現像・レタッチ

便利な44個のLightroomのショートカットキーについて。Lightroomを使いこなそう。

投稿日:2020年4月4日 更新日:

今やLighroomはフォトグラファーに無くてならないアプリです。圧倒的便利さ。

それでLightroomをさらに便利に使うためのショートカットキーについてまとめてみたいと思います。

ただ、Lightroomのショートカットキーは数が多いので、これは使用頻度が高いだろうというものを44個ピックアップします。

表示に関するLightroomのショートカットキー

パネル表示

まずは、パネルの表示についてです。

特にノートPCでの現像だとモニターが小さいことが多いので、パネルの表示・非表示を切り替えることで画面が見やすくなります。

下は7つのショートカットキーを紹介していますが、特に「すべてのパネルを表示/非表示」が便利。

効果 Mac OS Windows
すべてのパネルを表示/非表示 Shift + Tab Shift + Tab
サイドパネルを表示/非表示 Tab Tab
ツールバーを表示/非表示 T T
モジュールピッカーを表示/非表示 F5 F5
フィルムストリップを表示/非表示 F6 F6
左パネルを表示/非表示 F7 F7
右パネルを表示/非表示 F8 F8

各パネルの名称と位置はこのようになっています。

これを各ショートカットキーで表示・非表示を切り替えることが可能です。

「Shift + Tab」で全てのパネルを非表示にするとこうなります。

画像を画面に大きく表示可能になります。ちなみに、各辺にある三角マークをクリックしても、表示・非表示を切り替えることは可能です。

画像の表示

次に画像の表示に関するショートカットキーです。

効果 Mac OS Windows
ライブラリのルーペ表示に切り替える E E
ライブラリのグリッド表示に切り替える G G
選択されている写真を現像モジュールで開く D D
背景光モード L L
スクリーンモードを切り替え F F

「E」と「G」の切り替えは非常に便利です。

背景光モードが画像の確認で使えますが、これも「L」で切り替えできます。

これは画像を比較している時でも可能で、「Shift + Tab」と組み合わせれば使い勝手が良いです。

「F」では画面一杯に画像を大きく表示できます。

レーティング・カラーラベル・フラグなどに関するLightroomのショートカットキー

次に、レーティング・カラーラベル・フラグなどについてです。

どれも写真の選別に欠かせないものですが、これもショートカットキーによりサクサク行うことができます。

効果 Mac OS Windows
レーティングを設定 1 – 5 1 – 5
レーティングを削除 0 0
赤ラベルを割り当て 6 6
黄ラベルを割り当て 7 7
緑ラベルを割り当て 8 8
青ラベルを割り当て 9 9
写真に採用フラグを立てる A A
写真に除外フラグを立てる X X
写真のフラグを外す U U
フィルターのオン/オフを切り替え Command + L Ctrl + L

各ショートカットキーは画像を複数選択していても操作可能です。また、フィルムストリップの移動は「←、→」で可能。

これでいちいちクリックすなくてもボタンでサクサク写真が選別できますね。

現像に関するLightroomのショートカットキー

現像全般

まずは、現像全般で使えるショートカットキーです。

効果 Mac OS Windows
Photoshop で編集 Command + E Ctrl + E
現像設定をコピー
現像設定をペースト
Command + Shift + C
Command + Shift + V
Ctrl + Shift + C
Ctrl + Shift + V
設定を同期 Command + Shift + S Ctrl + Shift + S
選択した写真の露出を一致 Command + Option + Shift + M Ctrl + Alt + Shift + M

LightroomからPhotoshopで編集する時に、「Command + E / Ctrl + E」は便利。ただし、画像を複数選択してレイターで開くみたいなことはできないようです。

「現像設定をコピー/ペースト」はテキストなどでもこのショートカットキーが使われていますね。

それから、「設定を同期」や「選択した写真の露出を一致」は、被写界深度合成や露出ブレンドしたりする際によく使う機能です。これもショートカットキーでサクサクいけます。

マスク系

段階フィルターやブラシツールなどのマスクで使えるショートカットキーです。

効果 Mac OS Windows
段階フィルターを選択 M M
円形フィルターを選択 Shift+M Shift+M
補正ブラシを選択 K K
段階フィルターまたは円形フィルターが選択されている場合、マスクを編集モードとブラシモードに切り替え Shift+T Shift+T
ブラシから消しゴムツールに一時的に切り替え Option + ドラッグ Alt + ドラッグ
水平線または垂直線をスプレー Shift + ドラッグ Shift + ドラッグ
部分補正マスクオーバーレイを表示/非表示 O O

段階フィルター・円形フィルター・補正ブラシは、それぞれ「M」、「Shift+M」、「K」で選択できます。また、「部分補正マスクオーバーレイを表示/非表示」は「O」で切り替えできる。

この4つのショートカットキーは使用頻度が高いですね。

そして、段階フィルターや円形フィルターでブラシモードに切り替えることも多いかと思いますが、これは「Shift+T」で移行でき、さらに消しゴムツールに一時的に切り替える場合は「Option + ドラッグ / Alt + ドラッグ」です。

消しゴムツールを使うのに一々クリックする必要がないので、非常に効率が良いです。

また、直線的に補正を効かせたい場合は「Shift + ドラッグ」になります。

その他

効果 Mac OS Windows
切り抜きツールを選択 R R
スポット修正ツールを選択 P P
補正前と補正後を左右に表示 Y Y
ルーペと 1:1 ズームのプレビューを切り替え スペースバーまたは Z スペースバーまたは Z
スライダーをリセット スライダー名をダブルクリック スライダー名をダブルクリック
白飛び・黒飛び警告 J J
編集を一つ戻る Command + Z Ctrl + Z
編集を一つ進む Command + Shift + Z Ctrl + Shift + Z

どれも便利なショートカットキーです。

スライダーをリセットするのも意外に便利。

「編集を一つ戻る」は「Ctrl + Z / Command + Shift + Z」ですが、これは欠かせません。

カタログに関するショートカットキー

効果 Mac OS Windows
ディスクから写真を読み込む Command + Shift + I Ctrl + Shift + I
仮想コピーを作成 Command + Y Ctrl + Y
現在のモジュールのショートカットを表示 Command + / Ctrl + /

カタログに関するショートカットキーはこれくらい覚えておけば良いかなと思います。

ちなみに、「現在のモジュールのショートカットを表示」はこれです。

「Command + / 、Ctrl + / 」でショートカットキーが表示されるので、忘れてしまったらこれで調べられます。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、Lightroomのショートカットキーでした!

数は多いですが、これでも絞ったつもりです!ちょっとづつ覚えましょう:)


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

影映る雪面を自然に現像してみる!少しの工夫で楽に美しい雪面に現像!

最近現像についてばかりですが、勢いにあるうちに書きたいと思います:) 前回、前々回は手間が掛かりそうな現像でしたが、今回のは比較的シンプルだと思います。 また、撮影時にちょっと工夫しておくと現像が楽に …

天の川の現像方法①!色を補正して天の川を強調する!光害の色被り除去!

今年から始めた星景写真。 約4か月前から新月期に天の川をしばしば撮り歩き、すっかり北海道の星空に魅了されてしまいました。 生々しい夜空。 「思わず声が出る」ってよく言いますけど本当に声が出ました。 お …

無料ソフト、PicasaとGimpで簡単ゴミ取り。どちらがいいか比べてみました。

読了時間5分 センサーのゴミ 一眼レフカメラで避けられのが、センサーのゴミ。気付けば写真に黒い点が付いていたなんてことは多々あります。 Loghtroomを使えば、画像処理でゴミの黒い点を簡単綺麗に取 …

現像を極める書籍「デジタル写真の色を極める!」を読んでの感想。読んでよかった!

読了時間3分 前に、RAW現像してますか?何となく現像していませんか?現像を極める書籍買いました。という記事を書いたのですが、書籍を読み終えたので感想を書いてみたいと思います。 とりあえず読んでよかっ …

露出ブレンドをして明暗差を克服しよう!露出ブレンドで簡単レタッチ!

朝日が顔を出す瞬間は絶好のシャッターチャンスなのですが、明暗差が激しいので撮影が難しかったりします。 この明暗差を克服する方法はハーフNDフィルターだったりHDR合成だったりと色々ありますが、そのうち …

About_me_web_site_name

このブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山が好き。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:)
サブブログ(カメラク)も運営しております。

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

このサイトについて

一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。