登山 登山日記

斜里岳に初登山。眺めが最高の独立峰。

投稿日:2022年8月7日 更新日:

斜里岳を初登山しました。

ずっと前から登りたいなと思っていながら登れず・・・。やっと登れました。本当に良い山で、最高に景色が良かった。

 

斜里岳は標高1547m。標高はそこそこですが、独立峰ということもあり存在感のある山です。

コースは旧道と新道があります。旧道は沢登コース、新道は沢を迂回する稜線コースです。新道の方がやや距離が長いようですが、所要時間は同じくらいかと思います。沢は歩きにくいのと、人が多いと渋滞して時間がかかるので。眺めは圧倒的に新道の方が良いです。

登りは旧道、下りは新道という人が多いようですが、私は新道で往復しました。距離は10.6km、私の脚で5時間くらいでした。

 

登山口には清岳荘という山小屋があります。

綺麗な建物です。大人素泊まり1570円。ここに泊まるのもありだなと思います。ちなみに、車中泊は520円です(トイレ台込み)。

中はこんな感じ。

立派で綺麗。

清岳荘からの眺めも素晴らしいです。

夜は天の川もはっきり見えて綺麗でした。

 

では登山スタートです。

休日ということもあり人は多かったです。下山すると駐車場は満杯でした。

旧道と新道の分岐までにも沢があり、何度も渡渉します。

何回渡渉したのか分からないくらい何度も渡渉しました。ただ普通の登山靴で問題ありません。

旧道と新道の分岐から新道に行くと急登が始まります。なかなか大変でした。

天気が良いと気分も上がります。疲労感すら心地よい。

雪が多いためか、変な形のダケカンバが多かったです。

こんなのもカッコよく撮りたい・・・。

稜線に出ると景色が開けます。

小清水、斜里あたりの畑の模様が美しい。

稜線をもう少し進むとこの景色。

最高ですね。ここの稜線歩きはかなり気持ち良かったです。

振り返っての景色。

弟子屈、阿寒方向は雲海でした。雲海に浮かんでいるのは雌阿寒岳です。

さらに進み、頂上直下付近はざれざれの急登なので、足元に注意が必要です。

下りも油断できません。

山頂直前の景色。

もうすでに景色が最高。

振り返って。

本当に美しい・・・。斜里岳って割とギザギザしていますが、こんな感じになっていたのですね。

 

そして山頂。

晴天無風でこれ以上ない天気です。こんな天気滅多にない。

網走・小清水・斜里方向。

網走湾が見えます。本当にすごい景色・・・。

畑がパッチワークのようです。

作物は小麦・芋・大豆あたりでしょうか・・・。

知床半島も見えます。

右奥は知床連峰ですね。いつか行ってみたい。

知床半島の南側、標津・中標津は雲海です。

雄大ですね・・・。

この景色、ずっと見ていられる。

すっかり長居してしまいましたが、下山します。

今回は良い天気を引き当てられました。斜里岳のポテンシャルも素晴らしいです。この山は本当におすすめです。

帰り道で見た斜里岳も綺麗でした。

広い大地に鎮座していて存在感が強い。

 

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

sigma(シグマ)14㎜F1.8artで撮る大雪山系の星空!挑戦して良かったと思える1枚が撮れた!

2泊3日で行ってきたトムラウシ・ヒサゴ沼登山。 参考:トムラウシ山・ヒサゴ沼で2泊3日の登山(1日目南沼テント場泊)!sigma14㎜F1.8の初陣! 最大の目的は星景を撮ることでした。 去年もこの山 …

新しい登山靴にマムートのKento High GTXを購入。Prime Wardrobe(プライム・ワードローブ)で試着する。

使っていた登山靴が痛んできたので、新しい登山靴にマムートのKento High GTXを購入しました。 残雪期での使用も想定された登山靴で、またヌバックレザーが採用されています。 私が購入した時はアウ …

残雪と天の川。標高年の緑岳へ登って星空を撮影。

夏山シーズンが始まったということで、今季初テント泊登山へ行ってきました。 天気は思わしくなかったものの、星空は見ることができました。 残雪と天の川 高原温泉から緑岳を登り、白雲岳避難小屋でテント泊の予 …

マムートのフリースがまるで着る毛布!寒い日の撮影で防寒着として優秀だよ!

久しぶりにフリースを購入して感動しました! マムート、サマーマルプロのフリースです:) ふっかふかです。身にまとう毛布ですね。肌触りも良く一回着たら脱ぎたくなくなります:) 普段着はもちろんのこと、冬 …

登山で一眼レフカメラの持ち運びに便利な「コットンキャリア・ストラップショット」を2シーズン使っての感想!

登山に行くと一眼レフカメラ使っている方をよく見かけますね。 ただ、山での一眼レフカメラの持ち運び方法は悩ましい問題の一つです。 なんとなくカメラを首からぶら下げている方が一番多いと思います。ただ、なん …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。