Photoshopの使い方

Photoshopのスマートオブジェクトとは!?スマートオブジェクト活用して効率よくレタッチしよう。

投稿日:2021年11月17日 更新日:

この記事ではPhotoshopにおけるスマートオブジェクトについて解説しています。

スマートオブジェクトはPhotoshopを使い始めたばかりの方には分かりにくいかもしれません。しかし、分かると非常に便利です。

Photoshopのスマートオブジェクトとは!?

スマートオブジェクトは「画質が劣化しないレイヤー」と説明されることがあります。それは間違いではないですが、正確な説明ではありません。

では、スマートオブジェクトが何かというと「すべてのデータ特性と、元画像の情報を保持したレイヤー」です。ちょっと分かりにくい説明なので、解説していきましょう。

通常の画像レイヤーだと、縮小して拡大すると画質が劣化します。一方で、スマートオブジェクト化した画像レイヤーなら、縮小と拡大を繰り返しても画質が劣化しません。

通常の画像レイヤーは縮小すると、画素(ピクセル)が間引かれ減少します。そして、それを再び拡大すると、減った画素(ピクセル)を引き延ばすことになるので、ボヤけたように画質が劣化してしまうわけです。

しかし、スマートオブジェクト化した画像レイヤーなら、元画像の情報を保持できるので、縮小しても画素(ピクセル)を失いません。なので、縮小と拡大を繰り返しても画質が劣化しない。ゆえに、「画質が劣化しないレイヤー」と説明されるわけですね。

画素(ピクセル)について詳しくは下の記事を参考にしてください。
参考:Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」と「スーパー解像度」について。

 

次に、スマートオブジェクトにより保持されるのは、画素情報だけではありません。編集データも保持されます。

例えば、通常の画像レイヤーだと変形した後に、再び変形しようとすると、前のデータは残っていません。

15度回転させましたが、再び回転させようとすると、0度になっています。

しかし、スマートオブジェクト化した画像レイヤーなら、前の編集データが保持されます。

15度回転させた後に、再び回転させようとすると、以前回転させた15度と表示されています。

このように、スマートオブジェクトでは編集データも保持されます。後述しますが、これは様々なレタッチに活用可能です。

スマートオブジェクトへの変換方法

レイヤーパネルにてスマートオブジェクト化したい画像レイヤーを選択し、メニューバーの[レイヤー] 、 [スマートオブジェクト] 、 [スマートオブジェクトに変換] です。

これで画像をスマートオブジェクトにすることが可能です。

スマートオブジェクト化すると、レイヤーサムネイルの右下にマークが表示されます。

ちなみに、Photoshopに画像を読み込んだ時点で、スマートオブジェクト化されている場合もあります。

では、スマートオブジェクトを使ったレタッチ方法を確認していきましょう。

スマートオブジェクトを使ったレタッチ方法

スマートオブジェクトは難しい印象ですが、要領を知ればとても便利な機能となります。

Camera Rawなどのフィルター

まず、Camera Rawなどのフィルターを非常に便利に使えるようになります。

Photoshopにはシャープネスをかけたり、ボカしたりする「フィルター」と呼ばれる機能があります。また、Camera RawフィルターというLightroom的な操作感で編集できるフィルターもある。

通常のレイヤーでフィルター機能を使うと、フィルター適応後にやり直しが効きません。これがとても不便。しかし、スマートオブジェクト化すれば、編集データが保持されるので、何度でもやり直しが効きます(これをスマートフィルターという)。

上画像のように「スマートフィルター」内にデータが保持されるので、これをダブルクリックすれば何度もやり直しが効きます。非常に便利です。

もちろん、様々なフィルターを追加して使えます。

色調補正

次に色調補正です。

レイヤーパネルにてスマートオブジェクト化したレイヤーを選択した状態で、オプションバーから [イメージ] 、 [色調補正] を選択します(色調補正パネルからではありません。調整パネルからでは調整レイヤーになるので)。

ここから好きな調整項目を選択します。

そうすると色調補正もスマートフィルター内に情報が保持されます。

このような感じですね。レベル補正、トーンカーブ、色相・彩度などが表示されています。これをダブルクリックすれば再編集可能です。

大きな特徴として、ここでの色調補正はスマートオブジェクトにのみ適用されます。下のレイヤーには影響を及ぼしません。

色調補正パネルから調整レイヤーを使うと、調整レイヤー以下の全レイヤーに効果が適用されるので、この点で効き方が違います。調整レイヤーでクリッピングマスクを使用する感じに似ている(クリッピングマスクについては別記事にてまとめます)。

この方法と調整レイヤーのどちらを使うか、シーンに応じて使い分けると良いですね。

 

ちなみに、スマートフィルターにもマスクを使用できますが、マスクはすべてのスマートフィルターに適用されます。個別のスマートフィルターをマスクすることはできません。

調整レイヤーは個別にマスクを使えるので、調整する目的に合わせて両者を使い分ける必要があるでしょう。

スマートオブジェクトのデメリット

非常に便利なスマートオブジェクトですが、デメリットもあります。

データ重い

まず、データが重くなります。

スマートオブジェクトを使いあれこれ補正をすると、PCのスペックによっては動きがもっさりしてくるでしょう。また、保存したデータも重くなります。

解決策としては、ラスタライズすれば、保持した情報は消えますがデータは軽くなる。ラスタライズについては下で書いています。

レイヤーを直接編集できない

スマートオブジェクト化したレイヤーを直接編集することはできません。

例えば、修正ブラシツールなどでゴミを取ったり、あるいは覆い焼き・焼き込みツールなどが使えません。スマートオブジェクト化したレイヤーを直接編集しようとすると、以下のような警告が出ます。

「続行する前に、このスマートオブジェクトをラスタライズする必要があります。コンテンツを編集を続行できません。スマートオブジェクトをラスタライズしますか?」と表示されています。

ラスタライズとは簡単に言うと、スマートオブジェクト化したレイヤーから普通のレイヤーに戻すことです。

表示されたけ警告で [OK] をクリックすると、ラスタライズされ直接編集が可能になります。ただし、ラスタライズすると保持した情報が消えるので、スマートフィルターなども消えます(結合される)。

ラスタライズすると、このように消えてしまう。

 

ちなみに、スマートオブジェクト化したレイヤーを編集する、もう一つの方法があります。

まず、スマートオブジェクトにしたレイヤーのサムネイルをダブルクリック、そうすると別のデータとして元画像が新たに開かれます。

この元画像のデータはスマートオブジェクトになっていないので、修正ブラシや覆い焼き・焼き込みツールなどでも自由に使うことが出来ます。

ここで編集して保存すると、先ほどまで編集していたデータ(スマートオブジェクト化したレイヤー)にも反映されます。

試しにこの方法で修正ブラシツールを使うと、ちゃんと「島」が消えました。

スマートオブジェクトの解除方法

データが重いなどの理由で、スマートオブジェクトを解除するには、スマートオブジェクト化しているレイヤーを選択した状態で右クリック、 [レイヤーをラスタライズ] を選択します。

これでスマートオブジェクトを解除できます。

あるいは、メニューバーから[レイヤー] 、 [ラスタライズ] 、 [スマートオブジェクト] でも良いです。

すでに上記しましたが、ラスタライズすると通常のレイヤーに戻ります。なので、保持していたデータ(スマートフィルターなど)が消えてしまうので注意です。

ちなみに、ラスタライズした画像を再びスマートオブジェクト化することはできます。ただし、以前保持していたデータが戻ることはありません。

 

スポンサーリンク

まとめ

  • スマートオブジェクトは、すべてのデータ特性と、元画像の情報を保持したレイヤー
  • スマートオブジェクト化すると縮小拡大による画質劣化がない
  • スマートオブジェクト化すると、やり直ししやすくなる
  • ただし、データが重い、直接編集できないなどのデメリットも
  • ラスタライズすると通常のレイヤーに戻せる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

この記事ではPhotoshopにおけるレイヤーの基本と使い方について解説しています。 レイヤーはPhotoshopに欠かせない機能です。細かなことは使って行くうちに覚えるとして、まずは基本はしっかりと …

Photoshopで不要なものを消す方法。コピースタンプ、修復ブラシツール、パッチツールなどの使い方。

この記事ではPhotoshopにおけるコピースタンプ、修復ブラシツール、パッチツールなどの使い方ついて解説しています。 これらのツールを使えば、かなり大きな不要物でも綺麗に除去することができます。 目 …

Photoshopで画像を保存する方法。PSD形式で保存とWeb用に書き出す手順。

この記事ではPhotoshopにおいて、PSD形式での保存とWeb用に書き出す手順ついて解説しています。 PSD形式はレイヤーが保存できるので、レタッチ後の画像の保存に広く使われています。また、劣化も …

Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」と「スーパー解像度」について。

この記事ではPhotoshopでの解像度とサイズを適切に設定する方法について解説しています。 特に、写真を印刷する場合には重要な項目なので、しっかりと確認すると良いでしょう。 目次1 画素数と解像度の …

Photoshopのブラシツールの使い方。ブラシツールを色々設定したり自作する。

この記事ではPhotoshopにおけるブラシツールについて解説しています。 ブラシツールはPhotoshopのツールの中で、最も基本的なツールと言えるでしょう。写真のレタッチでも様々な場面で、高頻度で …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。