その他 機材

プライムフォトでRAW画像をバックアップ!Amazonプライム会員でプライムフォトを使ってみた!

投稿日:2016年2月14日 更新日:

少し前から話題になっていたAmazonのプライムフォト。

すでにご存知の方も多いかと思いますが、Amazonプライム会員であれば写真(RAW画像も)が容量無制限で保存できると言うものです。

今更ですが、私もAmazonプライム会員になりプライムフォトを使い始めたので、使い方や感想を書いてみたいと思います:)

細かな不満はありますがRAW画像をごっそりバックアップできるので概ね満足です!

プライムフォトでRAW画像をバックアップ

気になっていた写真のバックアップ

今までは撮影したRAW画像や現像したJPEG画像は全て、一つの外付けHDDに保存していました。

I-O DATA USB 3.0/2.0接続【家電対応】外付ハードディスク 2.0TB HDC-LA2.0

これでも使っていて不満はなかったのですが、怖いのはデータの消失です。

誤って落としてしまったり、コップを倒して濡らしてしまったり、あるいは原因不明でデータが消えることもあります。

今まで撮影した写真が消えてしまうことを想像するとゾッとします・・・。

スクリーンショット 2015-11-16 19.49.17

ということで、ずっと写真のバックアップについて気にしていたのですが、何もせずにほったらかしにしていました。

というもの、JPEG画像だけならFlickrやGoogleフォトなどでもバックアップできますが、RAW画像は容量が大きいのでなかなか容易ではないからです。

そんな感じで悩んでいた所にプライムフォトが出現してきたので、年会費3900円でAmazonプライム会員になりプライムフォトを使ってみました:)

ちなみに、Amazonプライム会員になれば映画や音楽も聴けますし。商品の到着も早いです。年会費3900円って1ヶ月325円です。1日約10.8円なので、そう考えると安いです!

早速、プライムフォトを使ってみる

Amazonのアカウントがあれば、すぐにプライム会員になれプライムフォトを使えます。

ちなみに、プライムフォトに対応しているRAWファイルには限りがあるようです(2016年2月現在)。

スクリーンショット 2016-02-12 20.44.33

NikonD750は・・・あれ!?対応カメラ機種に記載されていません・・・(でも、後述しますが結果的には使えました)。

まず、Amazonプライム会員になると下のような画面に進むことができます。これがプライムフォトの画面です。

スクリーンショット 2016-02-12 18.07.01

ウェブブラウザやアプリから写真をアップロードしたりダウンロードしたりできるようです。

私はアプリをダウンロードして操作してみることにしました!

スクリーンショット 2016-02-12 18.10.50

これがダウンロードしたアプリですね。

アプリを開いてみます。

スクリーンショット 2016-02-12 18.11.13

非常にシンプルです。

それでは撮影したRAW画像をアップロードしてバックアップしてみたいと思います:)

「フォルダーの選択…」からアップロードしたいRAW画像を選びます(今回は200枚のRAW画像が入ったフィルダーごとアップロードしてみます)。

アップロードするフォルダーを選択すると、今度は下画像のように保存する場所を選択します。

スクリーンショット 2016-02-12 18.46.33

ここで新しいフォルダーを作成して階層化することも可能です。

スクリーンショット 2016-02-12 18.46.52

これができたらアップロードのボタンをクリックします。

スdクリーンショット 2016-02-12 18.14.09

アップロードが始まりました。

RAW画像200枚で5.48GBありましたが、約12分50秒かかりました。これが遅いのか早いのか分かりませんが、ほったらかしにするだけなので特にストレスはありませんでした。

アップロードができたら、ウェブブラウザからAmazonのアカウントで確認してみます。

スクリーンショット 2016-02-12 19.10.32

他の画像もアップロードしたので376枚の写真になっていますが、「プライム会員として撮影したすべての写真の無料ストレージ」に全て保存されています。D750でも問題ありませんでした。

ウェブブラウザではこのような感じでアップロードした画像を確認できます。

スクリーンショット 2016-02-12 18.44.37

シンプルというか物足りない画面ですね。この先もっと良くなっていくのでしょうか!?

クリックするとプレビュー画像を確認できます。

スクリーンショット 2016-02-12 18.44.51

でも、なぜかRAW画像だとプレビュー画像がかなり小さいです。バックアップとして使用するだけなので特に問題はないですが・・・。

今度はアップロードした画像をダウンロードしてみます。上写真の「ダウンロード」と書かれた箇所をクリックするだけです。

試しにRAW画像1枚だけダウンロードしました。

スクリーンショット 2016-02-12 21.07.39

画像1枚だけなのに5.6分も掛かりました。私のネット環境の問題でしょうか・・・。

あと、なぜが拡張子に「tiff」が勝手に付いていました。左がダウンロードしたRAW画像で右が元々のRAW画像です(追記:ブログ訪問者さんがAmazonに問い合わせした結果、不具合として認識されていて、修正は検討中らしいです。Masaさん教えていただいてありがとうございます)。

スクリーンショット 2016-02-12 21.12.59

もちろん画像サイズは同じですが、なぜか「_DSC7201.NEF.tiff」です。

ただ、「tiff」を消して元の拡張子に戻すとちゃんとRAW画像として認識されました。

スクリーンショット 2016-02-12 22.35.45

なので、特に問題ないです。でも、なぜなのだろう・・・。

ちなみに、フォルダーごとダウンロードも可能です。でも、ウェブブラウザからはダウンロードに制限があります。

スクリーンショット 2016-02-12 22.49.57

アプリを使えば限度に関係なくダウンロード可能なようです。

ということで、ちょっとした不便さもありますが、RAW画像をたくさんバックアップしておくにはプライムフォトは非常に頼りになります!

スクリーンショット 2016-01-01 14.31.22

ただ、Macなどで使用する際は、今の所は自動アップロードみたいな機能がないので、そのつど手動でアップロードしなければならないようですね。画像が溜まると面倒くさそうなので、撮影して現像する際に一緒にアップロードもする癖を付けようと思います。

ちょっとした不便さはこの先改良されていくのでは。あと、途中から容量制限が付かないか心配ですが、写真限定のサービスなのでそんなことはないと思います:)

カメラが趣味でRAWで撮影する人におすすめ

JPEG画像だけのバックアップなら色々と他のサービスが充実していますが、RAW画像でバックアップしたいのならプライムフォトが優位なのではと思います。

写真が趣味なら1日で数百枚のRAW画像を撮影するという人も珍しくないはずです。1日でかなりの容量になりますが、プライムフォトなら容量無制限なので心配無用でバックアップし放題です。便利!

とりあえず、私は外付けHDDとプライムフォトの2箇所に画像データを保存して置こうと思います。これで安心だし使い勝手も良さそうです:)

まとめ

スポンサーリンク


これで1つ気がかりだったことが消えました!

これからは安心してばしばし撮影できそうです:)


  1. mickey より:

    私も先日より見てはいました。
    でも、雲の向こうは心配です。

    TIFFはCLOUDに記録するときに、TIFF形式で画素データに加えて
    付加情報(タグ)を付けてダウンロードし易くしているのだと思います。

    拡張子の.tiffを削除するようにコメントがあるのでしょうか?

    • ワイズカメラ より:

      mickeyさん

      コメントありがとうございます:)

      確かに便利ですが何があるかわ分からないですね・・・。

      TIFFにはそのような役割があるのですね!
      私が使い慣れないもので、勝手にとりあえず消してしまいました!

      普段はいつも通りHDDを使って、プライムフォトは非常用にしようと思います!

  2. ちかPhoto より:

    RAWも保存できるって本当に大きいですよね!これが発表される前に外付けHDD買っちゃってちょっとショックでしたw

    • ワイズカメラ より:

      ちかPhotoさん

      コメントありがとうございます!
      本当に助かります!でも、常用するには使いにくいので外付けHDDあっても良いと思いますよ:)

  3. Masa より:

    Amazonに問い合わせしたのですが、不具合として認識されていて、修正は検討中らしいです。

    • ワイズカメラ より:

      Masaさん

      コメントありがとうございます!

      あれ不具合だったんですね!修正は検討中ですか・・・まだ始まったばかりのサービスなので、こんなこともあるのですね。
      記事にそのことを追記させていただきます!

      教えていただいてありがとうございます:)
      500pxの写真きれいですね!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

SIRUI(シルイ)の三脚(T2204X)を購入!カーボン製だけど安価でコスパ良!

先日から登山用のコンパクトな三脚を探していましたが、SIRUI(シルイ)の三脚(T2204X)を購入しました。 参考:登山や旅行におすすめコンパクト三脚は?SIRUIやVANGUARDの軽量トラベル三 …

大三元レンズ

いつか買いたい一眼レフカメラのレンズ。Nikonの大三元レンズ。

読了時間4分 Nikonの大三元レンズ。 「大三元」とは麻雀用語で「役満(=麻雀の中での最高点)」を意味する。私も麻雀歴15年近くになりますが「役満」なんて数回程度しかあがったことないです。そして、N …

おしゃれなカメラバッグ(リュック・バックパック)を探す!F-stop、Thule(スーリー)、Incase、Peak Designからから選んでみる!

おしゃれなカメラバッグ(リュック・バックパック)を探しています。 というのも、これまで使ってきたドンケF-2が小さくなってきたからです。レンズも大きいものが増えたし、角型フィルターも場所を取ります。 …

寒い日の撮影の為にハクキンカイロを買ってみた!ホカホカとても温かい!

ハクキンカイロなるものを買ってみました。 私はあまり知らなかったのですが、昔から広く愛用されている商品らしいですね。 一つ持っておけば寒い日の撮影や登山でも役に立つかなと思います。 ハクキンカイロとは …

Nikon D780とD750との違い。D780の特徴をまとめる。

2020年1月24日のD750の後継機であるNikon D780が発売。 D750は2014年9月25日の発売なので、実に5年3ヶ月ぶりのリニューアルとなります。 果たして、D780はD750と比較し …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。