レンズ 機材

今後発売されると噂のZレンズについてと欲しいレンズ!ロードマップが更新された!?

投稿日:

ニコンZマウントについて、現在では2020年までZレンズのロードマップが発表されています。

しかし、最近になって新しいロードマップの噂が流れ出しました。もちろん、ただの噂なのですが、妙にリアリティがあります。

ということで、ロードマップで噂になっているレンズについて、あれこれ考えてみたいと思います。

確実なロードマップと、噂のロードマップ

公式が発表しているロードマップはこれです(20mm単と24mm単が逆に変更されました)。

すでに発売されているものを除くと、

2019年

  • 58mm f0.95S
  • 70-200mm f2.8S

2020年

  • 50mm f1.2S
  • 20mm f1.8S
  • 14-24mm F2.8S

となります。

 

そして、今回噂になったロードマップはこれです。


画像引用:nikonrumors

まず、2020年に新しいレンズが見受けられます。

  • 85mm f1.2S
  • 135mm f1.8S
  • 24-120mm f4S
  • 28-70mm f2.8-3.5S

この4本です。

そして、公式にはなかった2021年が追加されています。

  • 105mm f1.8S
  • 28mm f1.8S
  • 65mm f1.8S
  • 35mm f1.2S
  • 28-280mm f2.8-5.6S
  • 100-300mm f4S

これらの6本のレンズが新しく見受けられます。あくまでも根拠のない噂ですが。いい感じですね。

ちょっと欲しいレンズや気になるレンズについて、あれこれ考えみたいと思います。

今後に欲しいZレンズや気になるレンズたち

70-200mm f2.8S

70-200mmf2.8Sは2019年に発売されることになっています。ただ、まだ正式な発表はありません。

現在、私はFマウントの70-200mmf4を望遠レンズに使用しています。軽くて写りも良いので満足していますが、もっと被写界深度を浅くしたいなと思うことが時々あり、F2.8通しが欲しくなりました。

Fマウントの70-200mmf2.8Eも非常に評価が高いので、このレンズにも期待しています。

14-24mm F2.8S or 20mm f1.8S

14-24mmf2.8Sは2020年に公式から発表になっている広角大三元に当たるレンズです。Zマウントになりマウント径が大きくなったことで、広角レンズに優位になったようなので、どれ程の描写性能になっているのか気になります。

今は14-30mmF4Sとシグマ14mmF1.8(星用)を使用していますが、もしコマ収差などが非常に少なくなっているのなら、14-24mm F2.8Sにまとめても良いかなとも思います。さらに軽量化していたらいいな。

あと周辺減光ですね。14-30mmF4Sでも周辺減光が大きいので、さらに大口径の14-24mmF2.8ならもっと周辺減光が大きいのではと勘ぐっています。周辺減光も星撮りには良くないですからね。

万が一、14-24mm F2.8Sがそれ程でないのなら、20mm f1.8Sを追加して星用にしても良いかなとも思ったり。でも、このレンズ欲しいですね。ちょっと悩ましいです。

24-120mm f4S

24-120mm f4Sは2020年に発売されるかもと噂になっているレンズです。絶対に便利ですよね。

Fマウントの24-120mmf4は決して描写が抜群というわけではありませんが、24-120mm f4Sが満足できる描写性能なら使いたいなと思います。

特に、焦点距離24-70mmの性能が、今持っているZマウントの24-70mmF4Sに匹敵するのなら、間違いなく買い替えかなと思います。

28-280mm f2.8-5.6S

2021年に発売と噂の28-280mm f2.8-5.6はSラインではなく、廉価なモデルで発売されそうな雰囲気ですね。高倍率ズームですし。

気軽に使える便利ズームとして、1本あると重宝するでしょう。もしかしたら、軽量なZ6の下位モデルが発売されるかもしれないので、それに付けて肩ひじ張らないお気軽撮影に使うと楽しそうです。

もちろん、描写性能にも期待したいです。

100-300mm f4S

100-300mm f4Sは2021年に発売との噂です。70-200mmf4Sではなく先にこれなんですね。

このレンズは欲しいですが、70-200mmf2.8Sがあると画角が被りすぎるなと。これでは望遠側に100mmしか伸びません。

100-300mm f4Sは軽量コンパクトで良さそうですが、個人的にちょっと画角は微妙ではあります。なので、あわよくば100-400mmf4になることを期待したいです。これなら即買い。

それか24-120mmf4と100-300mmf4の組み合わせに、単焦点を2,3本加えるか・・・。

 

スポンサーリンク

まとめ

欲しいレンズが次々に・・・。

おそらくそのうちサードパーティ製も出てくるかと思うので、それも欲しい。


  1. Labatt より:

    私は元々、円形フィルターの使える14-30F4が欲しくてZマウントを購入したようなものなのですが、やっぱり星景に使える14-24F2.8は魅力ですね。モデル型を見た感じだと
    円形フィルターは使えないみたいですが、だいぶコンパクトなのでこっちの方が今は第1本命でしょうか。まあ私は年に1回しかレンズは買わないので検討する時間はゆっくりあります(笑)

    70-200のF2.8でぼかすと綺麗ですよ。ダイヤモンドダストとかこれで撮るのはぴったりじゃないですか。今のFマウントで十分満足なんですが、Zマウントはどんな仕上がりなのでしょうか。

    • ワイズカメラ より:

      Labattさん

      14-30F4はコンパクトだし本当に良いレンズです。
      14-24F2.8でフィルター使えればすごく良いのですが。もしそうなら他マウントからでも、移行してくる人いるかもしれませんね。
      収差さえなければ買いたいです。年に1回しかレンズ買わない制約は難しいです笑

      やはりF2.8とF4では違いますよね。早く発売して欲しいです!

Labatt へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Nikon D780とD750との違い。D780の特徴をまとめる。

2020年1月24日のD750の後継機であるNikon D780が発売。 D750は2014年9月25日の発売なので、実に5年3ヶ月ぶりのリニューアルとなります。 果たして、D780はD750と比較し …

星空の撮影に適したおすすめレンズはどれ!?安いサードパーティ製レンズまとめ!

2月になり深夜遅くに天の川が顔を出すよになりましたね。月の満ち欠けと天気がだんだん気になってきます。 やはり、一眼レフカメラを使うのなら星空の撮影は醍醐味の一つだと思います。スマホやコンデジではなかな …

タムロンのミラーレス大三元がいいなと言う話。3本で1.78kgしかない。

少し前にタムロン 70-180mm F/2.8が発売され、タムロンミラーレス大三元が揃いました。 大三元レンズと言えば明るく描写性能に全振りしているために重く大きいですが、なんとF2.8通しのズームレ …

ND100000を購入しました!すごい減光効果で明るい日中でもフィルター1枚で長時間露光が可能に!

日食撮影用フィルターであるND100000を購入しました。太陽撮影用として研究開発された光量を10万分の1に減光する特殊なフィルターです。 太陽撮影用と言われていますが、使い方によっては太陽のみならず …

今シーズンの冬に一番活躍したウェアはモンベルの化繊インサレーションだった!使い勝手がすごく良い。

冬の撮影では防寒着が欠かせません。 しかし、防寒着はただ単に暖かければ良いとう訳ではありません。色々と難しい兼ね合いがあります。 それで、今シーズンの冬に初めて化繊インサレーションを使ってみたのですが …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。