登山 登山装備

登山好きなら読んでも良いと思う!最近読んだ2冊の登山に関する本!

投稿日:2015年11月25日 更新日:

最近、登山に関する2冊の本を読みました。登山好きなら読んで損はないと思います。

特に、「トムラウシ山遭難事故はなぜ起きたのか」は読んでいて楽しい内容ではありませんが、今後の登山のために大いに糧になりました!

FullSizeRender-3

久しぶりに登山に関する事で書きたいと思います:)

最近読んだ登山好きなら読んでも良いと思う本

まずはこれです。

空へー「悪夢のエヴェレスト」

FullSizeRender-4

これは1996年5月にエヴェレストで起きた公募登山(商業登山)での大規模遭難事故について書かれた本です。

「エヴェレスト3D」として映画化されていますね。というか、映画がきっかけで読みました。

日本人女性もこの遭難事故で亡くなったそうで、日本でも大きなニュースとなったようです。当時、私は小学生だったので全く覚えていません。

「空へー悪夢のエヴェレスト」は実際にこの公募登山し参加したジョン・クラカワー氏によって書かれました。彼の職業はアウトドア雑誌のライターです。

本書は淡々と起こった出来事を書くドキュメンタリーですが、本業のライターが書いただけあった文章にはかなり迫力があります。文を読むだけで行ったこともないエヴェレストの情景がありありと目に浮かんでくるし切迫した雰囲気も伝わってきます。

エヴェレストの公募登山というと、まず私が思い浮かぶのが「世界の果てまで行ってQ」のイモトアヤコさんです(これは公募登山とは違うかもしれませんが、同じようなものだと思います)。実際にはまだ登れていませんが、エヴェレスト登頂のためにかなりトレーニングをされていました。

このことに関し、すごいなと思いながらも何となく「お金や人を大量に投下してルート工作すれば誰でも登れるのではないか」とも考えていました。

しかしながら、必ずしもそうではないようです。

たとえ登りやすいように環境をベストに整えたとしても、エヴェレスト山頂に到達するにはなかりの体力や忍耐力を必要とするようです(事故から20年近く経っているので今は業況が変わっているかもしれませんが)。

「52時間眠れていない」、「この三日の間でなんとか飲み下すことができたのはラーメンのつゆとピーナッツ一握りだけ」、「何週間も激しい咳が止まらないせいで肋骨にヒビが入り呼吸するだけで苦痛」、本書では公募登山隊員のリアルな有様が書かれてます。

イモトさんはすごいなと改めて思いました。ちなみに、「天国じじい」と言われている貫田宗男氏が本書で少し出てきます。この方もすごい人なんだな・・・。

私はせいぜい標高2200mくらいまでしか登ったことはありません。8848mの高峰に立つ気分はどのようなものなんだろう・・・。本書によると脳に酸素が回らないせいで感動は薄いらしいですね!

空へ―「悪夢のエヴェレスト」1996年5月10日 (ヤマケイ文庫)

「トムラウシ山遭難事故はなぜ起きたのか」

FullSizeRender-5

これは2009年に北海道トムラウシ山(2141m)で起きた「トムラウシ山遭難事故」を元に書かれたドキュメンタリーです。

トムラウシ山遭難事故は登山ツアー客18人中8人が低体温症により凍死するという夏山史上最悪の事故で、当時は登山には全く興味はなかった私もこのことはよく覚えています。

この事故は「年配の方が軽装備で雨に濡れた上に強風に見舞われてしまったこと」が原因なんだろうと勝手に思っていまいした。だから、私はまだ若いしゴアテックス製のしっかりとしたレインウエアを上下持っているし大丈夫だと思っていました。

そんな私に本書の内容は思いがけずにショックなものでした。

というのも、凍死した方々はしっかりした装備を持っていたし、中には殆ど濡れずに凍死してしまった人もいたと書かれていたからです。

低体温症は食事や登山行程など複合的な要因で引き起こされ、思うよりも簡単に陥ってしまうものであるようです。山なら誰にでも、どこでも起こり得ることなんだとよく分かりました。

確かに、私も登山中に多少寒さを感じてもザックから服を出して着るのが面倒くさくて我慢してしまう時が結構あります。これって怖いことなんですね・・・。

北海道では7月の2000m級の山と言えども、最低気温は3、4℃に下がることも珍しくありません。十分注意する必要があります。

本書は登山を趣味とする者には大いに糧になるものだと思います!また、読み物としても臨場感があり面白いです(不謹慎かもしれませんが)。

来年はトムラウシに挑戦したいです!

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)

まとめ

スポンサーリンク

登山できないシーズンは登山本を読んだり装備を再検討したりと、来シーズに向けて準備を整えるもの良いかもしれませんね:)


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

十勝連峰、富良野岳を日帰り登山!北海道らしい雄大な風景だった!

2年ぶりくらいに十勝連峰へ登山に行きました。 山は富良野岳です。 富良野岳は初めてなのでわくわく。 富良野岳を登山 当日、麓の富良野や美瑛は生憎の天気。空は重たい雲に覆われていました。 景色は望めない …

トムラウシ!神々の庭に星が舞う!短縮コース〜南沼テント泊登山②

前回の続きになります。 参考:トムラウシ!神々が目にする光景!短縮コース〜南沼テント泊登山① 午後から山頂は雲に覆われたものの夕方頃から再び天候回復。 太陽が沈んだ後は「神々の遊ぶ庭(カムイミンタラ) …

2017年に購入したカメラ機材と登山装備!今年も色々機材が増えました!

もう年末。 この一年振り返ってみると今年もあれこれカメラ機材と登山装備を購入していました。機材をポチる瞬間って堪らないですよね。 ちょっとこの一年を振り返ってみたいと思います。 2017年に購入したカ …

ワコールのスポーツタイツ

登山で膝が痛い。痛みに効果的な3つのグッズで、登山での膝の痛み防止。

登山で膝が痛いことはありませんか?? 私は痛くなります。学生の頃、サッカー部で膝を痛めたことがり、日常生活で痛むことはありませんが、登山のように膝を酷使するとすぐに痛み出します。 膝は消耗品のようなも …

モンベル「アルパインパック60」

縦走テント泊登山に向けて60Lザック入手。モンベル「アルパインパック60」の感想。

縦走テント泊登山に向けて60Lザックを購入しました。 今回、購入したザックはモンベルの「アルパインパック60」です。 [モンベル] mont-bell アルパインパック60 1223325 CNBL …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山をこよなく愛す男。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。