基礎知識 撮影テクニック

写真がぶれる!?レリーズとミラーアップ撮影の必要性とは!丁寧に撮影するならミラーアップ撮影!

投稿日:2017年7月30日 更新日:

ミラーアップ撮影ってご存知ですか!?

知っているよという方でも撮影ではしたりしなかったりするのではないでしょうか!?

私も面倒くさくてしない時があります。

ただ、ミラーアップ撮影の効果ってどれ程のものなのでしょか・・・。

今回は、ちょっと検証してみたいと思います。

10日間ほど北海道を離れているので今回も自動更新です!

ミラーアップ撮影とは!?

そもそもミラーアップ撮影とはなんのことなのか・・・

一眼レフカメラはレンズから取り入れた光をミラーで反射してファインダーへ通しています。

空白ページ copy

雑ですがこんな感じ(カメラの断面的な図)。

このミラーのおかげで写真に写る光景をそのままファインダーで確認できます。

ただし、光を写真に変えるセンサーがミラーの後ろに隠れてしまっていますね。これではシャッター幕を開いても写真は撮れません。

なので、一眼レフカメラはシャッターを押した瞬間にミラーが上に跳ね上がり、それと同時にシャッター幕が開くことでセンサーに光が届くようにな構造になっています。

あ空白ページ_2 copy

これでやっと写真が出来上がる訳です。

ですが、ミラーが上に跳ね上がるとその振動でカメラが僅かにブレます。これがミラーショック。そして、カメラがブレると写真もブレてしまいます。

困ったものです。

ただし、ミラーを先に上げてから次にシャッター幕を開くようにすれば、ミラーショックの影響を受けないで済みます。

ミラーを先に上げてミラーショックをやり過ごしてから、シャッター幕を開けて写真を撮影する。これがミラーアップ撮影と呼ばれる撮影方法になります。

スクリーンショット 2016-01-15 21.23.29

だから、ミラーアップ撮影ではガシャ(ミラーを上げる:ミラーアップ)、カシャ(シャッター幕を開く)と2回シャッターボタンを押すことになります。

これでミラーショックの僅かなブレも写真に影響しないようにできる訳です。

ただ、ミラーアップ撮影の効果ってどれ程のものなのでしょか!?

レリーズとミラーアップ撮影の効果は!?

ミラーショックと言っても、その程度はカメラによって様々です。

APS-C機よりもフルサイズ機の方がセンサーが大きい分、ミラーも大きく、それが跳ね上がる衝撃(ミラーショック)も大きいことが想像できます。

また、フルサイズ機でもD810みたいな高級機だと良いシャッター機構が採用されていてミラーショックが抑えられたりしています。

私が愛用しているD750は非常にいいカメラですが、シャッターに関しては残念な感じでミラーショックは大きい方です。

では、検証です。ついでに、レリーズの効果も調べてみます。

検証の設定

カメラは三脚に固定しますが、エレベーターを伸ばして、ショックに厳しい状況にしておきます。

IMG_4103

検証なんで分かりやすいように。

カメラはD750、レンズは70-200㎜F4を使います。設定は焦点距離200㎜、SS1/60秒、F8、ISO100で撮影します。SS1/60秒とは言うのは、一番ミラーショックの影響を受けやすいシャッター速度らしいですね。

プロだとSS1/60秒を避ける人が多いだとかなんとか。

ピントはライブビューでしっかり合わせて、手ぶれ補正はOFFにします。

検証

単純に手押しでシャッターを押す」、「レリーズ使用でミラーアップ撮影しない」、「レリーズ使用でミラーアップ撮影もする」でそれぞれ撮影します。

20170725-_DSC7814 copy

こんな写真を上記の撮影方法で3枚撮影します。

これでは分からないので拡大比較してみます。

まずは、「レリーズ使用でミラーアップ撮影なし(左)」と「手押しシャッターだけ(右)」の比較。

レリーズ・手 2

もっと分かりやすく比較。

左が「レリーズ使用でミラーアップ撮影なし」で、右が「手押しシャッター」です。

手押しは明らかにブレてますね。もちろん、特に乱暴に押したとかじゃなくて普通に押しています。

やはり、三脚で固定していても手でシャッターを押すと台無しです。レリーズは必須ですね。

次に、「ミラーアップ撮影あり(左)」と「ミラーアップ撮影なし(右)」で比較です(両方ともレリーズ使用)。

ミラー・レリーズ 2

分かりやすく。

左が「ミラーアップ撮影あり」で、右が「ミラーアップ撮影なし」です。

これも違いますね(スマホだと分りにくいかもしれません)。

ミラーアップ撮影なしの方は全体的にモヤっとしています。特に「停止線」の標識が分かりやすい。

ミラーショックの影響が出ています。

今回はわざと厳しい状況で検証したとは言え、こだわるのならちゃんとミラーアップ撮影はした方が良さそうですね

ただし、高速シャッターになるとミラーショックの影響は出にくくなります。

試しに今度は、焦点距離200㎜、SS1/500、F8、ISO200で撮影してみます(画像はLrで明るさを調整しました)。

ミラーアップ撮影あり(左)」と「ミラーアップ撮影なし(右)」を比べてみます(両方ともレリーズ使用)。

500ミラー・レリーズ 2

分かりやすく。

左が「ミラーアップ撮影あり」で、右が「ミラーアップ撮影なし」です。

SS1/60の時のような違いはありません。微妙に違うかなくらいです。そこまでミラーショックの影響は受けていないようですね。

高速シャッターだとミラーショックが伝わる前に撮影が終了するということでしょうか!?

手持ちでミラーアップ撮影できない時は出来るだけシャッター速度を早めた方が良いのですね。

それ以外はミラーアップ撮影です:)

まとめ

スポンサーリンク

カメラの機種や使う三脚などによって結果も違うのでしょうが、ミラーアップ撮影は一定の効果はありそうです:)

ミラーアップ撮影はちょっと面倒かもしれませんが、できる時はした方が良さそうですね!

あと、レリーズは絶対必要!


  1. Tatsumo77 より:

    やはりミラーショックの影響は大きいですよね。改めて理解しました。
    実際、三脚に載せてミラーアップ撮影するとISO感度が低いこと以上に鮮明に映るのはこの影響なのでしょう。特にD810のような高画素機だとより顕著かもしれません。
    シャッタースピードが速いとミラーショックの影響が小さくなるって、考えてみたら納得しましたが、知りませんでした!勉強になります m(_ _)m
    ※自分のブログに合わせてTSからTatsumo77に改名しましたが同じ人です^^;

    • ワイズカメラ より:

      Tatsumo77さん

      コメントありがとうございます。
      ご返信遅れてしまい申し訳有りません。

      私も検証してみてミラーショックの影響の大きさに驚きました。
      たまに手持ちでもミラーアップ撮影している人を見かけて「そこまでやるかな」と疑問でしたが、納得です。

  2. 柴華 より:

    いつも楽しく拝見させて頂いています。
    初コメントが質問になってしまい恐縮なのですが、ご回答頂けると幸いです。
    ライブビュー撮影時には通常ミラーアップ状態になると思うのですが、
    この状態でもレリーズモードは1コマ撮影ではなく、ミラーアップ撮影にすべきなのでしょうか?
    (上記の状態でミラーアップ撮影をすると、1回目のレリーズでミラーが上がる様な音がして、2回目でシャッターが切れます)
    すでにミラーアップ状態なのに必要なのかな?と混乱してまして・・・

    • ワイズカメラ より:

      柴華さん

      はじめまして、コメントありがとうございます!

      それ私も気になっていました。
      聞いた話によるとライブビュー撮影だと、普通にシャッターを切ってもミラーアップ撮影と同じになると聞いたことがあります。
      ただ、あまり腑に落ちていないので、私はライブビュー撮影の時でも、一応ミラーアップ撮影にしています!ボタンを押すのが一回増えるだけなので・・・。

      • 柴華 より:

        ご回答ありがとうございます。
        確かに、ファインダー撮影時のシャッター音とライブビュー撮影時のシャッター音は明らかに違いますね。
        後者の方が2段階音がしてからシャッターが切れてる感じです。
        私も一応ミラーアップ撮影で行っていましたが今後も現状維持で行こうと思います。
        やらないよりはやる!の精神ですね。

        • ワイズカメラ より:

          柴華さん

          ご返信ありがとうございます!

          やらないよりはやる!です;)
          いい言葉ですよね!

ワイズカメラ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

構図はあってないようなもの。写真の構成を考える際に役立つヒント。

三分割構図、二分割構図、斜め構図、日の丸構図・・・などは基本構図といわれ、フォトグラファーの間では広く認識されています。 このブログでも時々、取り上げることがある。 しかし、基本構図はあってないような …

一眼レフカメラの基本。

よく聞く言葉、明るいレンズ・暗いレンズとは??一眼レフカメラの基本。

読了時間8分 よく聞く言葉 一眼レフカメラを初めて、何かレンズを探していると、「明るいレンズ」や「暗いレンズ」という言葉を耳にすることがあるかと思います。 これ、私は最初の頃、何を言ってるのか分かりま …

星や天の川を撮影する為の機材選び・カメラ設定・撮影手法について。綺麗な星空写真で撮影したい!

この時期になると撮影したのが星や天の川の写真です。 夏になると天の川の濃い部分が上がってきて綺麗なんですよね。 ただ、星空の撮影には機材選びだったり、カメラの設定だったりと、撮影手法だったりと、普通の …

天の川の現像方法①!色を補正して天の川を強調する!光害の色被り除去!

今年から始めた星景写真。 約4か月前から新月期に天の川をしばしば撮り歩き、すっかり北海道の星空に魅了されてしまいました。 生々しい夜空。 「思わず声が出る」ってよく言いますけど本当に声が出ました。 お …

親指AF

親指AFのすすめ。一眼レフカメラの便利な使い方と設定方法。

親指AFとは。 親指AFとは「ピント合わせ(AF)」を「シャッターボタン」から切離し、「親指(背面)側にあるボタン(AE-L・AF-L)」でおこなう操作方法です。プロのほとんどは親指AFを使っているら …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。