レンズ 機材

Nikon Z24-70mmf/2.8Sのスペックと特徴をZ24-70mmf/4Sと24-70mm f/2.8Eと24-120mm f/4とで比較してみる!Z24-70mmf/2.8Sの気になる点。

投稿日:

ニコンZレンズの標準ズームである「Nikon Z24-70mmf/2.8S」 が発表されました。いわゆる標準大三元になります。

早速、Zマウントの小三元であるZ24-70mmf/4S、それからFマウントの標準大三元レンズである24-70mmf/2.8Eと小三元レンズである24-120mmf/4との比較を通して、Nikon Z24-70mmf/2.8Sのスペックを見てみたいと思います。

Zマウントの標準大三元はどんなレンズなのでしょうか。

Nikon Z24-70mmf/2.8Sのスペックと特徴をZ24-70mmf/4Sと24-70mm f/2.8Eと24-120mm f/4とで比較してみる

価格

Z24-70mm
f/2.8S
Z24-70mm
f/4S
24-70mm
f/2.8E
24-120mm
f/4
価格 税抜305500円 税抜136500円 税抜287500円 税抜160000円

Z24-70mmf/2.8Sは2019年4月発売予定で税抜305500円となっています。最高級ズームレンズだけあって高価。Fマウントの大三元レンズである24-70mm f/2.8Eは2015年10月22日発売で税抜287500円だったのでちょっとだけ値上げですね。ただ、満足感はプライスレス。

ちなみに、Zマウントの小三元であるZ24-70mmf/4Sは2018年9月28日発売で税抜136500円、Fマウントの小三元は2010年9月22日発売で税抜160000円となっています(これは焦点距離が24-120㎜なので少し高いのですかね)。

2倍以上のお金を出して開放F2.8を取るか、それとも半分以下の価格で開放F4にするかの選択。ちなみに、レンズキットならZ24-70mmf/4Sは実質6万円なので1/5以下の価格・・・。

重さ・大きさ

Z24-70mm
f/2.8S
Z24-70mm
f/4S
24-70mm
f/2.8E
24-120mm
f/4
重さ 約805g 約500g 約1070g 約710g
大きさ 89mm
×126
77.5mm
×88.5
88.0mm
×154.5
84mm
×103.5

Z24-70mmf/2.8Sは約805gでFマウントの大三元(約1070g)に比べ、かなり軽量化されています。全長も短くなっているので携帯性は向上していますね。

比較するとこんな感じらしい。レンズ径は82㎜で同じ。

画像引用:nikonイメージング

ミラーレスのボディと組み合わせれば全体で大きな軽量化・小型化を見込めますね。

レンズ構成

Z24-70mm
f/2.8S
Z24-70mm
f/4S
24-70mm
f/2.8E
24-120mm
f/4
レンズ構成 15群17枚
(EDレンズ2 枚、
非球面レンズ4枚、
ナノクリスタルコート、
アルネオコート、
フッ素コート)
11群14枚
(EDレンズ1枚、
ED非球面レンズ1枚、
非球面レンズ3枚、
ナノクリスタルコート、
フッ素コート)
16群20枚
(EDレンズ2枚、
ED非球面レンズ1枚、
非球面レンズ3枚、
高屈折率レンズ1枚、
ナノクリスタルコート、
フッ素コート)
13群17枚
(EDレンズ2枚、
非球面レンズ3枚、
ナノクリスタルコート)

私はレンズ構成に関してはさっぱりですが、Zマウント小三元のZ24-70mmf/4Sですら相当な描写をするので、大三元のこのレンズもかなり良いのだとうと思います。ニコンの最高水準の画質が楽しめます。

また、Z24-70mmf/2.8Sの特徴としてAF駆動系にマルチフォーカス方式と言うものを採用しています。

画像引用:nikonイメージング

これは2組のAF用駆動ユニットを連携させ、2つのフォーカス群の位置をミクロン単位で厳密に制御します。これにより収差を排除し優れた解像力を実現するとのこと。

さらに、ナノクリスタルコートの他にアルネオコートというものが施されています。アルネオコートは新開発の反射防止コーティングで、レンズ面に垂直に入射する光に対して高い効果を発揮。また、ナノクリスタルコートとの併用で、ゴースト・フレアの低減に大きな威力を出し、抜けの良いクリアーな画像が得られます。24-70mmf/2.8Eの逆光耐性はあまり良くないのでZ24-70mmf/2.8Sには期待したいです。

あと、フッ素コートは最前面および最後面のレンズ面に施されています。Z24-70mmf/4Sと24-70mmf/2.8Eは最前面のレンズだけでした。後玉は汚れたら厄介です。

最大撮影倍率・最短撮影距離

Z24-70mm
f/2.8S
Z24-70mm
f/4S
24-70mm
f/2.8E
24-120mm
f/4
最大撮影倍率 0.22倍 0.3倍 0.28倍 0.23倍
最短撮影距離 0.38m 0.3m 0.41m 0.45m

最大撮影倍率や最短撮影距離は可もなく不可もなく。

できればZ24-70mmf/4Sと同じくらい寄れれば良かったなと思います。

その他特徴

これはもはや当然かもしれませんが防塵・防滴に配慮した設計となっています。

画像引用:nikonイメージング

フィールドでガシガシ使えます。

 

MTF性能曲線図はこんな感じ。

Z24-70mmf/2.8S

参考:nikonイメージング

Z24-70mmf/4S

参考:nikonイメージング

24-70mmf/2.8E

参考:nikonイメージング

24-120mmf/4

参考:nikonイメージング

 

Z24-70mmf/2.8Sと24-70mmf/2.8EのMTF性能曲線図を比較して見ても、Z24-70mmf/2.8Sは期待できそうですね。

Z24-70mmf/2.8S
24-70mmf/2.8E

ただ、これだけでは分からないことも多いので、実際に手にして使ってみたい。

 

スポンサーリンク

まとめ

やっと大三元が1本登場しました!

Nikon最高峰のズームレンズとなるので手にしたい気持ちはありますが高い!


  1. mickey より:

    ソニーも大三元レンズを発売したときには
    高い高いと言われましたが、それ以上にNikonは
    高いですね。
    こうなるとシグマやタムロンも検討の価値がありそうですね。

    • ワイズカメラ より:

      mickeyさん

      ちょっと高すぎです笑
      70-200mmf2.8はもっと高くなりそうなのでちょっと手が出ないかもしれません・・・。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

角型フィルター100㎜システムの導入を検討。KANIかNisiどちらにするか。

Z14-30㎜F4Sを導入したことで100㎜幅の角型フィルターを使えるようになりました。 参考:Nikon Z14-30mmf4Sをレビュー!14-24mmf2.8との比較を通してZ14-30mmf/ …

今年(2018年)の冬、撮影に使う防寒着のまとめ!手や足の防寒も!

冬の歩みが遅い北海道ですが、冬の防寒着についてまとめてみたいと思います。 私は登山をするので基本的にレイヤリングをすることで防寒します。 天気は日によって様々。寒い日、風の強い日、湿度の高い日、雪の降 …

ニコンD7200、キャノンEOS 80D・70D、ペンタックスK-3の違いを比較検証。

2015年3月19日、NikonD7200が売り出されました。Nikonではミドルクラス機にあたります。追記:2016年3月にキャノンEOS 80Dが発売されるので、それも加えて比べてみたいと思います …

77㎜のNDフィルターを径67㎜のレンズで使いたい!ステップアップリングを買った!

私の持っているND・PLフィルターは77㎜が殆どです。 ただ、先日購入した70-200㎜F4はフィルター径67㎜です。 望遠レンズなのでフィルターを使うことも少ないと思いますが、稀にNDフイルター使い …

Leofotoの選び方!三脚と雲台をまとめて比較してみる!

最近よく目にするようになったLeofotoの三脚と雲台。 個人的に三脚の優先順位が低く、今だに壊れかけのアルミ製マンフロット055を使用しているのですが、早く買い替えないとなと思っています。 そこでL …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山をこよなく愛す男。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。