三脚 機材

Leofoto LS323Cをレビューする。コスパの良い大型三脚。

投稿日:

有難いことに、KANIのフォトコンでLeofoto LS323Cを賞品として頂きました。

Leofotoは中華メーカーで、品質が良い割りに安価で、非常に人気となっております。

ということで、Leofoto LS323Cを手にできたので、簡単にレビューしてみたいと思います。

ちなみに、私はGitzoシステマティック3型3段ロングという似たスペックの三脚も持っているので、10万円を超える最高級三脚とコスパの良い三脚の違いについても書きたいと思います(ただ、これは次回の記事にする予定)。

Leofoto LS323Cをレビュー

Leofoto LS323CはLeotofoの中で、レンジャーシリーズと呼ばれるシリーズに該当します。

レンジャーシリーズはセンターポールを省略したモデルになり、その分軽量化と小型化をしています。

Leofoto LS323C

価格はとても安価。

見た目について

見た目はこのような感じです。

よくRRSに似ていると言われることがありますが、脚についてはそんなに似ているとは個人的には感じませんね。確かに雲台は似ているものがありますが。

カーボンの柄も美しいです。

大体カーボンはこのような感じですが・・・。

以前は中華製三脚は野暮ったい感じがしましたが、Leofoto LS323Cはそのようなことはないと思います。スタイリッシュでかっこいい。

ただし、このゴム製のグリップ(以前はついていませんでした)。

持ちやすくするため!?かと思いますが、個人的にはこれがない方がスッキリして好みでした。これは人ぞれぞれかと思います。

ちなみに、脚は3段です。

高さにつてい

最大に高くした状態で152cmあります。

これに雲台の高さと、カメラのファインダーまでの高さが加わります(場合によっては三脚座の高さも)。なので、私は174cmですが、脚を全段伸ばすとアイレベルよりも高くなる。

高さは申し分ないです。

最低高は脚を全開脚した状態で9.5cmになります。

かなり低いですね。ローポジションの撮影にもしっかり対応できます。ただし、長い脚が少々邪魔ですが。

ということで、Leofoto LS323Cの高さと低さについては不満点はありません。素晴らしい汎用性です。

 

ちなみに、センターポールは後付け可能です。

ただし、上画像のように雲台を一回外し、雲台を取り付けるネジにセンターポールを付ける仕様になっているので、かなり面倒ではあります。携帯する際にも、センターポールを縮めて脚と脚の間に収納することができません。

なので、センターポールはよっぽどの時でないと使わないと思います。

携帯性について

三脚の重さは1420gです。これに雲台の重さが加わるわけですが、それでも軽量。トラベル三脚くらいの重さですね。

似たようなスペックのGitzo マウンテニア3型3段が1880g、Gitzo システマティック3型3段Lが2040gなので、これらと比較するといかにLeofoto LS323Cが軽量か分かります。

収納高は65cmです。

脚が3段なので、それほどコンパクトにはなりません。3段のメリットは脚の収縮が手間でないこと、4段や5段よりも多少剛性が上がること、メンテナンスが楽なことくらいでしょうか(ナットが少ないので)。

デメリットは収納高が長いこと、長い脚が邪魔で狭い場所での取り回しが良くないことです。

 

それから驚いたことは畳んだときの細さです。

直径96.5mmに収まるらしいので、かなり細い感じに畳めます。これもセンターポールを省略した結果ですね。

ということで、Leofoto LS323Cは収納高の長ささえ気にしなければ、軽量なので持ち運びにも対応できるかと思います。

剛性について

Leofoto LS323Cの素材は10層カーボン製となっています。

素材にそれなりにこだわっているのがLeofotoの特徴です。

脚の太さは径32mmです。これはGitzoだと3型(径32.9mm)に相当し、Gitzoでは中判カメラや焦点距離300mm(最大400mm)までのレンズを装着した一眼レフカメラとの使用を推奨しています。

私は試しにLeofoto LS323CにNikon200-500mmF5.6を載せてみましたが、問題なく撮影できる感じでした。剛性は十分に感じられます。ねじれ耐性などある。

ということで、Leofoto LS323Cは、よっぽど重い機材を載せたり、あるいは暴風が吹いているとかでない限り、剛性不足みたいなことは殆どなさそうな印象です。

その他

まず、ケースが付属します。

持ち運びには便利ですね。

それから、底面には1/4ねじ穴があり、付属するカラナビを設置できます。

重石や機材を吊り下げることが可能です。

また、石突はスパイクが付属します。

冬には良いですね。

気になった点

気になった点としては雲台を取り付けるプレート面が意外に小さいです。

測ると直径60mm弱くらいでした。

そすると、LH-40(ベース径57mm)のような中型雲台くらいであれば問題ないでしょうが、大型雲台を使いたい場合はちょっと頭でっかちになります。

私はARCA-SWISS モノボールZ1(ベース径70mm)を使用していますが、これだとやや収まりが悪いです。同じLeofotoのLH-55(ベース径72mm)も同様だと思います。

Leofoto LS323Cは大型雲台の使用を想定していないのかもしれませんが、超望遠ズームなども十分に使える剛性があるので、大型雲台が付けられれば良いのになと思いました。

こうしている分、コンパクトになっているのですけどね・・・。

Leofoto LH-40 自由雲台 LHシリーズ アルカスタイル 独立パンロック

総評

あれこれ触ってみて、このスペックと性能で2万円代はやばいと素直に思いました。コスパが凄い。

ただし、Gitzoみたいな高価な三脚と比べれば、多少劣る点もあるのは事実です(これはまた記事にします)。

とはいっても、実用上では全く問題にはならないので、高さのある三脚が欲しくて、特にブランドに拘らないのであれば、Leofoto LS323Cは非常におすすめです。

Leofoto LS323C

SNSなどでもLeofotoユーザーが多いのがうなづける。

 

スポンサーリンク

まとめ

ちょっと前まで、安価で性能の良い三脚を探すのに苦労しましたが、今はleofotoなど良い選択肢が数多くがあります。

素晴らしいことですね。もちろん、高価なものにはそれ独自の良さもあるので、人それぞれの考えに合ったものを選ぶと良いでしょう。


  1. happyken より:

    昨年のジュエリーアイスに続けて、おめでとうございます。
    これからもよい作品を見せてください。

  2. ぽんすけ より:

    以前、wisecameraさんのブログを参考にしてLS-323C購入しました!

    でもゴムのグリップはついてませんでしたね(・・;
    (買ったのは1年半前くらいです)

    • ワイズカメラ より:

      ぽんすけさん

      LS-323Cはなかなか良い三脚ですね!
      これ最近ついたみたいですね・・・。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

最近購入した写真に関する本!星の撮影とphotoshopについての書籍を3冊購入した!

D750が入院中で手持ち無沙汰なこの頃。 色々と知識を付けようと写真に関する本を3冊購入しました! これから少しづつものにしていき写真に活かしたいと思います:) 最近購入した写真撮影に関する本 レタッ …

ND100000を購入しました!すごい減光効果で明るい日中でもフィルター1枚で長時間露光が可能に!

日食撮影用フィルターであるND100000を購入しました。太陽撮影用として研究開発された光量を10万分の1に減光する特殊なフィルターです。 太陽撮影用と言われていますが、使い方によっては太陽のみならず …

一眼レフカメラの購入で一緒に必要なもの!初心者がカメラとレンズ以外に揃えるものとは!?

一眼レフカメラには様々なアクセサリー類があります。 これらは数が多く、もしかしたらカメラを買ったばかりの初心者の方は、カメラとレンズ以外に何が必要なものなのか迷ってしまうこともあるかもしれませんね。 …

Nikon D780とD750との違い。D780の特徴をまとめる。

2020年1月24日のD750の後継機であるNikon D780が発売。 D750は2014年9月25日の発売なので、実に5年3ヶ月ぶりのリニューアルとなります。 果たして、D780はD750と比較し …

ニコンの新型ミラーレス機はこの春に発表される!?待望のカメラについての噂あれこれ!

ニコンの新型ミラーレスカメラが今年(2018年)の春に発表されるという噂があるようですね。 実は先週D850をポチったんですよ。ただ、だっぷりビールを飲んで酔っ払っている状態でポチったので、次の日確認 …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。