基礎知識 撮影テクニック

Nikon、APS-C?35㎜フルサイズ?35㎜換算とは。ニコン一眼レフカメラ知識。

投稿日:2014年12月10日 更新日:

「APS-C」、「35㎜版フルサイズ」とは。

カメラやレンズを購入するとよく出てくる言葉ですね。

デジタルカメラができる前は、カメラと言えばご存じの通りフィルムカメラでした。フィルムカメラの場合、フィルムに光を当てて感光させることで写真を撮影してました。フィルムを巻くのに失敗して写真をダメにしたこともあるかと思います。

一方で、デジタル一眼レフの場合、フィルムは使いません。その代りに、「撮像素子(センサー)」という部分がフィルムの役割を果たしています。
センサー(撮像素子)
これが「撮像素子(センサー)」です。

そして撮像素子には大きさのサイズが様々あります。「35㎜版フルサイズ」と「APS-C」とは、その撮像素子の大きさを表した言葉です。

ASP-C35㎜換算とは

撮像素子は「35㎜版フルサイズ」の方が「APS-C」よりもおおよそ2.23倍大きいです。このサイズの違いで何が変わるのか。ノイズに強いとか描写力とかいろいろありますが、まず目に見えて一番大きな違いは画角です。

35㎜換算とは。

撮像素子の大きさで、画角が変わります。画角とは「撮影できる範囲」のことです。

同じ焦点距離で撮影しても、「35㎜版フルサイズ」よりも「APS-C」の方が、実は画角が拡大されて写ります。どれくらい拡大されるか。ざっくり言うと、約1.5倍です。

例えば、焦点距離35㎜の広角で撮影したとして、「35㎜版フルサイズ」の一眼レフカメラならそのまま35㎜の広角で撮影できます。

しかし、「APS-C」の一眼レフカメラだと1.5倍拡大されるので、約52㎜(35㎜×1.5)で撮影したことになるのです。

上写真が、「35㎜版フルサイズ」での「焦点距離35mm」。下写真が「APS-C」での「焦点距離35mm」です。

35mm換算とは
35mm換算とは

見え方が結構違います。

同じ焦点距離35㎜で撮影しても、「35㎜版フルサイズ」なら、そのまま「焦点距離35mm」。「APS-C」では1.5倍拡大で「焦点距離52mm」に見えるのです。

こんなに画角の違いがあります。下の写真は結構狭いですね。もう広角ではなく標準の域に入ります。

「APS-C」では、焦点距離35㎜で撮影しても、実は焦点距離35㎜の画角では撮影できてないのです。

しかも、レンズに表記されている焦点距離はすべて「35㎜版フルサイズ」を基準として記載されています。

なので、「APS-C」の一眼レフカメラを使っている人の場合、実際の画角を確認するために、表記されている焦点距離を1.5倍にして考える必要があります。これを「35㎜換算」といいます。

一眼レフカメラエントリー機は「APS-C」が多い

「APS-C」の一眼レフカメラを使っている人は、これを忘れてしまうと、例えば「35㎜単焦点レンズ」で広角レンズと思いきや約52㎜の標準で写ってしまったり、「50㎜単焦点レンズ」で標準レンズと思いきや約75㎜の中望遠で写ってしまったり、レンズ購入の時に失敗のもとになるので注意が必要です。

Nikonだと

  • D500
  • D7200
  • D5500
  • D3300

などが「APS-C」です。Canonなら、

  • EOS 7D Mark Ⅱ
  • EOS 80D
  • EOS 8000D
  • EOS Kiss X80
  • EOS Kiss X7
  • EOS Kiss X8i

などが「APS-C」です。参考までに!

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ノーパララックスポイント(ノーダルポイント)でパノラマ撮影しよう。一眼レフやミラーレスで綺麗にパノラマ撮影するコツ。

パノラマ撮影はレンズの画角に縛られずに撮影できたり、画素数が欲しい時に画像を稼げたり、トリミングの自由度を上げてくれたりと良いことがあります。 海外のフォトグラファーなどはパノラマ撮影していることが割 …

収差とは?ザイデルの5収差って何だ。

カメラを趣味にしていると一度は耳にする「収差」と言う言葉。 価格コムのレンズクチコミなんかを読むと、詳しそうな方が「収差が・・・」と語っています。 なんだ収差って。特に知らなくても良いことですが、気に …

絞り(F値)・シャッター速度・ISO感度の一つ上の知識。「段」という考え方。

絞り(F値)・シャッター速度・ISO感度の一つ上の知識。「段」という考え方。

一眼レフカメラについて調べていると、絞りを「一段絞る」とか、シャッター速度を「一段速める」などと目にすることがあります。なかなか見慣れない言葉です。 この「段」という考え方。少し難しいかもしれませんが …

ホワイトバランス比較図

一眼レフカメラのホワイトバランスを変えて見違える写真に。

なんだか分かるようで分からないホワイトバランス。 そんなあやふやなホワイトバランスですが、これは写真の印象を大きく左右する要素で重要です。 ホワイトバランスによって写真の印象が変わる 光の色は場所や時 …

天の川を現像・レタッチ(WB調整編)!Lightroomで星空のホワイトバランスをニュートラルな色に調整しょう!

星景写真について前回は光害を除去する方法について書きました。 参考:天の川を現像・レタッチ(光害除去編)!光害による色被りを目立たなく除去しよう! もっと色々と星景写真のレタッチについて書きたいところ …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。