レンズ 機材

いいぞ!「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 」。おすすめNikon(ニコン)のレンズ。

投稿日:2015年1月29日 更新日:

読了時間2分

単焦点レンズは明るく安いおすすめレンズですが、ちょっといいズームレンズが欲しいという方も多いかと思います。

そんな時は、「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 」がおすすめです!!

「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 」のいい点

明るい

通常、ズームレンズは望遠にすると暗くなるのが一般的ですが、このレンズは焦点距離17-50㎜の全域でF2.8という明るさで撮影可能です。F2.8は明るいです。同じようなキットレンズであればF3.5-F5.6などで暗いです。

開放ではふわっとしたボケを楽しむことも出来ますし、絞れば画面全体をパキとシャープに撮影することも出来ます。私はこのレンズを愛用していますが、ほんとボケもシャープさも良い感じです。

また、明るいので室内の撮影でも手ブレに強くなっています。大事なシャッターチャンスを手ブレで台無しにすることも少なくなりますね。

標準ズーム

焦点距離17-50㎜、35mm換算で約26-75mmで撮影可能です。室内での撮影ならこの標準ズーム域でほとんど事足ります。

屋外での撮影でも、これ一本でもかなりまかなうことが出来ます。私は、風景写真ならこのレンズ一本で十分です!

安い

例えば、ニッコールレンズで「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 ED フルサイズ対応」という同じような焦点距離でF2.8通しのレンズがあります。これ約20万円もする高級レンズです。なかなか手が出ませんね。

それに比べて、「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 」は大変安く手が出しやすいです。もちろん、単純に明るさと焦点距離だけでは比べられませんが、それにしても安いです!

最短撮影距離28cm

最短撮影距離28cmで被写体に結構近づくことが出来ます。ニッコールレンズの「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 ED フルサイズ対応」だと38cmくいらいです。

近接撮影にも威力を発揮し、それだけ表現の幅が広まります。

コンパクト

最大径83.5mm、全長91.8mm、重さ565gでコンパクトサイズです。携帯性に優れ、スナップや旅先での撮影などでも機動力を発揮します。ちなみに上記のニッコールレンズは最大径約83mm、全長133mm、重さ約900gで大きく重いです。

まとめ

スポンサーリンク


キットレンズを使っていて、ひとつ上のズームレンズを使いたい方。あるいは、単焦点レンズを使っていて、今度はズームレンズが欲しくなった方。

「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 」はコスパ抜群でかなりいいレンズです!!
ちなみに、これキャノン、ペンタックスやソニー用もあります!

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン用 APS-C専用


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ソレル PacNylon(パックナイロン)とザ・ノース・フェイスのトレッキングシューズを購入!撮影に活躍しそう!

アマゾンのほしい物リストを見ていたら、欲しくなったのでシューズを購入しました。 シューズは何足あっても良いですよね。 特にこれからの季節、足元の冷えは堪えるのでしっかり防寒したいところです。 ソレル …

NDフィルターの使い方を詳しく解説!水の流れやスムーズな水面を撮影してみよう!

NDフィルターを使用したスローシャターは風景写真などにおいて非常に人気のある撮影方法です。 肉眼では見られない幻想的な雰囲気を表現できますし、スマホやコンデジでは撮影できなので一眼レフやミラーレスの強 …

三脚に水準器を買った!SUNWAYFOTOのレベリングプレート!

最近、パノラマ写真が良いなと思うようになりました。 ブログで見るとただ長いだけの写真ですが、自分のモニターで見ると迫力がありますし、これを大きくプリントして飾るとかなり映えるのではないかと考えています …

これまでに起こったカメラ機材(レンズ)トラブル!機材の不調とその後!

悩ましい機材トラブル。 私はカメラを趣味にして3,4年くらいでまだ浅いですが、それでもあれこれ機材トラブルを経験しています。大切な機材が不調になると気分が下がるものです。 最近ブログに書きたいこともな …

写真のトレーニング本。「写真の便利帳」の視点が面白い。

ある景色を見て綺麗だなと感動してシャッターを押したはいいけれど、後でその写真を見るとその感動がなにか薄いということはありませんか? あるいは、自分では良い写真と思っても他人にその良さがいまいち伝わらな …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。