登山 登山日記

アンギラス登頂。ニセイカウシュッペ山へリベンジで登山と撮影。

投稿日:2015年6月29日 更新日:

最近、ぱっとしない天気が続いてますが、今日は天気が良いみたい。

ということで、登山に行きました。

今回は富良野岳に行きたかったのですが、富良野の天気がイマイチなようなので、前回リベンジを誓ったニセイカウシュぺ(1878m)とアンギラス(1830m)に行くことにしました。まさか1ヶ月に2回もニセイカウシュッペに行くとは・・・。

場所はこの辺です。

ニセイカウシュッペ山

コースは片道5.5kmで、登り3時間、下り2時間くらいです。

ニセイカウシュッペ周辺の天気は午前中から18時頃まで晴れの予報なので、終始良い天気の中を歩けそうです。

では、出発です。ちなみに、前回と同じような写真ばかりになってしまいました。

ニセイカウシュッペ山へリベンジ

IMG_7670

・・・・
 

 

・・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・
 

 

到着です。
IMG_7679
今日は何となく1時間早く家を出ました。

早速、もう小慣れた山道を進みます。

20150629-DSC_2745
前回(12日前)は雪がかなり残っていましたが、もう殆ど融けていました。

雪渓は小さなものが2箇所だけでした。
20150629-DSC_2752
晴れてはいるものの眼下は雲海です。飛行機の窓から見る風景のようです。そして、遠くに表大雪が見えます。

上写真の左側に尾根があり、そこがダムのように雲を貯めているようです。なので、その尾根の反対側には雲がありません。下写真は尾根の反対側です。

20150629-DSC_2842

右側に少し雲がはみ出しているくらいで、残りの雲はブロックされていました。

そして、この谷の少し左側を見てみます。

20150629-DSC_2848

そうすると、左側に尖った部分があります。これが今日の最終目的の通称アンギラスです。

ズームで寄ってみます。かっこいい形をしています。

20150629-DSC_2816

20150629-DSC_2821

大変そうだけど良いですね。

でも、まず先にニセイカウシュッペの山頂を目指します。

20150629-DSC_2871

これは途中にある「大槍」の絶景スポットです。前回も同じ写真を撮影しましたが、その時は奥の表大雪が雲で隠れて見れませんでした。

今回はいい感じで見れています。これだけで来て良かったと思えました。

20150629-DSC_2899

やっぱりいい。

そして、山頂到着です。2時間30分でした。

20150629-DSC_2935

前回の山頂は真っ白で何も見えませんでしたが、今回は綺麗に景色が開けています。

しかも雲海です。

20150629-DSC_2946

もくもく感が綺麗です。

でも、この雲、流れが速くて何となく嫌な感じがします。こっちに来なければ良いのですが・・・。

20150629-DSC_2955

とりあえず、山頂正面の景色を撮影しておきます。

次に、山頂裏側です。

20150629-DSC_2958

そして、山頂でお湯を沸かしてご飯を食べようと思っていたのですが、わずか10分くらいで天候が急変です。

天気予報とぜんぜん違うじゃん・・・。

IMG_7683

真っ白。案の定、雲が流れてきたみたいです。1時間早く家を出発していて良かったです。もう少し遅かったら前回と同じ展望なしでした。

すぐにアンギラスへ向けて歩きます。目指すはこの尖った先っぽです。

20150629-DSC_2833

ちなみに、アンギラスは無名峰なのでちゃんとした山扱いはされていません(アンギラスは通称です)。

なので、登山道もなく、誰かの踏み跡を辿っていくことになります。

20150629-DSC_2963

雲がどんどん流れてきて真っ白・・・。

それでも、下の方から少しアンギラス山頂が見えました。去年からこの場所でアンギラスを見ることが楽しみだったのですが、イマイチすっきりしません。残念です。

20150629-DSC_2966

それでも、なんとか少し天気が戻って来ました。

ただ、先ほどまでダムのように雲海を堰き止めていた尾根が、そろそろ限界のようです。もう少し頑張って欲しい・・・。

20150629-DSC_2977

ちなみに、私は高山植物はあまり撮影しませんが、色々な花があちこちで満開でした。

20150629-DSC_2978

山の花は見ていて癒されます。

ただ、アンギラスへ至る道は想像以上にハイマツがすごいです。しかも、踏み跡が不明瞭な箇所があり、1回道がわからなくなってしまいました。

気が付いたら背丈以上のハイマツ囲まれていました。枝が生い茂っていて足が地面にすら着きません。ハイマツの上をよじ登って直登し、なんとか元のルートに戻れたのでホッとしました。

20150629-DSC_2979

右のように行くはずが、なぜか左下の方を歩いていたみたいです。結構急斜面だったので、転がったらやばかったです。怖・・・。体力もかなり消耗しました。疲れた・・・。

FullSizeRender

手もベトベトだし、全身松ヤニだらけです。

それでも、やっと頂上付近まで来ました。

20150629-DSC_2980

まだ尾根がぎりぎり雲を抑えています。もう少し頑張れ。

そして、アンギラス山頂です。

20150629-DSC_2983

20150629-DSC_3000
あー、やっぱりダメだったみたいです。すぐに左側へ雲が流れてきて真っ白になってしまいました。

ここまで来たのに残念です。下山です。ちなみに、アンギラス往復で2時間も掛かってしまいました。

もうアンギラスはこりごりです。ニセイカウシュッペも今年はもういいです。

 

IMG_7698
IMG_7699

おしまいです。

まとめ

スポンサーリンク


一応アンギラ登れたので前回のリベンジは果たしました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ミレーのドライナミックメッシュと、ファイントラックのドライレイヤーウォーム・メリノスピンライトを購入!ベースレイヤーを充実させました。

だんだんと気温が落ちてきたこの頃。冬の撮影やトレッキングに備えて、ベースレイヤー(ドライレイヤー)を何枚か購入しました。 ミレーのドライナミックメッシュと、ファイントラックのドライレイヤー®ウォーム・ …

雌阿寒岳〜阿寒富登山士

雌阿寒岳〜阿寒富士登山。地球の鼓動を感じる活火山。

登山に行ってきました。 今年初登山です。場所は雌阿寒岳(1499m)〜阿寒富士(1476m)を回ってきました。 雌阿寒岳と阿寒富士とは 雌阿寒岳(めあかんだけ)と阿寒富士というのは北海道阿寒町にある山 …

プチ雪山でトレッキングしたよ!真っ青な空の下、仁頃山で気持ち良く山行!

今年はもう行くことはないと思っていたんですが山が恋しくなり行ってきました! 本当は使いたいレンズがあったのですが、思わぬトラブルが発生し使うことができませんでした・・・。なので、広角レンズと望遠レンズ …

登山でのカメラ持ち運び方法はカメラホルスターがおすすめ!コットンキャリア、Peak Design、b-gripを比べてみる!

登山と一眼レフカメラは相性抜群です。 私も夏はカメラを持って登山に行きます。 ただ、カメラの持ち運び方法が本当に悩ましい。山の風景は撮影したいけど、山を登るのにカメラは邪魔です。 登山でのカメラの持ち …

雌阿寒岳・阿寒富士で登山!今シーズン初登山を楽しみました!

今シーズン初の登山に行ってきました。場所は雌阿寒岳・阿寒富士です。 昨年・一昨年も5月下旬に同じ山で登山始めをしているので、今年で3年連続3回目になります。 毎年、同じ時期に同じ山を登ると体力の具合が …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山をこよなく愛す男。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。