真、見たことあると思います。これは比較明合成(コンポジット)と言うもので簡単に撮影することができます。また、比較明合成(コンポジット)は星以外にも、車のライトや花火など工夫次第でいろいろ応用可能です。

比較明合成(コンポジット)

こんな写真も比較明合成(コンポジット)で簡単にできます。

比較明合成(コンポジット)とは?

比較明合成(コンポジット)とは簡単に言うと「2枚以上の画像を比較して明るい部分だけ合成していく」ことを言います。例えば、下の2枚の写真を、

比較明合成(コンポジット)
比較明合成(コンポジット)

比較明合成(コンポジット)すると、

比較明合成(コンポジット)

上の写真のようになります(ほんと雑な説明ですが)。2枚の写真の明るいところだけ合わせたようになります。これを100枚、200枚と数を重ねると、あの流れるような光の写真になるのです。

なぜ合成?比較明合成(コンポジット)の必要性。

合成と聞くとなんだか反則技のような気がしますが、そこにはちゃんとした理由があります。比較明合成(コンポジット)を使わない別な方法として、長時間露出(シャッターを長時間開けっ放しにする)方法がありますが、なぜ長時間露出ではなく比較明合成(コンポジット)なのでしょうか?

ノイズ問題。

ぐるぐる星を撮影しようとすると30分や1時間、場合によってはさらに長い時間、長時間露出する必要があります。そうすると、どうしても映像素子が熱を持ってしまいます。その熱によって、ノイズが目立ったり、写真の四隅が赤く変色してしまったりするのです。下の写真は30分の長時間露出で四隅が赤っぽく変色してしまった写真です。ざらざらとノイズも目立ち、なぜか色味もよくないです。

比較明合成(コンポジット)

比較明合成(コンポジット)であれば、数十秒程度の露出の写真を、数秒の間隔を空けて何枚も撮り合成するので、映像素子に熱は起きません。なので、ノイズの少ない比較的きれいな写真が撮れます。

長時間露出はリスクが高い。

長い時間露出していると、いろいろトラブルが起きることがあります。例えば、車の光で照らされたとか、動物が横切ったとか。苦労して何十分、何時間と露出しても、一瞬のトラブルですべてアウトです。比較明合成(コンポジット)であれば、その部分の写真だけ合成しなければなんとかなる場合の方が多いです。長い時間露出はハイリスクなんですね。

比較明合成(コンポジット)の使い方。

まずソフトが必要です。Photoshopなどのソフトでも可能ですが、無料のフリーソフトもあります。

上でそれぞれ無料でダウンロードできます。私はWindowsユーザーなので、すいませんがStarStaX は使用したことないです。ここではSiriusCompの使用方法を説明したいと思います。まず上記リンクからダウンロードしインストールしてください。インストール後、SiriusCompを起動させてください。

1.「③保存先ファイル名の参照」をクリックします。

SiriusCompの使い方。

2.ここでは比較明合成(コンポジット)で完成した写真の保存先フォルダーとファイル名を指定します。初期のファイル名は「output_comp.jpg」となっているので好きに変えてください。

SiriusCompの使い方。

3.「④画像ファイルを指定して比較明合成」のボタンをクリックします。

SiriusCompの使い方。

4.次に合成したい写真を選びます。選択方法は合成に使う先頭ファイルをクリックした後、最終ファイルを[SHIFT]キーを押しながらクリックすると選択できます。その後、「開く」ボタンを押すと合成開始し、2.「③保存先ファイル名の参照」で指定した保存先に完成画像が保存されます。

SiriusCompの使い方。

ちなみに、「ダークフレーム」という項目がありますが、これは無視しても構いません。「ダークフレーム」とはノイズを処理するための真っ黒の画像のことです。設定してもあまり変化はないし、面倒なので無視しています。

思ったより簡単だと思います。これで綺麗な星空を撮影できますよ!

スポンサーリンク

後に撮影で成功した、記事です。「ぐるぐる星空の撮影成功。インターバル撮影と比較明合成でやっと上手く撮影できた。 」。


  1. 村上 正美 より:

    質問です
    最近nikon D810を購入し比較明合成をしましたがうまくできません。D700の時は問題なくできましたが同じメーカでもjpegの内容が違うのでしょうか?

    • ワイズカメラ より:

      村上 正美さん

      ご質問ありがとうございます!

      「jpegの内容」というのも良く分かりませんが、D810やD700でも同じJpeg画像であることは間違いではないと思います。

      ただ、Jpeg画像一枚あたりの容量が全然違うので、例えばパソコンの容量不足ということはないですよね・・・!?

  2. 前田繁雄 より:

    お尋ねいたします、メモリーが不足していますと表示されますがなぜでしょう。

    • ワイズカメラ より:

      前田繁雄さん

      ご返信遅くなってすいません。

      メモリーが不足というのはパソコンにデータが溜まり過ぎて、新しいデータが記録できない状態かと思います!

      不要なデータを消去すれば上手くいくようになると思います:)

  3. 前田繁雄 より:

    電話でのご指導は頂けないでしょうか。

    • ワイズカメラ より:

      前田繁雄さん

      すいません、お電話でのご対応はさすがにしていません・・・。

      何かあればコメントにてご対応させて頂きます:)

  4. 鈴木和広 より:

    上記コメントを出した後で、インターネットのほかのサイトを色々とみてみると、どうやら Siriusu Comp は Windows10 では機能しないようですね。そこが基本的な問題だったものと思われます。代わりに Kikuchi Magic をインストールしてやってみましたところ、一発でうまくいきました。長文コメントでお騒がせしましたが、せっかく苦労して準備して撮影してきた写真を何とか合成してみたいとの一心で、藁をもつかむ思いでコメントを載せました。幸い問題は解決しましたので、上記長文コメントは無かったことにしてください。有難うございました。

    • ワイズカメラ より:

      鈴木和広さん

      コメントありがとうございます:)

      解決されたようで良かったです!
      私もよくわからなかったので自分のパソコンで色々試しておりました!
      Windows10ではダメなのですね、勉強になりました。
      わざわざコメントして頂いてありがとうございます:)

  5. imai より:

    星の光跡の間に点が入るんですが。どういう現象でしょうか。

    • ワイズカメラ より:

      imaiさん

      コメントありがとうございます:)

      「星の光跡の間に点が入る」
      写真を見ていないので何とも言えませんが、重ねる画像が微妙にずれているとかないでしょうか!?ミラーショックとかで・・・。

      • imai より:

        コメントありがとうございます。カメラはD800Eですが。ミラーアップは使用したほうが良いのでスカ。

        • ワイズカメラ より:

          imaiさん

          ご返信ありがとうございます。
          ミラーアップでの連続撮影は確かできなかったような・・・。
          毎回そのような現象が起きますか・・・?三脚や雲台の固定は問題ありませんでしたか!?

          • imai より:

            三脚雲台は問題ありません、普段はミラーアップ使用していますが、比較ゴウメイ写真は2回目ですが2回とも同じ現象なので お伺いした次第です。次からわミラーアップして撮影してみます。お世話になりました。

  6. imai より:

    ミラーアップでの連続撮影はd800Eでできるのでしょうか、次回試してみます。

  7. imai より:

    D800-Eではミラーアップ
    するとインターバル撮影はできません。三脚雲台は問題ありませんので写真お、お見せしたいんですけど、パソコン初心者ですので良く分かりません。

    • ワイズカメラ より:

      imaiさん

      やはりミラーアップでインターバル撮影はできませんよね。
      メールアドレスを入れてコメント頂ければ、直接メールできます(メールアドレスは公開されません)!

  8. imaikiyosi より:

    Gメールで写真お送りしましたので 宜しくお願い致します。

  9. imaikiyosi より:

    色々とお世話になります。カメラの設定は20秒インターバルは30秒絞りはf4.5です、宜しくお願い致します。

  10. imaikiyosi より:

    カメラ内のタイマー機能を使ってます

  11. 髙塚福太郎 より:

    カメラD810で星空を100枚連続撮影しシリウスコンポで比較明合成し同時にタイムプラス動画も作成しました。パソコン上では動画の再生ができるのですが、タブレット端末(アンドロイド)では再生できません。何か原因があるのでしょうか。

    • ワイズカメラ より:

      髙塚福太郎さん

      ご質問ありがとうございます!

      アンドロイドの端末を使ったことがないので分かりません。

  12. A3plus より:

    比較明でcompositeした星軌跡の途切れは露光時間に関係があるようです。10秒以上だと途切れるようです。小生の場合は8秒で完全につながります。
    カメラにもよりますが、高速連写CH(※)でシャッター押しっぱなしでも撮れます。
    ※Nikonでは  S CS CH の選択肢

  13. A3plus より:

    申し忘れましたが、Star Staxではギャップ(途切れ)補正機能があります。

  14. A3plus より:

    Star staxはWin Macともcompositeできます。
    SriusComp StarStaxとも普通のcompositeのほかコメットも出来ます。
    この頃天候に恵まれず…雲の動きをタイムラプス動画で楽しんでいます。
    星空が恋しいです。

    • ワイズカメラ より:

      A3plusさん

      コメントありがとうございます。

      Star staxはWinもMacもいけましたね!

      私も星空が恋しいです・・・笑
      雲の動きも悪くないんですけどね:)

  15. 鈴木ひろ子 より:

    教えてください。
    ほたるを撮影し、6枚を合成しようとしたのですが、「アプリケーションのコンポーネントでハンドルされていない例外が発生しました。の掲示され、メモリがふそくしています。とも追記されていました。パソコンのメモリはまだ十分あるのですが、機器に弱いので何が問題でどうすればよいかわかりません。
    宜しくお願いいたします。

    • ワイズカメラ より:

      鈴木ひろ子さん

      ご質問ありがとうございます。

      以前にそういった方がいましたが、Sirius CompはOSによって作動しないこともあるようです。
      Windows10では作動しないという情報があります。
      いかがですか?

      • 鈴木ひろ子 より:

        ありがとうございます。
        私の使用パソコンはwindows7で、星をインターバルで撮影し、2~3回シリウスを使ったときはOKだったのですが、ある時から前述した掲示が出て使えなくなりました。要因が何かわからず困っています。
        すみません。このような時はどこから手をつければいいでしょうか?宜しくお願いいたします。

        • ワイズカメラ より:

          鈴木ひろ子さん

          途中からそうなったのですね・・・。
          シリウスを一回アンインストールして再インストールしてはいかがでしょうか!?

          それ以外の解決方法はちょっと分かりません・・・。

  16. 黒崎康子 より:

    すみません。先ほど返信のところに質問を書いてしましましたので
    こちらの再投稿です。
    Srius Comp64を使っていますがコメットの方法が分かりませんので
    教えてください。
    バージョンが古いのでしょうか。

    • ワイズカメラ より:

      黒崎康子さん

      コメントありがとうございます!

      すいません、私もコメットは使ったことがありません・・・。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【2019年】天の川のレタッチ方法!Nikcollectionで簡単にレタッチ。

天の川のレタッチ方法について書いてみたいと思います。 とは言っても、天の川のレタッチ方法はころころ変わるので、今の所はこんな感じでやっていると言う話です。 去年くらいからこの方法でレタッチしています。 …

NDフィルターの使い方と効果!NDフィルターを4枚購入し、じっくり使っての感想と作例!

皆さん、水の流れがシルクのように滑らかな写真や雲が流れているかのような写真を見たことがあると思います。 これらの写真にはよくNDフィルターというものが使われています。 NDフィルターとは簡単に言うとレ …

これまでの星景撮影を振り返り!今後のどのように星景を撮影していこうか!?

5月の新月期が終わり、次の天の川の撮影は6月へ。 今月は星景撮影の難しさを噛み締めてばかりでした。それでも満足する写真を撮ることができました:) 星景撮影という楽しみが一つ増えました! それで、先月と …

高感度ノイズ、長時間ノイズの原因と対策!ザラザラやカラフルな点々はノイズ!

写真撮影をしていると気になるのがノイズ。 ざらざらしたり、カラフルな点々が写ったりと、せっかくの写真もイマイチな感じになってしまいます。 ただし、ノイズの原因を知り対策をすれば、ある程度は綺麗にするこ …

ダイナミックレンジとは!?ダイナミックレンジを最大に活用して上手く撮影!

カメラをやっていると何度も耳にするダイナミックレンジという言葉。 もし、ダイナミックレンジを意識していないのなら、これを意識して撮影するだけで写真の出来が大きく変わるかもしれません。 今回はダナミック …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山をこよなく愛す男。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。