その他 機材

最近購入した写真に関する本!星の撮影とphotoshopについての書籍を3冊購入した!

投稿日:2016年3月13日 更新日:

D750が入院中で手持ち無沙汰なこの頃。

色々と知識を付けようと写真に関する本を3冊購入しました!

FullSizeRender-5

これから少しづつものにしていき写真に活かしたいと思います:)

最近購入した写真撮影に関する本

レタッチに関する本が多いです。

星月夜空の撮影術

FullSizeRender-11

まずはこれです。

星の撮影について一通り知りたくて購入しました。ただ、私的には特に必要なかったなという印象です。

FullSizeRender-14

内容は星の撮影に必要な機材やあると便利なもの、あるいは撮影方法や簡単なレタッチについてなど幅広く書かれています。

これ1冊で星の撮影について基本的なことを幅広く知ることができると思います。しかしその反面、突っ込んだ内容はあまり書かれていないように思いました。

なので、私にとっては期待ハズレでした。

星・月・夜空の撮影術 (玄光社MOOK)

とは言うものの、内容はコンパクトにまとまっていると思うので、一眼レフカメラを購入してこれから星空を撮影したいという方には適していると思います。

天体写真のレタッチテクニック

FullSizeRender-9

2冊目はこれです。私的にはこの本は良かったです!

先ほどの本とは違い、内容は全て星写真のレタッチについて書かれています。

FullSizeRender-12

光害を目立たなくしたり、色被りを修正したり、あるいは合成方法について書かれていたり、星写真に必要な基本的レタッチ技術が様々書かれています。

すでに星写真であれこれレタッチしているという方には不必要かもしれませんが、私のようにこれから星写真を撮影したいけどレタッチ方法がよく分からないという人には、この本でレッタチ方法の全体像をよく把握できるので重宝すると思います:)

FullSizeRender-10

厚みはこれくらいです。

およそ127ページです。

Photoshop Elementsではじめる天体写真のレタッチテクニック: 画像処理の基本をマスター

これは買って良かったです!ただし、Photoshopを使ったことがないのなら、別途Photoshop用の参考書が要りそうです。

Photoshopしっかり入門

FullSizeRender-7

最後はこの本です。

今、私は現像にlightroomしか使用していません。これでも満足しているのですが、Photoshopでもっと色々なことができるのならぜひ使いたいです!

ただ、Photoshopは全く使い方がわかりません。しかも、上の「天体写真のレタッチテクニック」を読んでもPhotoshopの使い方が分からなければ意味がありませんね。

ということで購入候補としては、

Photoshop 10年使える逆引き手帖【CC/CS6/CS5 対応】 (ああしたい。こうしたい。)

この「Photoshop 10年使える逆引き手帖」がありました。これ一冊でかなりの内容が書かれています。ただ、逆に内容の分量が多過ぎだと思いました。もうちょっとさらっと使いたです。

とうことで今回のこれを購入です。

Photoshop しっかり入門[CC/CS6/CS5] (Design&IDEA)

この「Photoshop しっかり入門」でも内容は十分ですし、程良くまとまっており使いやすそうです:)

FullSizeRender-8

そして、中身は視覚的で見ながら操作しやすいです。

これでレッタチの幅が広がるかもしれないと思うとワクワクしてきます!

FullSizeRender-6

厚みはこれくらいで、240ページほどです。

これからじっくり読み込んで写真に活かしていきたいと思います:)

Photoshop しっかり入門[CC/CS6/CS5] (Design&IDEA)

まとめ

スポンサーリンク


本を読めば新しい情報が得られ写真に活かせます。

どんどん情報を吸収して写真をもっと上手くなりたいです!


  1. mickey より:

    PhotoShopとは20年以上の付き合いです。
    以前はこのソフトを使うためにMacを購入しなければならないような
    選択肢しかありませんでした。

    Windowsに移植されてからも、値段が10万円のアプリケーションで
    高嶺の花でした。(メモリーが1MB-1万円の時代)
    このソフトのおかげで印刷屋さんが相当な打撃を受けたと思います。
    更に年賀状ソフトで大打撃。

    写真が入った印刷を頼むと印刷屋さんからは、psdファイルで下さいと言われ
    フロッピーディスクで送ったりしたことを思い出します。
    (モニター上の色と印刷の色を合わせる為)

    その当時買ったPhotoShopの本は、2万円しました。
    厚さは辞典並です。
    セピア色の思い出話ですが
    そういった破壊的な革新はこれからも続くでしょうね。

    アングルもピントもボケ具合もパソコンで修正できる時代も、もうすぐだと
    思えます。残るのはクリエイティブな感性だけですね。

    • ワイズカメラ より:

      mickeyさん

      コメントありがとうございます!

      長年Photoshopを使われているのですね:)
      そんなに高価だったのですか!!今では気軽に使えるのでありがたい限りです:)
      ほんとに写真屋さんは大打撃ですね・・・。私達としては嬉しいですが。

      mickeyさんは相当にPhotoshopを使い慣れているのですね!羨ましいです:)私も使いこなせるようになりたいです。

      書籍も高いですね・・・それでは手が出ません。今の2000円くらいでも高いと思っていましたが、よくよく考えるとかなり安いのですね:)

      すごい時代になりそうです。どんどん技術を吸収していかないと、あっという間に置いていかれそうです・・・。
      おっしゃる通り、技術が進歩そても使う側の感性が最も大切ですね:)

  2. タマタマ より:

    2冊目のような本を探していたところです!
    素晴らしい情報ありがとうございます。
    実際に使ってみた感想もいつか記事にしていただければ嬉しいです。

    1冊目の本を私も持っていますが、内容はありきたりですよね。
    写真集としては綺麗な天の川の写真等にうっとりできます。

    • ワイズカメラ より:

      タマタマさん

      コメントありがとうございます:)

      こちらこそお役に立てて良かったです!
      星景のレタッチをどうして良いか全然わかりませんでしたが、これでなんとかなりそうです!Photoshopの使い方は勉強する必要がありそうですが。
      実際に星景を撮影してレタッチを試してみたいと思います:)

      はい。1冊目はありきたりでした。写真は綺麗でしたが、ネットで集められる情報ですね!

      肝心のカメラが入院中ですが、早く綺麗な星空を撮影したいです。撮影ができたら、本以外にも様々情報をまとめて記事にしたいと思います!

      これからも宜しくお願いします:)

  3. ささのは より:

    まさに気になっていた本だったので、2冊購入させていただきました。
    これからじっくり読みこみます。

    • ワイズカメラ より:

      ささのはさん

      コメントありがとうございます:)

      いつもブログ拝見させて頂いています!

      購入されたんですね:)
      これ2冊読めば、撮影方法から現像手法まで幅広く知識が付くと思います。

      ささのはさんが撮影した星空を楽しみにさせていただきます:)
      これからもよろしくお願いします!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

綺麗な光条(光芒)の出るレンズとは!?絞り羽根の枚数や形による光条の変化について!

太陽などの光源がピカーと綺麗に見える光条(光芒)。写真映えして良いですよね。 ただ、光条(光芒)はレンズによって形が全然違います。一体になんでそんなに違うのか。今回は光条(光芒)の形の変化について書い …

初めてのフルサイズ機でセンサークリーニング!センサーのゴミ・ほこりを自分で綺麗にしよう!

愛用しているD750が汚い。 絞って撮影するとセンサーについたゴミが写り込み写真に黒い点々が無数に。現像作業でも取りきれない感じです。 空を撮影して拡大してみるとこんな感じです。 分かりやすく。 無数 …

レビュー!Nikon(ニコン)広角ズームレンズ16-35mm f/4G ED VRの実写レビュー!

広角ズームレンズ16ー35㎜F4を使ってみての感想やレビューを書いてみたいと思います! レビュー記事を書くとそのレンズの特性を知れるので自分にとっても糧になります。 Nikon 超広角ズームレンズ A …

木製パネルを使って写真パネルを自作!綺麗に写真を飾れておすすめ!

木製パネルを使用して写真をパネル加工してみました。 写真パネルはお店で注文すると1枚数千円もしてしまいますが自分で加工すれば激安です。 それなりに手間はかかりますが、仕上がりも綺麗にできて大満足。 お …

Leofotoの選び方!三脚と雲台をまとめて比較してみる!

最近よく目にするようになったLeofotoの三脚と雲台。 個人的に三脚の優先順位が低く、今だに壊れかけのアルミ製マンフロット055を使用しているのですが、早く買い替えないとなと思っています。 そこでL …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。