撮影日記

白鳥をNikon200-500㎜F5.6で撮影してきた!屈斜路湖で白鳥を撮る!

投稿日:

今年も白鳥がやって来ましたね。

北海道にも越冬地となる場所は多数ありますが、特に屈斜路湖は白鳥が美しく見えることで有名です。

私も何度も訪れていますが本当に綺麗。

それで今年はNikon200-500㎜F5.6を手に入れたので早速撮影しに行ってきました。

ちなみに、写真は全てNikon200-500㎜F5.6を使用しています。

白鳥をNikon200-500㎜F5.6で撮影

当日は低気圧が発達してきているらしく天気は悪かったです。

風も強く吹いていましたが、屈斜路湖は広いので比較的風の弱い場所もあります。そういった場所で白鳥も寒さを凌いでいるようでした。

どの白鳥も口ばしを背中の羽の中に隠していました。口ばしは冷えやすのかな・・・。

屈斜路湖には温泉が湧き出ている場所が数カ所あります。そこでは藻のようなものが生えているらしく白鳥がもぐもぐ食べていました。

近くで見ると結構大きいです。

冷たい湖に浮かんで寒くないのだろうか!?

そして、さすが超望遠レンズ。

かなりアップで撮れます。

休んでいる間でもしっかりこちらを監視。

ぎりぎりまで近づけば、ここまでアップで撮影可能です。

ノートリミングでここまで写せるのは強いですね。また、遠景のものを写すのでない限り、よく解像すると思います。あと、個人的には開放でも使える。

AFはそれほど速くはなく、時々迷うこともありました。白鳥や鹿などなら問題ありませんが、小さい鳥とかなら厳しいかもしれませんね。

こうして夕日が沈み1日が終わります。

私はそのまま美幌峠で車中泊。

翌朝は美幌峠展望台で朝日を撮影。美幌峠はまだ雪が少なかったですね。強風で雪が飛ばされた感じでした。

そして、そのまま屈斜路湖でまた白鳥を撮影。

朝は眠そうでした。

浮かびながら寝ています。

昨日に引き続き今朝も強風が吹き荒れています。

屈斜路湖も波立っていました。

まだまだ冬も始まったばかり。

これから更に厳しくなるけど、頑張れ白鳥。

まとめ

スポンサーリンク

あと一ヶ月足らずで屈斜路湖も全面凍結するはずです!

雪と白鳥も綺麗なので1、2月は屈斜路湖に通いたいと思います!


  1. やまっち より:

    屈斜路湖と言えば、【ぐるっとパノラマ美幌峠】と思いますが、冬期間、Wise kameraさんは夜間エンジンを止めて車中泊しているのでしょうか? 私はまだ雪が降る時期に車中泊をしたことがないので…。同じようなモンベルのシュラフを使っていますが、真冬でも
    車内暖房無しでも余裕でしょうか。
    春先や晩秋でもシュラフから出るとメチャメチャ寒い事が多いので質問させて頂きました。

    • ワイズカメラ より:

      やまっちさん

      コメントありがとうございます!

      ぐるっとパノラマ美幌峠で車中泊しましたよ:)

      エンジンは切っていますよ。
      やはり普通のシェラフだと寒いです。なので、愛用しているダウンハガー800♯2に加え羽毛布団を車内に持ち込んでいます笑
      これで普通に寝れます:)

  2. Ko より:

    毎回楽しみに拝見しております。
    ところで、WiseCameraさんのの文章
    ***こうして夕日が沈み1日が終わります。***
    直下の白鳥の写真ですが、これは何mmくらいで撮影されているものなのでしょうか?
    もしよければF値も教えていただけるとうれしいです。

    • ワイズカメラ より:

      Koさん

      いつもありがとうございます!

      これは焦点距離250㎜、F5.6で撮影していました:)

      • Ko より:

        返信ありがとうございます。
        有益な情報に素敵な写真。毎回とても楽しみにしています。
        一度、Wisecameraさんが使われている機材をまとめてくれるといいのになー。なんて思っています。

        250mmですかー。僕はいま70-200mmf2.8を持っているので、新たに超望遠レンズを購入するか、テレコンバータで我慢するか迷っています。テレコンで400mmもあればなんとかなるのかなー

        • ワイズカメラ より:

          Koさん

          ご返信ありがとうございます!

          機会があれば機材をまとめてみたいと思います:)

          それは悩みどころですね、個人的には400㎜あれば殆ど問題ない気もします。
          ただ、たまに欲しくなる400㎜以上が大きいです笑

  3. tatsumo より:

    やはりNIKONの200-500/f5.6は描写がいいですね!
    かつ200-500mmという広範囲をカバーできているのが良いと思います ^^b
    私も北海道住まいなら絶対に購入していたレンズだと思います♪

    • ワイズカメラ より:

      tatsumoさん

      コメントありがとうございます!
       
      本当にコスパの良いレンズです:)
      超望遠で風景を切り抜いても迫力が出ていい感じです!

  4. Labatt より:

    雪玉のボケが幻想的ですね。白鳥もおとぎ話に出てくる鳥みたいに見えます。餌をやったら王子様かお姫様に化けるんじゃないですか。過去に撮影された白鳥の写真も改めて拝見しましたが、今回のお写真は広角と望遠の違いが描写できてるように思います。新しいレンズ効果ですね。

    でも1つだけ忠告させていただきますが、200-500に満足いかなくなるともっと深い底なしの単焦点望遠レンズの世界しかありませんよ(笑)。私が328,428の世界に踏み込んだらトリはトリでも借金取りの撮影しかできないですね。

    • ワイズカメラ より:

      Labattさん

      コメントありがとうございます:)

      幻想的でした!美人に化けて出てきてほしいです笑
      機材が増えると表現のバリエーションも増えて楽しいです:)

      それが怖いです笑
      すでに428ならなんとか・・・とか思っています!
      まさに命トリ。

Ko へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

旭山動物園

旭山動物園に行ってきました。動物園で動物を撮影するテクニック!!

読了時間3分 旭山動物園に行ってきました 先日、北海道旭川市にある旭山動物園に行ってきました。旭山動物園といえば、行動展示で一躍有名になった動物園ですね。 こちらの記事もどうぞ曇りの日に風景写真をうま …

美瑛町。日本じゃない日本の風景。その2。

昨日の美瑛町。日本じゃない日本の風景。その1。の続きです。 そういえば、「青い池」で写真家の白石ケント氏を見かけました。 望遠レンズを使って、水面が風で波立ち煌めく瞬間を狙っているようでした。 話かけ …

キタキツネポトレ!初めてキタキツネを撮影!

撮影スポットへ移動している最中、道路に一匹のキタキツネが。 思わず車を止めて撮影しました。 冬毛の動物はもふもふで可愛いですね。 初めてのキタキツネポートレート 山の上に通じる一本道。 一匹のキツネが …

インターバル撮影と比較明合成(コンポジット)で試しに星空撮影しました。

インターバル撮影と比較明合成(コンポジット)で試しに星空撮影しました。

インターバル撮影とは? インターバル撮影とは、設定した一定の間隔で連続して写真を撮影することを言います。例えば、シャッター速度20秒を5秒間隔で100枚撮影するなど。一眼レフカメラによっては、インター …

全面結氷したオンネトーを撮影した。今年は綺麗に凍りました。

オンネトーが全面結氷しました。もうそんな時期です。 今年は結氷が遅いなと思っていましたが、一気に来ました。しかも、透き通るように綺麗です。 全面結氷したオンネトーを撮影 SNSで凍結したという情報があ …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。