登山 登山装備

finetrackのフロウラップとドラウトレイを購入した!新しいウェアで更に遠くに行こう!

投稿日:2018年9月18日 更新日:

最近、よく見かけるようになった国産アウトドアブランドのファイントラック

私も気になっていたのでフロウラップドラウトレイを購入してみました。

これからやってくる冬にも活躍してくれそうです。

冬場の撮影での悩み

冬、北海道はあちこちの道が冬季通行止めになります。なので、撮影の際に雪の中を1時間弱歩くと言うことも珍しくありません。気温氷点下20度とかの中で。

そんな時に今まではフリースにゴアテックス製のハードシェルを羽織るという服装で行動していました。ただ、これには問題点があります。

それはです。

氷点下とは言え、歩くと身体が熱くなります。そこでハードシェルを脱ぐと、今度は風がスースーして逆に少し寒い。結局、再びハードシェルを着て、ちょっと熱いなと思いながら歩く訳です。

そうすると結果的にフリースは汗で濡れ保温性を失ってしまいます。また、ウェア内外の温度差によって、ハードシェルの内側に結露が発生、それが凍結してしまします。

これで撮影で停滞するとかなり寒いです。命すら危ういかも。

そこでソフトシェルを導入してみようと思うようになりました。ソフトシェルは防風性と高い透湿性を持ち合わせています(ゴアテックスも透湿性はありますがソフトシェルに及びません)。

finetrackのフロウラップ

フロウラップの特徴

ファイントラックのフロウラップはミッドシェルと呼ばれています。

雨風は防ぐけど蒸れやすいハードシェル、軽いけどストレッチ性が乏しいウィンドシェル、温かいけど重量が嵩張るソフトシェル、これらの欠点を補うよう全ての性能を絶妙なバランスで備えたものがミッドシェルだそうです。

このようにフロウラップはソフトシェルとは区別されているようですが、ただざっくりとソフトシェルの範疇に入るものだと思っています。薄手のソフトシェルという感じです。

フロウラップの大きな特徴としては

  • しなやかな着心地
  • 優れた透湿性・防風性・耐水性
  • 軽量コンパクト

です。

まず、非常に伸縮性がありしなやかです。腕を伸ばしても肩を回してもハードシェルのように突っ張る感じはありません。また、作りも立体デザインなので体の動きに無理が出にくくなっています。長時間着用しても快適な着心地です。

次に、優れた透湿性・汗抜けの良さです。これでハードシェルを着ていた時のような蒸れが軽減されます(ベンチレーションも付属)。また、防風性も備えているので夏山で風が強い時、あるいは晴れた雪山なんかでも便利に使用可能。耐水性に関しては完全防水ではありませんが、撥水性が高く小雨程度なら問題ないようですね。

あと、重さ270gで非常に軽いです。畳めば結構コンパクトになります。しかも、表生地に耐摩耗性を備えたナイロン素材を使用しているのでタフに使える耐久性も備えているとのこと。心強いです。

 

さらに、新しいなと思ったのがこの着方です。


画像引用:finetrack.com

上の左図のようにミッドシェルの上にアウターシェルを重ねることで、内外の温度差を軽減し結露を抑制してくれるとのこと(二重窓の構造と同じです)。

画期的ですね。これで冬場にハードシェルの内側が霜で真っ白になることも無くなりそうです。

フロウラップの外観を見てみる

前面と背面はこんな感じ。胸ポケットが2箇所あります。ちなみに、チャック類は全て防水仕様になっています。

袖は余計なダボつきができないタイトな作りです。生地に伸縮性があるので窮屈ではありません。

両サイドにベンチレーション

これで一気に湿気を逃がすことも可能です。

チンガード(顎にファスナーが当たらないようにするやつ)。

地味に重要です。

生地は裏表ともにさらさらとした感じです。

サイズはMサイズ。身長174cm、体重62kgでジャストサイズでした。

 

それで、フロウラップは高い透湿性を備えているのですが、中に今までのフリースを着てしまうとやはり蒸れてしまう可能性が高いです。フリースは湿気を逃しにくいので・・・。

そこでfinetrackのドラウトレイを導入してみることにしました。

finetrackのドラウトレイ

ドラウトレイの特徴

ドラウトレイはフリース(保温着)という位置付けになりますが、一般的なフリースとは違っています。

というのも、ドラウトレイは群を抜く吸汗発散性を備えているからです。行動することで汗をかいてしまっても、それを吸い上げ発散し、素早くドライな状態に戻してくれます。したがって、濡れても保温性を維持しやすい訳です。

寒い時のトレッキングなどで「冷えるから保温着を着たいけど、あとあと蒸れるのは嫌だ、途中で脱ぐのも面倒だし」という悩みを解決してくれます。一般的なフリースは湿気を保持しやすいので、こうは行きません。

ただし、単純な保温性だけで言えば、モコモコした普通のフリースの方がありそうです。ドラウトレイはモコモコした感じではありません。

なので、同じ場所に止まる時、テントの中、あるいは車中など、行動しない時はモコモコの普通のフリースの方が良さそうです。

ドラウトレイは行動する時にこそ真価を発揮してくれます。行動中、一般的なフリースでは蒸れを処理しきれず結果的に保温性が落ちますが(薄手のフリースでも)、ドラウトレイは素早くドライな状態に戻すことで保温性を維持します。

これはジャストで私が欲しかった性能です。

ドラウトレイの外観を見てみる

前面と背面はこんな感じ。

胸ポケットが1つ。両サイドにもポケットがあります。

さらにベンチレーションチンガード(顎にファスナーが当たらないようにするやつ)もあります。

表面はジャージ的な質感で、裏面は起毛になっています。伸縮性もあり十分着やすいですね。

フロウラップとの組み合わせでかなり便利に使えそうです。

ファイントラック finetrack Men’s フロウラップジャケット FAM0901 (OD) M OD

ファイントラック(finetrack) FMM1201 Men’s ドラウトレイジャケット M WR

 

スポンサーリンク

まとめ

これで冬の撮影でも快適に過ごせそうです!

新しいウェアでさらに遠くに行きたいと思います!


  1. Labatt より:

    新しいウェア良いですね。私も今度の冬こそは12本のアイゼン付けるレベルの冬山に行こうと企んでるので冬靴やらピッケルやらいろいろどれを買おうかリストを眺めています。

    財布の中は見ないようにしています(笑)。

    • ワイズカメラ より:

      Labattさん

      コメントありがとうございます!

      12本のアイゼン、私も欲しいです!冬靴高いですよね・・・。
      懐が凍え死にしそうです・・・。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ワコールのスポーツタイツ

登山で膝が痛い。痛みに効果的な3つのグッズで、登山での膝の痛み防止。

登山で膝が痛いことはありませんか?? 私は痛くなります。学生の頃、サッカー部で膝を痛めたことがり、日常生活で痛むことはありませんが、登山のように膝を酷使するとすぐに痛み出します。 膝は消耗品のようなも …

登山でのカメラ持ち運び方法はカメラホルスターがおすすめ!コットンキャリア、Peak Design、b-gripを比べてみる!

登山と一眼レフカメラは相性抜群です。 私も夏はカメラを持って登山に行きます。 ただ、カメラの持ち運び方法が本当に悩ましい。山の風景は撮影したいけど、山を登るのにカメラは邪魔です。 登山でのカメラの持ち …

登山用トレッキングポールで良いもの発見。新しいトレッキングポールを買いました。

やっと良いトレッキングポールを見つけて購入できました。これおすすめです。 今まで重たいトレッキングポールを使ってきたのですが、やっと解放されます。 ちなみに、今までの2年間使ってきたトレッキングポール …

2015年(登山3年目)の登山まとめ!素晴らしい景色がたくさんあったな!

先日、初雪が降り季節は冬へ移り変わりました。 今のところ私は冬山には入らないことにしているので今シーズンの登山は終了です。悲しい。山が恋しい。 ということで、2015年に登った山をまとめてみたいと思い …

樽前山

毎年行きたくなる樽前山にカメラ一眼レフカメラを持って行きました。

読了時間1分 今年の夏のことですが樽前山で登山しました。 樽前山とは、北海道道央に位置する標高1041mの火山です。札幌から車で1時間半とアクセスがよく、気軽に登れることからとても人気があります。最近 …

スポンサーリンクEIGHT 実際にストラップを手にしてレビューしました

プロフィールとこのサイトについて

カメラブログを運用しているWiseCameraです。北海道の田舎在住、写真と山をこよなく愛す男。カメラを始めたきっかけはスペイン旅行「カミーノ」です。まだまだ経験や知識を浅いですがコツコツをカメラ勉強中ですので、よろしくお願いします:) また、一眼レフカメラ・写真初心者のカメラブログ[ワイズカメラ]はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
follow us in feedly