撮影日記

津別峠で雲海を撮影した!綺麗にうねる雲海を撮影できた。

投稿日:

連日雲海が出ている津別峠へ撮影に行ってきました。

この日も360度、見渡す限りに大雲海を見ることができました。

津別峠で雲海を撮影

この日は濃厚な雲海が、大きく波打っている様子でした。

とりあえず日の出を撮影。

真ん丸の朝日がぬっと出てきます。

ここからさらに雲海の動きが慌しくなります。

焦点距離105mm、F22、SS20、ISO50で撮影。ND64を使用。

雲海が生き物のように山の峰を飲み込みます。

焦点距離200mm、F13、SS15、ISO50で撮影。ND1000を使用。

雲海の動きが早いので、次から次へ撮影ポイントが変わり忙しい。

焦点距離500mm、F13、SS1/200、ISO100で撮影。

光芒が降り注ぎ美しいです。緻密にじっくり構図を作り込みたいところですが、そんな暇はありません。美しい光が現れたと思ったら、あっという間に消えてしまいます。

そうすると、とっさに撮影した写真が、結果的に完成された構図になっているのが理想です。そんな嗅覚を鍛えて行きたいですね。

こちらは、今回のメインカットです。焦点距離250mm、F16、SS13、ISO50で撮影。ND1000を使用。

流れる雲海に光が当たり美しい。これも一瞬の出来事でした。シャッター速度は長すぎると、のべーとただ白くなるだけなので、これくらいが丁度ということが分かりました。

津別峠展望台は947mらしいですが、電柱が一本もなく電気が通っていません。なので、24時間ディーゼルエンジンを回し発電しています。また、水道も通っていないので、トイレなどの水もタンクローリーで運んでいるそうです。だから、津別峠展望台は存在するだけで相当経費が掛かるそうですね。ここで撮影できることに感謝です。できるだけ麓の町で飲食してお金を落とすようにします。

これはモノクロで。焦点距離400mm、F16、SS8、ISO50で撮影。ND64を使用。

最近、モノクロも増えてきました。

 

スポンサーリンク

まとめ

雲海は毎回全然表情が違うので面白いですね!

まだまだ雲海は見られるので行けるだけ行きたいです!


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

光が幻想的な秋を撮ってきた。日々季節が深まる。

だんだん寒くなり氷点下という日も出てきましたね。 この時期は1日の寒暖差が激しく朝霧が出やすいです。 光が幻想的な秋を撮ってきた 秋の三国峠は毎年通っています。 今年は紅葉が遅かったですが、流石に撮影 …

星空を撮影しに登山してきた!満点の星空を求めて白雲岳登山!

そろそろ夏山が本格化してきたと言うことで白雲岳に行ってきました。 目的は星空です。 白雲岳にはすでに2回テント泊登山をしていますが星空は見られていません。1回目は満月で星は見られず、2回目は赤道儀まで …

苔むす渓流、樽前ガローを撮影。1年前の写真と撮り比べ!

樽前ガローへ撮影に行ってきました:) ガローって何!?という感じですが、ガローとは切り立った崖という意味らしいですね。樽前ガローでは川が火山(樽前山)の山麓を侵食し深い亀裂のような地形を造り出していま …

支笏湖で巨木を見てきた。樹齢1200年以上!?

支笏湖に巨木があるということで見学に行ってきました。 少し前にその存在を知り、ずっと行ってみたかった場所です。 ただ、ヒグマの気配が濃く、なかなか緊張感のある散策となりました。あまり一人はオススメしま …

再びジュエリーアイスの撮影に行ってきた!ジュエリーアイスの撮影は最高難度!?

2度目のジュエリーアイスの撮影に行ってきました。 参考:今年初撮りはジュエリーアイス!1月の北海道で特に注目度が高い被写体! 今年はなかなかジュエリーアイスが漂着して来なかったのですが、今週末になっ …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。