登山 登山日記

雌阿寒岳〜阿寒富士登山。地球の鼓動を感じる活火山。

投稿日:2015年6月1日 更新日:

登山に行ってきました。

今年初登山です。場所は雌阿寒岳(1499m)〜阿寒富士(1476m)を回ってきました。

雌阿寒岳と阿寒富士とは

雌阿寒岳(めあかんだけ)と阿寒富士というのは北海道阿寒町にある山です。そして、雌阿寒岳は百名山で活火山です。
雌阿寒岳〜阿寒富士

ここです。

Googleアースで見るとこんな感じです。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士
手前が雌阿寒岳で奥が阿寒富士です。

コースタイムは登山口から雌阿寒岳山頂まで3kmで2時間。さらに、そこから阿寒富士山頂まで1.7kmで1時間です。

往復9.4kmで5時間といったところです。

カメラ機材

一応カメラ機材についても書きたいと思います。

いつもは焦点距離18ー200㎜の高倍率ズームレンズ1本で登山に行っていたのですが、友人にそのレンズを譲ったので、今回は他のズームレンズを持っていきます。

できるだけ必要なものだけで、不要なものは持たないようにします。登山は軽いが正義です。

 

まず、標準ズームレンズ。これは絶対必要です。使用頻度か高いです。

次に、広角ズームレンズ。これも使えるレンズなので必要です。

そして、望遠ズームレンズ。そんなに使わないかもしれないけれど、有るとここぞという時に活躍してくれます。要ります。

最後に、マクロレンズ。森で苔とか芽とか撮影するかもしれません。必要です。

・・・・・・・・・・・・・・。結局、レンズ4本持つことにしました。持たないで後悔より、持って後悔です・・・。

カメラ本体、三脚や予備バッテリーなどの小物を入れて4kg弱です。
FullSizeRender
ザックの中がほとんどカメラ機材になりました。重い。

雌阿寒岳〜阿寒富士登山開始!

朝5時30分スタートです。
雌阿寒岳〜阿寒富士登山
気持ちのよいアカエゾマツの林を歩きます。

道がわかりにくく迷いそうでした。それでも1時間ほどで高いところまできました。

見晴らしが良いです。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士

下はオンネトー湖です。

オンネトー湖は見下ろしても真っ青でした。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士

天気は最高です。

そして、コースタイム通り2時間弱で山頂近くにたどり着きました。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士

先のGoogleアースの写真を見てわかるように、雌阿寒岳には2つの沼があります。そして、これがその1つの「赤沼」です。赤ではなく泥!?の色をしています。

火口は写真で見るより断崖絶壁でした。

そして山頂到着。
雌阿寒岳〜阿寒富士登山
2時間とはいえかなり堪えました。運動不足です。しかも、レンズが重い。

ただ、疲れを吹き飛ばす絶景です。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士

日本じゃないみたいです。

記念に撮影。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士

ちなみに、右側の尖っている山が雄阿寒岳(おあかんだけ)です。

今登っているのが雌阿寒岳なので、雄・雌あるんですね。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士

確かに雄っぽい・・・。いや、よく分からないです。

反対側には、雌阿寒岳の火口を越しに阿寒富士が見えます。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士

なんとも壮大な風景。

火口からは「ゴーォォォ!」という轟音と共に、ものすごい勢いでガスが吹き出ています。ちょっと怖いくらいです。

そして、左側にあるのが「青沼」です。

青沼は本当に青いです。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士

きれいです。ただ、近くに行くとものすごい硫黄臭で喉が痛くなります。

 

次に、阿寒富士に登るために雌阿寒岳を降ります。

振り返った時の景色です。崖の上が雌阿寒岳山頂です。
雌阿寒岳〜阿寒富士登山
写真では規模がわかりにくいですが、相当大きな崖です。

そして阿寒富士が見えてきました。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士

この光景を見て、阿寒富士に行くのを躊躇しました。

あんなに降って、またあれ登るの!?

想像以上に阿寒富士はきつそうです。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士

近くに行く程、巨大で急勾配に見えます。

迷いましたが、せっかくここまで来たので登る事にしました。
雌阿寒岳〜阿寒富士登山
思ったより砂です。巨大な砂山。めっちゃ登りにくいです。
20150601-DSC_1958
20150601-DSC_1957
20150601-DSC_1962
20150601-DSC_1966
20150601-DSC_1964
20150601-DSC_1978
20150601-DSC_1962
雌阿寒岳〜阿寒富士登山

20150601-DSC_1981

まだ!!??もーー、しんどい。

30分くらいで行けると思っていましたが、結局1時間ちょっと砂山を登り続けました。

やっと阿寒富士山頂到着です。
雌阿寒岳〜阿寒富士登山
苦労した甲斐がありました。

良い景色。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士

先程までいた雌阿寒岳です。

雪と緑がよい感じです。

せっかく望遠レンズを持って来たので使っておきます。

雌阿寒岳〜阿寒富士登山
歩いて来た火口の縁です。巨大。望遠レンズの出番はこれだけでした。

そして反対側。
雌阿寒岳〜阿寒富登山士

山とかはないのですが、ずっと遠くまで見えます。おそらく、十勝平野とか釧路方向です。地平線が丸く見えそうです。

そして、また下山です。

雌阿寒岳〜阿寒富登山士

阿寒富士を下山し、また雌阿寒岳を登り返して帰ります。

雌阿寒岳〜阿寒富登山士

雌阿寒岳〜阿寒富登山士

雌阿寒岳山頂からまた撮影です。何度みても飽きません。

 まとめ

スポンサーリンク

久しぶりの山を満喫しました。

ただ、レンズはマクロと望遠は不要でした。


  1. ラッキー より:

    初めてコメントさせていただきます。

    とてもよい景色ですね。青沼が特にいいです。最近は噴火警戒レベルが高いところが多く、このような沼(湖)はなかなか見れないものです。

    これからもぜひまた素晴らしい風景写真を見せてください。

    • カメラ初心者 より:

      ラッキーさん

      初めまして。コメントありがとうございます:)

      青沼は本当に綺麗でした。火山ならではの光景だと思います。そうですね、近頃なんだか心配な山が増えてきましたね。

      ありがとうございます。どんどん山に分け入って良い写真を撮りたいと思います!
      これからも宜しくお願いします:)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

「神々の山嶺(かみがみのいただき)」は山とカメラ好きにはたまらない。岡田准一で映画化されるよ。

先日、「神々の山嶺(かみがみのいただき)」を漫画で読みました。何やら2016年に岡田准一さん主演で映画が公開されるようです。 実は私、これまでに漫画を一度も買ったことがありませんでした。本当です。しか …

2016年(登山4年目)、今シーズンの登山計画を立てる!

昨日は吹雪で雪が積もった北海道でしたが、それでも春は着実に近づいています。 そして、この季節から早く山に入りたくてソワソワします。 山の風景を撮りたい。 登山はカメラを始める以前から趣味としていました …

樽前山

毎年行きたくなる樽前山にカメラ一眼レフカメラを持って行きました。

読了時間1分 今年の夏のことですが樽前山で登山しました。 樽前山とは、北海道道央に位置する標高1041mの火山です。札幌から車で1時間半とアクセスがよく、気軽に登れることからとても人気があります。最近 …

樽前山

登山を始めてみたい!今年から登山を始めようと考えている初心者は、とりあえずどうしたら良いのか!?

登山の季節が近づいて来ましたね。 登山は良いですよ。山でしか出会えない瞬間があります(こんな雪山は最初は難しいかもしれませんが)。 私は登山を始めて生活が豊かになったなと本当にそう思います。 山は良い …

銀泉台〜白雲岳・緑岳。2016年白雲岳避難小屋テント泊!

登山4年目にしてやっと念願のテント泊登山ができました:) 天空の楽園では普段では絶対に味わえない貴重な時間を過ごすことができました! ただ、残念ながら天候には恵まれず・・・。思ったような風景は目にでき …

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました
スポンサーリンクkentfaith
follow us in feedly

プロフィールとこのサイトについて

カメラブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山をこよなく愛す男。カメラを始めたきっかけはスペイン旅行「カミーノ」です。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:) また、一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。