その他 機材

KEEN(キーン)のGLIESER TALL WP(グリーザー トール ウォータープルーフ)を買った。軽量で歩きやすいウィンターブーツ。

投稿日:2022年1月6日 更新日:

冬の撮影や日常のちょっとしたシーンで使うのに、キーンのGLIESER TALL WP(グリーザー トール ウォータープルーフ)を購入しました。

今まではソレルのカリブーを使用していましたが、買い替えです。

ということで、キーンのGLIESER TALL WP(グリーザー トール ウォータープルーフ)がどんなブーツなのか、ご紹介したいと思います。

KEEN(キーン)のGLIESER TALL WP(グリーザー トール ウォータープルーフ)を買った

[キーン] ウィンターブーツ GLIESER TALL WP(現行モデル) グリーザー トール ウォータープルーフ メンズ

ちなみに、キーンのウィンターポートが気になっていたのですが、すでに廃盤になっているっぽいですね。

その穴を埋めるようにグリーザー トール ウォータープルーフが登場したようです。性能的にもウィンターポートを踏襲している感じ。

軽くて歩きやすい

ソレルのカリブーは重くゴツいです。片足964gもあり、フィット感もそれほど高くないので、歩いていると疲れます。それが一番の買い替え理由になりました。

グリーザー トールは片足582.9gで軽いです。しかも、柔軟性が高くフィット感もある。歩きやすいです。

また、カリブーは靴底が厚いので、運転できないことはありませんが、非常に危ないです。一方で、グリーザー トールは問題なく運転可能です。

やはり運転するのに一々履き替えるのも面倒ですからね。グリーザー トールは機動性が非常に高いです。

ちなみに、アッパー部分には一部レザーも使われているので、耐久性も高いかと思います。

 

靴底には KEENフリーズラバーアウトソールというものが使われているそうです。

低温の寒い環境でも硬化しにくく、路面にしっかり密着します。なので、耐摩耗性とグリップ性に優れている。

ツルッと滑ることも無さそうです。

防水透湿素材 KEEN.DRY による完全防水

多くのウィンターブーツは撥水性能までに留まることが多いですが、グリーザー トールは防水透湿素材 KEEN.DRY による完全防水になっています。

雪の中を歩く程度なら撥水性能でも問題はないでしょうが、撮影となると海や湖で水を被ることも多々あります。そうなると完全防水が欲しいです。

流石に長靴みたいに水の中に長時間浸かるみたいな使い方は避けたいですが(使用期間が長くなると曲げ伸ばしにより、内部の防水透湿素材が破れることがあるため)、波がバシャバシャかかったり、ちょっとした深さの水の中を進むくらいなら、安心して使えるかと思います。

今まで私はソレルと長靴を車に積んでいましたが、これからはグリーザー トールだけで良さそうです。

保温性について

保温性については独自素材である KEEN.WARM を使用することで、氷点下20度までの耐寒性能を実現させています。

実際に使った感じだと、普通に暖かいです。

ごついカリブーに比べると劣るかなといった印象ですが、それでも十分暖かいです。北海道の冬でも問題なさそう。

さすがに氷点下2,30度のなかで長時間とどまるようなシーンでは冷えそうですが(これはカリブーも同様)、その場合は厚手のソックスを着たり、あるいは靴用のホッカイロを使えば良いかなと思います。

アイリスオーヤマ カイロ 貼る くつ下用 15足 ぽかぽか家族 PKN-15HK

脱着もしやすい

使ったことはありませんが、キーンのウィンターポートは脱着しにくいという話でした。

一方で、グリーザー トールは脱ぎ着にストレスを感じことはありません。

靴紐でギュッと締めることができるので、足へのフィット感を高めることもできます。

デザイン的にもウィンターポートはアウトドア感が強かったですが、グリーザー トールは街でも馴染みやすいデザインかなと思います。

サイズ感について

グリーザー トールのサイズについては、0.5cmアップで購入しました。なので、私は普段27cmを履きますが、今回は27.5cmです。

これで厚手の靴下を履いてジャストな感じです。キツくも緩くもありません。

Amazonでは try before you buy で試着もできるので、異なるサイズを試してみると良いかもしれませんね。

[キーン] ウィンターブーツ GLIESER TALL WP(現行モデル) グリーザー トール ウォータープルーフ メンズ

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、KEEN(キーン)のGLIESER TALL WP(グリーザー トール ウォータープルーフ)のご紹介でした。

軽量で歩きやすく、完全防水、保温性も十分で三拍子揃ったウィンターブーツです。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

星空の撮影に適したおすすめレンズはどれ!?安いサードパーティ製レンズまとめ!

2月になり深夜遅くに天の川が顔を出すよになりましたね。月の満ち欠けと天気がだんだん気になってきます。 やはり、一眼レフカメラを使うのなら星空の撮影は醍醐味の一つだと思います。スマホやコンデジではなかな …

Nikon Z24-70mmf/2.8Sのスペックと特徴をZ24-70mmf/4Sと24-70mm f/2.8Eと24-120mm f/4とで比較してみる!Z24-70mmf/2.8Sの気になる点。

ニコンZレンズの標準ズームである「Nikon Z24-70mmf/2.8S」 が発表されました。いわゆる標準大三元になります。 早速、Zマウントの小三元であるZ24-70mmf/4S、それからFマウン …

leofotoの新商品が増えていたからチェックしてみる!

昨今、シェアを増やしているleofoto。 久しぶりにHPを見てみると新商品が増えていたのでチェックしてみたいと思います。 中にはまだ日本で発売されていないものもあるようですね。 目次1 leofot …

Nikon Z14-30mmf4Sをレビュー!14-24mmf2.8との比較を通してZ14-30mmf/4の解像力、逆光耐性などを知る。

先日購入したNikon Z14-30㎜f4S。 このレンズはZマウントの広角小三元ということになりますが、どの程度の写りをするのか皆さん気になる所ではないでしょうか。特に、Fマウント大三元のNikon …

綺麗な光条(光芒)の出るレンズとは!?絞り羽根の枚数や形による光条の変化について!

太陽などの光源がピカーと綺麗に見える光条(光芒)。写真映えして良いですよね。 ただ、光条(光芒)はレンズによって形が全然違います。一体になんでそんなに違うのか。今回は光条(光芒)の形の変化について書い …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。