レンズ 機材

Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sのスペックについて他のレンズと比較してみる。Zマウント広角大三元レンズ登場!

投稿日:

待望のNikon Z 14-24mm f/2.8 Sが発表されました。

一体どんなレンズなのかFマウントの14-24mm f/2.8、Zマウントの14-30mmF4、ソニー FE 16-35mm F2.8、ソニー FE 12-24mm F2.8などとの比較を通して、Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sが一体どんなレンズなのか、そのスペックを確認してみたいと思います。

Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sのスペックについて

Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sの重さ大きさについて

まず、特徴なのが約650gと非常に軽量なことです。

焦点距離14mm以下から始まる開放F値2.8通しのレンズとしては世界最短・最軽量らしい。

※表は横スクロール可能です。

Z 14-24mm Z 14-30mmF4 F 14-24mm FE 16-35mm FE 12-24mmF2.8 SIGMA 14-24mmF2.8
(Eマウント)
重さ 650g 485g 970g 680g 847g 795g
大きさ φ88.5mm×124.5mm φ89mm×85mm φ98mm×131.5mm φ88.5mm×121.6mm φ97.6mm×137mm φ85.0mm×133.0mm

ソニーのFE 16-35mmF2.8よりも軽量なのは凄いですね。さすがにZ 14-30mm F4よりは165g重いですが、F4かF2.8の違いがあるので・・・。

Fマウントの14-24mmF2.8との比較では、320gも軽量化されています。

画像引用:NiKON HP

軽量化されただけでなく、一回り以上コンパクトです。

これだけ軽量コンパクトなら登山などでも負担になりにくいですね。ちなみに、シグマ14mmF1.8は1120g、サムヤン14mmF2.4は791gなので、これらと比較しても断然軽量です。

これは欲しい・・・。

Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sのフィルターについて

Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sは112mmのフィルターが装着可能となっています。

ただし、レンズそのものに直接付けるのではなく、付属するバヨネットフード HB-97を介してとなります(通常タイプのバヨネットフード HB-96も付属する)。

画像引用:NiKON HP

このような感じですね。フィルターホルダーをレンズフードに組み込んだみたいなイメージですかね。

PLフィルターについてはNikonより「円偏光フィルターII 112mm」というのが発売されます。NDフィルターは市販のものも使えるそうです。

ちなみに、径112mmのフィルターは径82mm以下のフィルターと比べてあまり一般的ではなく、種類もそれほど多くないのが現状のようです。

Kenko NDフィルター PRO ND8 プロフェッショナル 112mm 光量調節用 010723

価格もやや高価です。

とは言っても、広角14mmF2.8で丸枠のフィルターが使えるのは画期的ですね。ちなみに、Zマウント 14-30mm F4とソニー FE 16-35mmF2.8は共に径82mmです。他は出玉で丸枠フィルター不可。

 

さらに、レンズのマウント側には、シートタイプのフィルターを簡単に装着できるフィルター枠を採用しています。

画像引用:NiKON HP

ソフトフィルターなどを取り付けたりすることができますね。

Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sの描写性能について

各レンズのレンズ構成は以下の通りです。

Z 14-24mm Z 14-30mmF4 F 14-24mm FE 16-35mm FE 12-24mmF2.8 SIGMA 14-24mmF2.8
(Eマウント)
レンズ構成 11群16枚 12群14枚 11群14枚 13群16枚 14群17枚 13群18枚

まず、Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sは、Fマウント14-24mm f/2.8の前玉にあった大きく前へ張り出す形状のレンズを廃止し、大口径の両面非球面レンズを採用するという新たな光学設計になっています。

画像引用:NiKON HP

大きな前玉はFマウント 14-24mm f/2.8の特徴でした。傷が付きそうでビクビクしていた。あれが無くなったわけですね。これにより大幅な小型・軽量化と、フィルターの装着を可能にしているようです。

 

さらに、Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sの11群16枚のレンズには、EDレンズ4枚、前玉の両面非球面レンズを含む非球面レンズ3枚4面を採用し、絞り開放から画像周辺まで、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを圧倒的に上回る解像力を発揮すると謳っています。

Nikon Z 14-24mm f/2.8 SとAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDのMTF曲線を見てみましょう。

特に、Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sの広角側のMTF曲線は上に張り付くようで、その描写性能の高さが伺えます・・・。

当然、星の描写にも力を入れています。HPでは以下のように記載されている。

特に開放F値2.8での点像再現性をさらに強化しており、画像中心部だけでなく周辺部の点光源まで美しく再現。プロフェッショナルも愛用するAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDよりも、さらに優れた点像再現性をズーム全域で発揮します

これはかなり期待できます。

 

逆光耐性については、従来からのナノクリスタルコートと、Zレンズで新たに採用されているアルネオコートが施されています。Zレンズは驚異的に逆光に強いので、Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sも鬼の逆光耐性となるでしょうね。

Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sのその他性能

Nikon Z 14-24mm f/2.8 Sは防塵・防滴になっています。随所にシーリングを施しているので、フィールドの厳しい環境にも対応できる。ちなみに、前玉にはフッ素コートもしてあるので、メンテナンス性も高いです。

そして、AF駆動には静音性の高いSTM(ステッピングモーター)を採用されています。動画撮影などにも優位。

あとは、絞り、撮影距離、被写界深度などの情報を確認できるレンズ情報パネルを搭載、コントロールリングではフォーカス(M/A)、ISO感度、絞り値、露出補正のいずれかの設定機能を割り当て可能、またFn1/Fn2ボタンが設置されておりカメラのFnボタン同様に使えます。高い操作性です。

手ぶれ補正は広角なので搭載されていないようですね。

これで大三元が揃いました。

Nikon 標準ズームレンズ NIKKOR Z 24-70mm f/2.8S Zマウント フルサイズ対応 Sライン

Nikon 望遠ズームレンズ NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S Zマウント フルサイズ対応 Sライン NZ70-200 2.8

 

スポンサーリンク

まとめ

ついにNikon Z 14-24mm f/2.8 Sが出ましたね!

希望小売価格:352,000円ですか・・・。


  1. mickey より:

    FE12ー24mm F2.8 GMは847g 14群17枚なので
    そこそこ重いですね。でも97.6 x 137mmなので
    SIGMAより小型で、片手で振り回せます。
    ただ値段だけがネックです。

    • ワイズカメラ より:

      mickeyさん

      FE12ー24mm F2.8 GMは神レンズだと思います!
      価格がどんどん上がっていく・・・。

  2. Labatt より:

    次のレンズを何買おうか迷っていて、とりあえずこれの発表を見て決めようと思っていたのですが一気にこれが第1候補となりそうです。まあもともと本命として期待していたのですが、やはりf2.8でこのコンパクト、それにフィルターがつけられるっていうのはかなり大きいですね。

    まあ個人的には今の角型フィルターシステムをたぶん大きくしないといけないのがマイナスなのですが、ある程度想定して最近は増やしてないので何とかしますかね。112mmの丸型フィルターがどのくらい種類があるのかも気になります。

    あ、すぐには買いませんよ。適当に値下がりしてから・・・・いつなんでしょうか・・。

    • ワイズカメラ より:

      Labattさん

      このレンズ、かなり魅力的ですね。おそらく描写性能も抜群でしょうね・・・。

      112mmのフィルターは、今後NISIやKANIが色々と発売してくれると予想しています。ただ高そうです。

      当分、値下がりはしなさそうですね笑

  3. tatsumo より:

    50mm F1.2は購入するつもりなのですが、14-24mm F2.8もZマウントの良さを活かした素晴らしい性能みたいですね!HPの星空の作例とか見ると思わず欲しくなってしまいます💦
    今の自分の超広角端はCarl Zeiss Distagon 2.8/15mmなんですが、、、
    迷っちゃいますね ( ̄▽ ̄)

    • ワイズカメラ より:

      tatsumoさん

      50mm F1.2はやばいらしいですね。レンズ構成もやばそうです・・・。
      14-24mm F2.8は相当気になりますね。おそらく星撮影では最強になるのではと期待しています・・・。

Labatt へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

カメラの結露

冷たいカメラをそのまま家の中に入れてないですか?カメラの結露に注意。

読了時間2分 カメラの結露は故障の原因です。 冷たくなったカメラを暖かい室内へ持ち込むと結露が発生します。これはカメラの表面だけでなく、カメラの内部やレンズの内部にも同じように結露ができています。この …

NDフィルターの使い方を詳しく解説!水の流れやスムーズな水面を撮影してみよう!

NDフィルターを使用したスローシャターは風景写真などにおいて非常に人気のある撮影方法です。 肉眼では見られない幻想的な雰囲気を表現できますし、スマホやコンデジでは撮影できなので一眼レフやミラーレスの強 …

画像処理エンジン

一眼レフカメラの購入時に役立つ知識。カメラ購入のポイント。

読了時間5分 これから春を向かえ一眼レフカメラを購入しようと言う方もいるかと思います。 家電店のカメラコーナーとかに行くと、ずらっとカメラが並んでいますね。値段とか見かけの違いはわかるけど、いきなり中 …

レンズ購入注意

将来的にフルサイズへ買い替える予定は?レンズ購入の思わぬ落とし穴に注意。

読了時間4分 将来的にカメラを買い替える予定はありますか? 一眼レフカメラには「35㎜フルサイズ」と「APS-C」の二つがあります(APS-C?35㎜フルサイズ?35㎜換算とは。一眼レフカメラ知識。) …

kani 150mm CPLフィルターを使ってみた!出玉レンズにも対応するPLフィルター。

フィルターメーカーであるKANIさんより「kani 150mm CPLフィルター」をご提供して頂いたので、レビューしたいと思います。 PLフィルターは光の反射を除去するフィルターです。水面の反射を除去 …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。